知人も使って後悔!筋肉増強ステロイド剤の怖さと経験した副作用

筋トレ つぶやき

最近はネットで簡単にタンパク同化ステロイドを入手できるようになった。

 

日本の法律では個人が使用するのに罰則も無いのである意味ヤリタイ放題だ。

 

さらには昨今、動画をアップしてるドラッグユーザーと思われる人が多いし、

それを観た若いトレーニーが、同じ道に踏み込む危険が一杯な状況です。

 

でも、このようなドラッグは素人が安易に手を出すのはとても危険なんです。

 

スポンサーリンク

実は私の知人も昔ヤってみた事があるんですが・・・

 

私の知人は別に選手でも無いので公言しても何ら問題も無いのであえて書くと、

かなり前に半年程度タンパク同化ステロイドを使用した事があります。

 

もう15年以上前になります。

そのときは、ネットサイトで購入してました。

 

購入したのは注射器、注射薬、副作用を抑える薬です。

動機としては、やはりデカくなりたかった、これに尽きます。

 

実際の使用サイクル等は当時、冊子が販売されてたので、

それを見ながら自分で打つ訳です、お尻に。

このようなステロイド剤は筋肉注射するようです。

 

毎回注射し続ける訳でも無く、休む期間もあるようで、

使用中は見る見るパワーアップしてたそうです。

 

でも、4ヶ月ほどしてから原因不明の高熱が出るようになり、

一度発熱すると1週間は熱が下がらない、という事が頻繁にあったそうです。

 

結局、身体に悪いということで、ドラッグの使用を中止しています。

 

ちなみに、不要だからと冊子を譲ってもらいましたが、

こんな冊子です。その名も、BULKUP ↓

 

この冊子にはステロイドサイクルも詳しく書いてありますし、

ステロイド剤の紹介、効能、副作用、世界のプロボディビルダーの

 

使用状況など、信じられない内容が列記してあります。

 

ここではとても紹介出来ませんので、あしからず・・・

 

スポンサードリンク

 

ナチュラルとユーザーの獲得筋肉量の差は?

 

懸命に筋トレして、ナチュラルなトレーニーだとどれくらい筋肉が

付くのでしょうか?

 

これは、FFMI値による計算式を当てはめて計算出来ます。

 

FFMI値=除脂肪量指数(マッチョ指数)ともいいます。

 

FFMI値=除脂肪体重÷身長÷身長

それについては私がよく参考にしている、ワークアウトサイエンスさんの

記事にとても詳しく書いてあるので読んでみてください。

 

https://workout-science.com/muscle-potential/#FFMI

 

要するに、この記事によるとナチュラルで到達出来るFFMI値の

限界が、25前後 という事らしいです。

 

最も、この数値は素質に恵まれた人が到達可能なレベルなんです。

 

これを私に当てはめると、身長が173㎝、除脂肪体重が大体、

72キロとなり、72÷173÷173

FFMI値が 24 となります。

 

これに比べてドラッグユーザーはFFMI値が26以上になるので、

明らかに違うという事です。

 

ドラッグユーザーは常に体内で同化作用が起こる

 

タンパク同化ステロイドを使用することで、

体内は常に筋肉肥大に必要な同化作用が継続していくことになります。

 

ナチュラルトレーニーだと、筋トレ後に異化作用が働き、身体の発達には

抑制が掛かります。でないと余計な筋肉がいつまでも付く為ですね。

 

つまり、人間に備わっている摂理作用を変えてしまえるということで、

そりゃあ、大きくなれる訳ですね・・・

ちなみに、1年中打ち続ける訳では無くて、メンテナンスサイクルという、

身体を休ませる期間も必要なんですけどね。

 

ナチュラルが数年掛けてやっと得られる筋肉量を、短期間で得られる、

しかもナチュラルでは到達出来ないレベルの身体になれる可能性があり、

その魔力にはまるのだろうと思います。

スポンサードリンク

 

でもやっぱり怖い、副作用・・・

 

そんな素晴らしい効果が期待出来るタンパク同化ステロイドですけど、

当然ついて回るのが副作用の問題です。

 

先にも書いたとおり、

知人は使用してから数ヶ月で、原因不明の高熱が出るようになりました。

 

しかも一度発熱すると、1週間は熱が下がらないんです。

 

発熱によって、身体が信号を出してたんだろうと思います。

そんなことが数回続き、遂には使うのを止めたんです。

 

