ハマーH1とハマーH2 各々の長所と短所 購入する前に良く考えましょう

HUMMER H1について

HUMMERを購入する前はハマーH2に5年乗っていました。

 

1年ほどは2台体制になりましたが、H2にはほとんど乗らなくなり、

更に余計な費用も掛かるので売却したのが約1年前でした。

 

売却したときについては、過去の記事で書いてますので読んでみてください。

6年連れ添ったハマーH2と、遂にお別れした。楽しい時間を有難う!

 

HUMMERもH2も既に製造されてませんし、一部のマニアしか乗らない

車でもあります。

 

そこで今回は、これからH2を買おうか、既にH2オーナーでHUMMERに

乗り換えようか、と考えてる人の為に、

オーナー目線での良い点、悪い点? 長所と短所を記事にしてみます。

 

これから購入を検討するオーナー予備軍には参考になるかと。

スポンサーリンク

両車の比較 ビジュアル編 全高の違い 

 

 

先に載せたHUMMERとH2の写真を見比べると、車高が結構違いますよね。

実はH2に比べてHUMMERは車高が低いんです。

 

ちなみに私の車はどちらもノーマル車です。

 

HUMMERの全高はカタログデータでは1905ミリ。

出典:HUMMER JAPAN INC.

画像はHTの為全高は少し高いですね。

 

対するH2の全高は2012ミリ。

出典:HUMMER JAPAN INC.

 

実に107ミリもの差があります。

 

これは元々軍用車であるHUMMERが敵からの視認性を悪くする為、

低くなっているそうです。

 

ですから町で見かけるとH2の方が目立つ場合もあります。

 

両車の比較 ビジュアル編 全幅の違い 

 

全幅はHUMMERが2197ミリ、H2は2062ミリで、135ミリも違います。

たまにH2で2160ミリ、と出てる事がある全幅ですが、

これはサイドステップも含めた幅の事になりまして、実車の幅ではありません。

 

さすがにこれだけ違うと見た目もかなり違ってきます。

でもH2は全高が高いので大きく見えるという訳です。

 

両車の比較 ビジュアル編 マーカーランプ位置の違い 

 

更に違うのがマーカーランプの位置です。

 

これは、昼間は点灯しないので気になりませんが、

夜間は点灯するのでビジュアル的に大きな違いが出ます。

 

まずはHUMMERですが、フロントは、

フロントガラスの上に小さく3つ並んでるのがルーフマーカーで、

タイヤの上に小さく左右に付いてる黄色のランプがマーカー、5つあります。

 

さて、続いてH2ですが、

少し見にくいですが、ルーフに5つ並んでるのがルーフマーカーです。

 

続いてはリアのマーカー、まずはHUMMERから。

リアランプの左右上と、バンパー上に3つ並んでるのがマーカーです。

 

対するH2は、

ルーフ左右に2つ、リアドア上部に3つ並んでます。

 

このマーカーランプ、夜間に点灯するんですけど、HUMMERは目立たないんです。

夜間走行で目立つのは間違いなくH2ですね。

 

HUMMERは先の説明通り、軍用ベースですから目立たないように配置されるんだろう、

と推測します。

 

あの車幅でルーフにバランス良くマーカーを配置すればかなり目立つでしょうけどね。

スポンサードリンク

 

両車の比較 外装編 最低地上高の違い

 

これはまずこの画像を見てください。まずはHUMMERから

出典:HUMMER JAPAN INC.

なんと406ミリもあります!

 

おかげでH2より全高が低いのに乗り降りしにくいんですよね。

 

続いてはH2ですが、

出典:HUMMER JAPAN INC.

H2は246です。かなり低く感じますがそれでも高いんですけどね。

 

この高さの差は大きいです。

 

H2は元からサイドステップが付いてますから乗り降りは楽です。

HUMMERは付けたい場合は後付でサイドステップをつける必要があります。

 

でもオーナーズクラブの会長はこれぞHUMMERの特性だ、

とのお話しがあったので、私は付ける予定はありません。(付けるお金も無い

 

両車の比較 内装編 比べものにならないです・・・

 

続いては内装編です。

これはもう、全く比べものにならんのですよ・・・

あまりにもHUMMERがチープ過ぎて・・・

まずはH2ですが、

最新型の車と比べ、また国産車に比べるとチープではありますけど、

一応レザーシートですし、シートヒーターもありますし、

デュアルエアコンですし、まあ特に問題無いでしょう。

 

エンジン掛けてもそれなりに静かですし、会話も成り立ちますし。

 

エアコンは快適に効くし、カーラジオは良く聞こえます。(普通車は当たり前か?)

 

続いては、HUMMERです。

まあ、広いのだけは自慢出来ますけど、決して豪華ではありませんし、

シートは布製で、まさに実用性優先という感じです。

 

中にはレザー製もあるんですけど、まあ私はそこに魅力は感じないので・・

 

HUMMERは最終型のアルファという車がありますが、その内装こんな感じです。

2004 Hummer H1 Interior. X04HM_H1014

ちょっと豪華になってますね。

 

それとシート幅が狭く、軽四並のスペースしかありません、あれだけ幅が広いんですが・・・

 

これはHUMMERの特性で、内部にせり上がったミッションとフレームのおかげなんです。

 

そのおかげで最低地上高が406も確保出来ているという訳です。

まさに実用車です。

 

エアコンは効きが悪くて、特に97年型以前は効きが悪いです。

 

98年以降はエアコンが最終型になり、もっと効くそうですが、乗用車ほどには

効かない、とオーナーの方々からは聞いてます。

 

あと、エンジン掛けるとうるさくて同乗者との会話はほぼわめき合いです。

 

