トレーニングがマンネリ化した時のお勧め!種目を入れ替えてメリハリをつける方法

パーソナルトレのこと

出典:https://www.coachmag.co.uk/workouts/full-body-workouts

 

いつも似たような種目やセット数のトレーニングをやっていて、

どうにも飽きてきたな、ということがないでしょうか?

 

あるいはどうも疲れがたまってきたな、と感じたり・・・

 

私の場合がまさにこれで、同じルーティンを1ヶ月以上続けてると、

無性に違うことをしたくなってきたりします。

 

そこで、これまでにパーソナルトレーニングで教わった刺激を変える方法として、

2つ紹介したいと思います。

 

皆さんの日々の筋トレで、たまに取り入れてみれば良いのでは、と思います。

 

スポンサーリンク

1部位につき、種目数を減らしてセット数を増やす

 

これは私は極たまに行うのですが、大体一度組んだルーティンの終わり、

1ヶ月半くらいを目安に取り入れたりする方法です。

 

例えば、胸をやるとします。

 

いつもは4種目~5種目やったりしますが、

これを2種目に思い切って減らします。

 

ベンチプレスとダンベルフライ、という具合です。

 

その代わり、1種目辺りのセット数を、普段4~5セットやるなら、

10セットやったりするのです。

 

それを2種目やるのです。

 

こう書いただけでは、

 

なんかモノ足らないのでは?

 

と思う方もいるかもしれませんが、実際やってみると結構キツいですし、

いつもとは違った刺激なのでパンパンに張ります。

 

多種目のままで、セット数を極端に減らしてみる

 

今度は先程とは逆といいますか、

種目数は多くして、セット数を極端に減らします。

 

4種目やるとすれば、その分セット数を2セットとかにします。

こうすることで、疲労も抜けますし、

 

刺激を与えたい部位は満遍なく与えられるので私は結構こちらを

やることが多いですね。

 

全て2セットと決めるのではなくて、一番やりたい種目は3セットやって、

残りを2セットにするとか、その時の状態によっても変えてます。

 

こうした刺激の変化をいつ、どれくらいやるか

 

これについては、私は教わった通り忠実に実行しています。

 

まず今やってるルーティンを後1週間で次は違うルーティンをやるなら、

その前に1週間、上記の方法で行います。

 

そうすることでたまった疲労を抜いたり、次のルーティンまでの繋ぎとして、

全身を対象にやるのです。

 

その1週間の間に、次のルーティンを考えます。

 

そして翌週から、新たな気持ちで新ルーティンを行うという訳です。

 

こうしたことも、ある意味筋肉をだますことになると思います。

 

毎週同じ刺激が続くと、やがてその刺激に慣れてくるので、

そうなる前に新たな刺激を与えたり、たまった疲労を抜くことは有効だと思います。

スポンサードリンク

まとめ

 

さて、今回はいつも同じルーティンでトレーニングしていて、

 

刺激がマンネリ化してきたり、

疲労が蓄積してきたりした時に取り入れるトレーニング法を紹介しました。

 

いつもいつもやる気満々でジムに向かえるならいいですが、

時にはやる気が無くなったり、疲労感があってしんどいと感じたり、

もう今日はジムは休もうか、と思ったりもします。

 

でもそんなときや、ある程度同じルーティンを繰り返して、

 

そろそろ種目も入れ替えたい、という気持ちが出てきた時にこそ、

 

今回紹介したようなトレーニング方法をやってみてほしいのです。

 

時には違ったことをすることで、又やる気が出たりするものですから。

スポンサードリンク

関連記事

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

プロフィール


ヒロシです。

筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

こだわりがあります。

この車についても書いていきます。

その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

 

パーソナルトレのこと

パーソナルトレのこと

筋トレ独り言

筋トレ独り言

胸のトレ

胸のトレ

肩トレ

肩トレ

腕のトレ

腕のトレ

背中トレ

背中トレ

メンタル

メンタル

アメリカ車

アメリカ車

旅行

旅行

輸入住宅

輸入住宅
TOP