ハマーH2 エンジンチェックランプ点灯 放置の予定が車検無理?

以前、ハマーのエンジンチェックランプについて

記事を書いたけど、実はあれから続きがありまして。

過去記事はこちら↓

https://hummer2005.oops.jp/865.html

この時はノックセンサーの異常検知したけど、

特に問題ないのでお店でリセットしてもらった。

ところが、次の週末に乗ってると、また点灯。

このまま放置する予定が、なんか2月から車検通らないとか

記事を読んで、さてどうしたものか、と。

スポンサーリンク

よく考えるといずれも高速走行中に点灯した

 

最初のチェックランプの時もそうだったけど、

次の週末に乗ってる時にも点灯したのは高速走行中。

 

だいたい、80キロ~90キロで走行中に点灯してるのだ。

 

以前お店でリセットしてもらった時は下道を走行したけど、

長距離を走ったのに異常はなかった。

 

だから高速走行することで何等かのエラー信号を検知するのかも。

 

次に点灯したら、一度車をお店に預けて、調べてもらわないと

原因がわからないから、と言われた。

 

でもね、愛車を預けるの、嫌なんですわ。

 

週末しか乗らないハマーだけど、それでも他人に預けるという

こと自体が嫌。

 

自分の手元から離れるのが何とも嫌だし、寂しい。

 

車好きならみんな同じ気持ちじゃないだろうか。

 

脱線したけど、まあ走ってても特に異常もないし、

エンジンチェックランプはそれ自体が黄色のランプ、

 

つまりは注意喚起みたいなもんで、直ちに深刻な故障に

繋がるわけでもないから、いっそ放置しようと思ったわけ。

 

それが、例の記事でどうしようか、と。

スポンサードリンク

今年2月からはランプが点灯してる車両は車検を通さない

まずは、詳しいことはこちらの記事で勉強してください。

快適CAR生活のブログより↓

http://car-life.net/blog/keikokutou/

ここにある通り、これらのランプが点灯した状態では、

車検は受からないということらしい。

 

となれば、修理が必要になってくるわけですけど、

 

スキャナーでエラーコードを調べても、その場所が

絶対に故障してるとは言い切れないそうで、結局は

 

最後は人間の手と目で調査して、不良箇所を探す必要が

出てくる、とお世話になったお店のオーナーに言われた。

 

車検は民間に出してるので、そこが目をつぶればいい、と

いうのは甘い期待で、万が一不正が発覚すればその車検場は

資格を失効することになるから、こちらから目をつぶれ、

 

とは言えない。

 

となれば、車検までに修理するか、車検時についでに修理するかだけど、

いずれにしろハマーを預けないといけないわけで。

 

修理に出したら、またこのブログで詳しく説明します。

スポンサードリンク

関連記事

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

プロフィール


ヒロシです。

筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

こだわりがあります。

この車についても書いていきます。

その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

 

パーソナルトレのこと

パーソナルトレのこと

筋トレ独り言

筋トレ独り言

胸のトレ

胸のトレ

肩トレ

肩トレ

腕のトレ

腕のトレ

背中トレ

背中トレ

メンタル

メンタル

アメリカ車

アメリカ車

旅行

旅行

輸入住宅

輸入住宅
TOP