一般道はまだマシですが、高速道路はまさにわめき合い・・・

 

カーラジオも普通の音量では全く何言ってるかわからず、エンジン音以上に

音量を上げると聞き取れますが、無線の傍受じゃあるまいし、

そんなに苦労してまで聞きたくないので、何か音がしてる、程度にしてます。

 

信号待ちなどでは聞こえますが、走り出すと駄目ですね。

AMラジオよりはFMですね。

 

耳が遠くなった年寄りみたいな気分になります。

 

両車の比較 走行・制動編 あまり大差ないのかも・・

 

さて、走行してみての感じですが、HUMMERは一言で言うと、

質の悪いトラックに乗ってる感覚でしょうか。

 

地面の凹凸は良く拾いますから跳ね上がる感じも時にあります。

 

そして制動力ですが、重いこともあって急ブレーキ掛けても止まりません。

 

余裕もって早めにブレーキングする方がいいです。

 

以前、バイパスで急に前が詰まってしまい、80キロで走行してましたが、

ギリギリで止まりました。死ぬかと思いましたね・・・

 

対するH2ですが、これも車重があって、乗り心地はHUMMERよりマシですが、

それほど快適な乗り心地とは感じません。

あ、でもHUMMERに比べたらいいですけどね。

 

制動力も同様で、アメ車特有のスポンジーなテイストなので、

早めにブレーキングした方が無難だと思いますね。

スポンサードリンク

 

両車の比較 メンテナンス・修理編 H1は出来る業者を見つけるべし

 

 

HUMMERも、H2も同様ですが、地方ではまず整備や修理を受けない、

というパターンが多いようです。

 

H2の場合はまだGM製で、ヤナセが扱ってた事もあってパーツ供給は楽です。

修理も輸入車、アメ車を扱うお店なら何とかなると思います。

 

問題はHUMMERです。

 

もう何度か書いてますが、ほんとに整備・修理出来るお店は限られます。

 

またパーツも通常の問屋からは入らないので、アメリカのパーツサイトに

直接オーダーする事になります。この時点で出来ないお店も多々あります。

 

私が購入した委託先のショップでは、不具合の修理にパーツを引いてもらおうと、

お願いしてましたが結局入手出来ずにそのまま納車させましたからね・・・

 

さらにはHUMMERは下回りはインチ工具が必要なので、持ってないお店も・・・

 

ですからやってくれるお店を確保する、遠方でやってくれるお店に持ち込む、

自分で整備する、それ以外に道はありません。

 

修理については、過去に記事を書いてますので読んでみてください。

「[50代オヤジHUMMERH1]故障・修理・熱い想い」奮闘記まとめ

 

両車の比較 番外編 駐車場はどうなのか?

 

ハマーを購入する上で障害になりそうなのが、駐車場問題ではないでしょうか。

 

両車とも幅が広く、特にHUMMERは約2200ですからね・・・

 

これまでH2でも、HUMMERでも色々な駐車場に駐車してきましたが、

まず高さは2100まで可能であれば両車とも問題無く入れます。

 

問題は幅です。

 

一応、通常駐車場の区画は2400~2500を基準に設計してるようですが、

その区画ですとギリギリ駐車は可能です。

 

問題は車への乗り降りが出来ない場合があるという事です。

 

ですから私は遊びに行って駐車場を選ぶ際は、端に空きがある駐車スペースを

探して駐車します。

 

真ん中とかは、両際に後から車が入ると乗り降りしにくいですからね。

H2はそれでも何とかなりますが、HUMMERは絶対無理です。

 

行き先で駐車場を確保するのは毎回の課題でもあります。

 

月極の場合は、思い切って2台続きで借りたら問題解決です。

 

費用は嵩みますが・・・

 

終わりに デメリットばかり気にしては踏み込めない

 

 

これまで色々とH2とHUMMERを比較してきましたが、

まとめると、

 

・ビジュアル的には、全高はH2が高くて、全幅はHUMMERが広くて、

 ルーフマーカーはH2の方が夜間には見映えする。

・最低地上高はダントツHUMMERの勝ちだが、乗り降りはしにくい。

 街乗りではH2の方が乗り降りしやすく、静かで便利です。

・内装はHUMMERはチープ、H2はそれなりに豪華

・走行、制動力はH2に分があるけど、大差は無し

・日頃の整備、修理はH2に分があり、HUMMERは色々と大変

・駐車場に関してはH2に分があり、但し端に駐車すべし

 

となり、総合的にはH2の方が乗用車としては優れてるかな、と。

 

故障時のリスクに関しても、H2は安心かなと思いますね。

 

じゃあ、何でお前はHUMMERに乗ってるんだよ!

 

答えは、HUMMERが好きだから・・・

同乗者とソーシャルディスタンスが確実に保てるから・・・

 

真面目に言うと、唯一無二のスタイル、そして、

HUMMERであるという事ですね。

どちらを選ぶかは貴方次第ですが、簡潔に言うと、

・彼女や家族といつも出かけたいのなら迷わずH2

・家族や彼女は無視して自分が好きならHUMMER

という事ですね。

スポンサードリンク

関連記事

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

プロフィール


ヒロシです。

筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

こだわりがあります。

この車についても書いていきます。

その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

 

パーソナルトレのこと

パーソナルトレのこと

筋トレ独り言

筋トレ独り言

胸のトレ

胸のトレ

肩トレ

肩トレ

腕のトレ

腕のトレ

背中トレ

背中トレ

メンタル

メンタル

アメリカ車

アメリカ車

旅行

旅行

輸入住宅

輸入住宅
TOP