「格安DIY:ハマーH1タイヤ交換」H2純正ホイールの加工取付をやってみた

HUMMER H1について

去年、購入時から履いていたタイヤホイールがあまりにひび割れがあり、

いつバーストするかわからない不安から純正17インチのタイヤホイールセット

をオークションで落札し、履いていた。

 

その時の記事はこちら→意外と簡単だったハマーH1タイヤホイール交換!画像付きDIY体験記

 

でも、やっぱりハマーにはマッドタイヤが似合う。

 

そこでいっそのことホイールセットも合わせてリフレッシュすることに決めた。

ハマーH2の純正ホイールがオークションで安く落とせたので、

このホイールにハマーならではの装備、CTISホースを加工して組み込みした。

 

では早速どうぞ。

スポンサーリンク

まずはホイールにCTISホース類を組み込み

 

落札したH2純正ホイールがこれ。

 

実は、このホイール、ボア径がわずかに小さくてそのままではH1に入らない。

 

通常はホイール加工に出す必要があるけど、過去にグラインダーで削って

付けてる方がおられて、真似しました(^^)

上は加工前ですが、ボアが二重になってますね、これを削ります。

 

何とか終了・・・

余談ですが、昔はH2純正ホイールセットは安くオークションで購入できたけど、

最近は結構値上がりしてます。ノーマル回忌なのか?

 

次に一番の難関は、CTISの装備を組み込むことでした。

 

CTIS組み込みに必要な工具とパーツを用意

 

アルミホイールにCTISパーツをねじ込む為に孔を開けてタップを切ります。

 

タップはアメリカ規格の、1/4PSタップを用意します。

 

要はテーパータップのアメリカ規格です。

 

このタップ立てをする前に、下孔を開ける必要があります。

左から1/4PSタップ、6.5ミリと11ミリの鉄工ドリルです。

先に6.5ミリで穿孔し、次に11ミリで穿孔、それからタップ立てです。

 

普通のタップ用ハンドルはホイールに当たる為回せませんから、

専用アダプターとショートラチェットを購入して対処しました。

 

タップ立てですが、いっぺんに回してはいけません、1回転半回しては、1回転半

戻し、を繰り返します。タップが折れ込んだらえらいことですから。

 

しかし、とても固くて、結局普通のラチェットで回しました(^^)

見事貫通しました!

無事にタップ立てが出来ました。これをあと3本やらねば・・・

 

CTISのパーツは、以下の通りです。

黒い樹脂チューブがCTISのホイール組み込みするホースです。

 

これに真鍮のホイール側につくボルトとバルブにつけるネジです。

 

コルクの輪っかは無関係なパーツです。

スピンドル側に付くクイックリリースバルブです。

 

これはインスタの友人から譲ってもらいました。

 

新品はとても高価です。

加工したホイールのねじ切り部に付くパーツです。

どう付けるかというと、

こうなるんです。

これをホイールに締め込みます。

リリースバルブ側はというと、

 

 

ここにホースを差し込み、ネジ締めします。

こんな感じですね。

全て組み付けるとこうなります。

らしくなってきました。

これを持ってタイヤ店に持ち込みます。

スポンサードリンク

タイヤはTOYO OPEN COUNTRY MTをチョイス

 

さて、ホイール加工が終わったのでいよいよタイヤを履きます。

 

チョイスしたのはこれです。↓

TOYO OPEN COUNTRY MT サイズは37×13.5R17です。

ハマーH1のノーマルタイヤは37×12.5R17(17インチホイールの場合)ですから、

横幅が1インチ幅広になります。

 

これが履きたかったんですわ。

 

当初は市内でこのサイズを組み込んでくれるタイヤ店が無くて、

 

なんでこうも根性無しばっかりなんや!

 

と思いつつ、駄目元で電話した持込タイヤ交換店があっさり承諾(^^)

 

早速履きました。

これを今はいてるタイヤホイールと入れ替えました。これは自分でやりました。

スポンサードリンク

履き替えた感じはとてもワイド感が出た!でもはみタイ気味・・・

 

早速履き替えた画像をどうぞ!

どうっすか?

前と比べないとわからんで~

という声にお答えして、

 

 

これが前のタイヤで、

これが履き替えたタイヤ

違うでしょ?

 

ワイド感出たと思いませんか?

 

ん~いい感じやなあ。

 

やっぱりハマーH1にはマッドタイヤが似合うよなあ。

でもね、

少々はみタイなんですわ・・・

 

フロント側

リヤ側

弱冠はみタイですな・・・

 

車検時には対策しないとこのままでは通りませんな。

 

まあ、それは今後の課題として。

 

テスト走行してみた感想は・・・

時速60㎞までは結構静かで気にならないレベル。

 

ただ、高速道路では、

時速80㎞以上になると、少々うなり音が出ますね。

でもまあ、マッドタイヤとしてはとても静かな部類でしょう。

 

あ、例のCTISですけど、

こうなるわけです。

これぞハマーH1独特の装備なんです。

 

おわりに

 

今回は自分でホイールを加工して取付けた作業を紹介しました。

 

なかなか大変でしたけど、やってみれば何とかなるもんです。

一番気を使ったのはやはりホイールへのタップ立て作業でした。

 

ここが失敗するとホイールがパーですから。

 

自分でやる自信が無い人は、最初からプロに頼みましょう。

でもプロだからといって、こんな作業を受けてくれるかは疑問です。

 

だって普通こんなCTISの加工なんてやらないですからね。

地方オーナーは皆さん苦労してると思いますね。

それが楽しみに変わりつつあるのはもはやヘン○イかも・・・

関連記事

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

プロフィール


ヒロシです。

筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

こだわりがあります。

この車についても書いていきます。

その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

 

パーソナルトレのこと

パーソナルトレのこと

筋トレ独り言

筋トレ独り言

胸のトレ

胸のトレ

肩トレ

肩トレ

腕のトレ

腕のトレ

背中トレ

背中トレ

メンタル

メンタル

アメリカ車

アメリカ車

旅行

旅行

輸入住宅

輸入住宅
TOP