これはおそらく、冊子を見て自己流で使用したのが悪かったとは言ってますが、

それほど使いこなすのは難しいのだと言えます。

 

また、薬物によって体質的に合う、合わないもあるそうです。

その場合は使う薬を替えて試してみるしかない、と冊子に書いてます。

 

こうしたノウハウを指導する人がいるんだろうと思いますけど、

やっぱり長期的に見れば使って良いものだとは云えないですね。

 

動画で凄い人を見て、自分も、と考える怖さ

 

今、動画には凄い身体をした選手やトレーニーが沢山トレーニング動画を

アップしてますよね。

 

一昔前に比べて、若年層での身体のレベルが格段に上がってると感じます。

 

それが様々なトレーニング法、食事法、サプリメントが改善されて進歩した、

というのであれば結構な事ですけど、そうではありません。

 

有名なボディビル団体であるhttps://www.jbbf.jp/

には、ナチュラルの選手が在籍してますが、全日本選手権のトップ、

つまりミスター日本ファイナリスト選手の身体はすさまじいです。

 

でもこの身体を凌駕するほどの身体のトレーニーが動画では沢山

自分のトレ動画を紹介してます。

 

これらの動画を観て、うわあ、凄い!俺もこんな身体になるぞ!

となるのは当然のことです。

 

でも、考えてみればわかることです、そんなに簡単に大きくなりませんよ。

人間の進化と成長を考えたらわかる事です。

 

ここにショッキングな写真をアップします。観てください。

出典http://www.zenshin.org/zh/s-kiji/2018/08/s09980203.html

これ、ゲノム編集で肥大化した牛です。

 

要するに筋肉の成長を抑える遺伝子を封じれば、こうなるんですよ。

 

人間も同じ事が可能なんです。

 

理論上は、250㎏くらいの筋肉の鎧をまとった人間を作れるんです。

ドラッグで筋肉を大きくするのもこれに似た話といえると思いませんか。

 

人間も無駄な筋肉が付きすぎないようになってるんですけど、

薬物によってそのリミッターを外して大きくなれるという事なんです。

 

世の中には素質に恵まれた人もいます。

 

そういう人は、筋トレをやったらすぐに大きくなります。

悲しい現実ですけど、一部の恵まれた人がいるのは確かです。

 

でもそんな人はごく希で、大多数は一般的な素質の人間なんですよ。

 

いくら懸命に努力しても、若い選手が2~3年で見違えるほどデカくなる、

なんてことは普通ありません。

 

先で紹介したJBBFというボディビル団体の選手を見るとわかりますが、

凄い身体を作り上げるのに、かなりの年数が掛かってます。

 

だから全日本ファイナリストの年齢は高めです。

 

それを若い選手が数年でそのベテランを凌駕する身体に何人もが

なるなんて、普通はあり得ないんです。

 

そして一番怖いのは、そうしたトレーニーをみて、俺も、

と安易に考えてしまう事ですよ。

 

ナチュラルで筋トレしても、正しく継続してもそれなりの身体になるには

時間が掛かるということです。

 

使うのは個人の勝手ではありますけど、使い続ける事によるマイナス面も

よく考えるべきでしょうね。

 

ましてや、素人がネットサイトで購入して適当に使用するなんぞは、

絶対に避けるべきだと云えます。

 

終わりに それでも使いたいという人がいる

 

今はネット検索すると、このようなタンパク同化ステロイドを

処方する、と唄ったサイトが堂々と運営されてます。

 

ここまで身近になっているという事に驚愕を覚えます。

 

確かに日本では個人の使用は特に罰則も無く合法なので、

問題ないと云えるのでしょうけど、長期的な視点で観れば、

決して万人に勧められるモノでは無いのは事実です。

 

まさか中高年で今更このような薬物を使用してみようと思う人は

あまりいないとは思いますけど、

私はやっぱり健康的にナチュラルで筋トレを継続していくことを

強くお勧めしたいです。

関連記事

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

プロフィール


ヒロシです。

筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

こだわりがあります。

この車についても書いていきます。

その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

 

パーソナルトレのこと

パーソナルトレのこと

筋トレ独り言

筋トレ独り言

胸のトレ

胸のトレ

肩トレ

肩トレ

腕のトレ

腕のトレ

背中トレ

背中トレ

メンタル

メンタル

アメリカ車

アメリカ車

旅行

旅行

輸入住宅

輸入住宅
TOP