ハマーH1 カチカチ鳴ればスターター交換の合図! 同時に諭吉は飛んでいく・・・

HUMMER H1について

先月のキャンプミーティングの朝、エンジン掛けようと

すると、キーを回してもカチッというだけで掛からなくなった。

 

その時は5回程回してやっと掛かったのでホッとしました。

 

翌週も同じ症状が出たのでスターターモーターを下に潜って殴ると

一発始動!(^^)

 

原因はスターターの寿命と判断し、交換準備に入りました。

 

同じ頃にスカイオートでリビルトスターターに交換したメンバーが

いたので、早速駄目なスターターを外して送りました。

 

ところがこの時の判断が後々やきもきすることになりました・・・

 

スポンサーリンク

まずは駄目なスターターを取り外しましたが、これが大変でした・・・

 

スターターの取り外しを開始する前に、まずバッテリー端子を

外します。これやらないと感電したり、エライ事になりますから。

 

 

まずはマイナス端子から外し、次にプラス端子です。

 

 

次にハマーの下に潜って邪魔なアンダーガードを外します。

 

 

これだけでも20キロ以上あります、外したついでに二度と付けません(^^)

 

メンテするには邪魔なだけですし、オフロードは走りませんので・・・

次に、スターターに付いてる配線を外します。

 

 

ハマーのスターターは防水仕様で、配線の端子もシールされてます。

 

まずはこのシールを取り除いてから配線端子を外します。

 

 

さて、いよいよスターターを外しにかかりますが、まずギヤのカバーを

 

外し、スターター本体のお尻に付いてるブラケットに締めたボルトを緩めます。

それから2本のスターターボルトを緩めます。

 

 

これはリヤのボルトで、ラチェットにエクステンション付けて外します。

 

 

写真上のいびつなのがギヤのカバーで、その下に非対称に並んでるのが

スターターボルトです。

 

この時注意するのはボルト2本緩めると一気にスターターが降ってきます。

 

本体は22キロくらいあり、危険なのでしっかり下から抑えて置きます。

 

 

何とか外れました(^^)

 

 

これは裏側になります。外した際、高さ調整のシムが落ちてきましたが、

これは次に取付する際必要になります。写真の穴2つのところに形が残ってます。

 

さて、これから梱包してスカイオートさんに送ります。

スポンサードリンク

 

まさかの社外品で、リビルトスターターが使えない・・・

 

ここでリビルトスターターについて。

 

スカイオートさんに事前相談したところ、純正スターターをスカイオートに

 

送り、電装屋さんが物を確認点検、リビルトとして使えるなら代替えに

先に出来たリビルトスターターを送る、という事なんだそうです。

 

つまり、もし再生不可能な場合は、新品お買い上げになります、と。

 

日曜日の夕方に送り、先方から火曜日の朝に電話がありましたが、

どうも声のトーンが低いんですよねえ、嫌な予感・・・

 

結果は、何とまさかの社外品だったんですよ・・・

 

つまり、純正とは違うのでパーツの互換性が無く、リビルトスターターは

出せないと言われてしまいました。

 

話を聞くと、アメリカにこのスターターのパーツを探すよう依頼すると。

 

でも今は現地のメーカーが1週間休暇でどうしようもない、とも。

 

12月のアメリカから物を買うのはとても大変なんだそうです。

 

うまくいけば年内間に合うけど、最悪年をまたぐ可能性もあるといわれて、

大きなショックを受けました。

 

それから更に1週間後、電話がありましたが、またとんでもない話でした。

 

結局アメリカ本国からリビルトスターターを買うことに・・・

 

スカイオートさん曰く、

パーツだけ買っても、リビルトスターター買っても価格的に変わらない、

 

しかもパーツだけ買うのにまた手間が掛かり、納期もわからない、

ですからリビルト買いましょう、というか、発注しました、と(^^)

 

少しでも早く、という顧客の思いに応えて迅速に手配してくれました。

 

それもそのリビルトスターター、東海岸から西海岸まで陸送して、

そこから最終便に載せるので、途中大寒波とかあれば遅延の恐れもある、

とも言われました。

 

そんなこんなでその後すぐにあのハリケーン来襲です。

 

気が気で無い日々を待ち、更に1週間後、無事到着の連絡が来て一安心です。

いや、別に急いでるなら国内在庫の新品スターターにすれば即日配送なんです。

 

でも、恐ろしく高いんですよ。とても手が出ません。

 

というか、待って安くなるなら待ちますよ、ええ。

 

ちなみに今回のリビルトスターターでも大卒初任給手取くらいにはなります。

 

新品価格は、ここでは恐ろしくで書けません・・・

 

ハマーのスターターは防水仕様なので重くて高いんです。

 

普通のアメ車のスターターなら4回交換出来ますね。

 

やっと到着、取付が更に輪を掛けて地獄・・・

 

暮れも押し迫った12月25日、ようやく到着しました。

 

クリスマスプレゼントになりましたね、お金は自分持ちですけど(^^)

 

 

ピカピカですね。(^^)よく見ると、マイアミ フロリダ と書いてます、

 

あんなとこから来たの??

 

さて、下に潜って取り外しとは逆の順序で取付ますが、

いやあ、これ地獄ですよ、ほんとに。

 

22キロ近い鉄を下から持ち上げながら、シムを載せてボルト入れろなんて・・・

 

結局一人で色々やった結果、嫁さんの手まで借りてボルトを入れて貰いました。

 

ジャッキで持ち上げながらやるといいそうですけど、一気に片付けるつもりが

かえって時間が掛かりました・・・

 

 

これ、既にエンジン側のフライホイールが廻ってますが、

そう、エンジン始動後に潜って撮影しました。

 

一発始動です、しかも以前と違って軽いんですよ、廻るのが!

 

いやあ、無事取付出来て良かったです。

 

あまりのうれしさに、近所を周回してました、意味も無く(^^)

 

終わりに カチカチいいだしたら交換しましょう!

 

私のハマーは約3年前購入後、1年後辺りに一時期イグニッションを回すと、

カチっといってスターターが回らない事が何度かあったんです。

 

でもそのうち症状が出なくなり、最近まで普通に運用出来てました。

 

ところが今回は何度回し直しても掛からず、ハンマーでスターターを叩くと、

スターターが回ったりしたので、寿命だったといえます。

 

こういう症状が出たら、なるべく早くスターターを交換した方がいいです。

 

なかにはある日突然全く動かなくなり、積車で修理工場へ、

というオーナーも何人かおられたようなので。

 

新品を買うか、リビルトを買うかですが、私は費用対効果を考えても

リビルトでいいと思います。

 

それでも高いですけど・・・

 

中には同じGM製エンジンだから、と6.5Lディーゼル用スターターを

付けてるオーナーもおられるようです。

 

確かにこの方が安価ですが、私はどうしても純正にこだわるので・・・

 

そして出来るなら、年末に依頼するのは避けましょう。

心臓に良くありませんから・・・

スポンサードリンク

関連記事

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

プロフィール


ヒロシです。

筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

こだわりがあります。

この車についても書いていきます。

その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

 

パーソナルトレのこと

パーソナルトレのこと

筋トレ独り言

筋トレ独り言

胸のトレ

胸のトレ

肩トレ

肩トレ

腕のトレ

腕のトレ

背中トレ

背中トレ

メンタル

メンタル

アメリカ車

アメリカ車

旅行

旅行

輸入住宅

輸入住宅
TOP