トランプ大統領のアメ車販売計画に個人的に援護射撃

   

いやあ、かなり空いてしまいましたけど、

今の仕事が多忙でほとんど休めない状態で、

やっとひと段落したので書いてます・・・

さて、1月20日に就任したトランプ大統領、

日本はもっとアメ車を買え!

とかなんとか言ってるそうで。

日本では評論家がアメリカは日本で売る為の努力が

足らないのだ、とか言ってるそうですけど。

私個人の考えは、日本での新規登録費用を抑える努力と、

自動車税の見直しをすればいいのになあ、と思ってますけど。

スポンサーリンク

輸入通関後から登録までの費用が高すぎる

これはアメ車に限らず、欧州車を含むすべての輸入車に

当てはまることですけど、

大体輸入してから新規登録までの費用が掛かり過ぎだろうと。

仮に並行輸入で日本に引っ張ってきても、

乗りだしまでの費用が高い。

通関とか、船賃とかは仕方ないけど、

・加速走行試験

・排気ガス試験

・ブレーキ制動試験(*車重によって掛かる)

これらの試験がバカ高いのだ。

通常はこれらの試験費用は、輸入者が1台の車両に

対して新規で試験を受ければ、同じ車種で同じ形式なら

1回の試験で10台までの枠がもらえるらしくて、

業者間でその試験レポートを売買してる。

それはそれで安く上げるには必要だけど、

そもそもそんな試験とかもうやめればいい。

並行輸入車で仮に試験もレポートを使いまわして

登録しても、それでも車両代+100万とか掛かる。

これがディーラー車ならもっと高額になる。

そのぶん、保証とか付いてくるんですけどね。

輸入して船賃と通関、登録だけならもっと安くなるし、

現地車両価格+30万くらいで乗りだせるならもっと

輸入車に乗る人も増えると思うけど。

排気量に応じた自動車税課税はアメ車には不利

最近のアメ車は排気量も2000、3600とか大したことなくなり、

ひところほどには負担が無くなってるかもしれないけど、

庶民が購入できる車はそんなアメ車の新車とかは難しい。

だって前述のとおりで高額になってしまうからだ。

ならば中古車ということになるけど、やはり古いアメ車の場合は

排気量が大きく、5000ccとかが普通。

現にハマーも6000ccだし、今のエスカレードとかは

6200cc。

6000ccを超えると自動車税は111000円也。

こんなバカげた税金、誰も喜んで払わないですよ。

もうね、いっそのこと軽自動車も含めて一律料金にすればいい。

そうすれば大排気量でも軽自動車でも同じ額になるから、

少々燃費が悪くても大きな車に乗ってみようか、となるかも。

アメリカ車はデカくて左ハンドルだからいいの

日本の評論家とかは、もっとアメリカは日本で売れるような努力を

しろ、右ハンドルを作るとか、車をコンパクトにして日本のニーズを

くみとれ、とか言ってるみたいですけどね。

私的には、そんなの魅力なしですわ。

あのね、

アメ車はデカくて左ハンドルだからいいのよ。

右ハンドルの小さいアメ車なんて乗りたくないの。

恐らく日本のアメ車好きの6~7割は私と似た考えだと

思いますねえ。

ベンツも右ハンドルはありますけどね、売る時になって

高値が付くのは左ハンドル車ですから。

もう昔から日本では外車=左ハンドル なんですよ。

別に右ハンドルが好きで乗ってる人に文句も無いし、

それぞれ考え方の違いがあるから批判するつもりはないけど、

少なくとも私はダメですね。

だから今、クライスラーがジープラングラーを日本で販売して

ますけど、もし私がラングラーに乗るなら絶対左ハンドルです。

ちょっと脱線したけど、トランプさん、

是非とも日本に自動車税の一律課税と、

輸入後の試験とかやめろ!

と圧力掛けてもらえないでしょうかね。

 

 

 

関連記事

    None Found


  5mail"

 

 -アメリカ車