今朝は肩の筋トレに行ってきた

   

昨日は背中をトレーニングして、

今日は朝から仕事が休めたので

ジムに向かった。休めたので肩の

トレーニングを行う。

前に書いたけど、土曜日が休めない場合

は背中と肩を一緒にやってしまうけど、

休める日は分けて行う方がゆったり、たっぷり

トレーニングができるから好きだ。

スポンサーリンク

今日のメニューは以下の通りだった。

・ワンハンドダンベルフロントレイズと

ワンハンドダンベルフロントプレスを

スーパーセットで交互に5セット

・バーベルフロントプレスを4セット

・ダンベルサイドレイズを4セットで終了。

まず1種目目のスーパーセットがキツい。

負荷を抜かない範囲でフロントレイズをやって、

挙がらなくなったらすかさずフロントプレスを

やるんだが、これがまた無茶苦茶効く。

もうこの2種目のスーパーセットだけでも

フロントヘッドが焼付いてしまい、

肩がパンパンに張ってくる。

次にダメ押しのフロントプレス。

これは肩幅くらいのオーバーグリップで

ストレートバーを握り、フロントプレスするけど、

ボトムがちょっと、というかだいぶ変わった動きと

軌道なんで、周りは何してるの、という感じか。

でも自分が効けばいいので周りは気にしない。

最後にダンベルフロントレイズで仕上げ。

これもぱっと見は普通に見えるかもしれないけど、

ダンベルの軌道と握った手の向きが普通とは違う。

そんなに重い重量ではできないけど、よく効く。

ワンハンドフロントレイズとフロントプレスでの

ダンベルは1セット目が5キロだった。

以前はもっと重いダンベルでやってたけど、

今のやり方ならこの重量でしかできない。

フロントプレスも16.5キロという軽さ。

普通のフロントプレスならアップにすらならない

ような重さだろう。

バックプレスはスミスマシンでやることが多いけど、

これも15キロとか、そんな程度しかできない。

昔は100キロで2~3レップとかやってたけど、

あれでは肩というより全身使って挙げたという感じだった。

遥かに軽い今のやり方の方が肩によく効く。

それでいて関節や腱は傷めにくいのですごくいい。

今ジムの会員さんでも、高重量トレで身体を傷めてしまい、

普通にトレが出来なくなってる人もいる。

せっかく好きで筋トレやるんだから、

怪我せずターゲットにピンポイントに負荷が載る、

効く、そんなやり方の方が長く継続できると思う。

軽いのでゆっくり効かせてとかではないですよ。

テンポよくやるんですけど、

それで効くんです。

今が一番筋トレが楽しいですね。

 

 

関連記事

    None Found


  5mail"

 

 -肩トレ