*

筋トレ 粘りを付けるのに効果的な種目

      2015/10/30

昨日は集中について書いてみましたが、

今日はトレーニングの粘りを付ける為に、

効果的な種目についてと、

粘りについても説明してみたいと思います。

スポンサーリンク

目次


1.筋トレに不可欠な要素、粘りの重要性

2.粘りに効果的な種目

3.まとめ


1.筋トレに不可欠な要素、粘りの重要性

筋トレで重要なのが、粘りです。

粘りがつくことで、筋破壊を完璧に行えます。

では粘りとはどういう状態のことかですが、

例えばシーテッドショルダープレスをやると仮定して、

60キロで10回が目標でセットに入ります。

この場合、恐らく9回までは何とか挙げれるだろう、

でも最後の10回目がやってみないとわからない、

という状態だとします。

ここでレップを重ね、何とか9回までは挙げきりました。

でもこの9回は、ボトムからトップまでの押切りがかなりキツく、

正直10回挙げれないかなあ、と気持ちが折れてしまいました。

そして結局はラックにかけてしまい、そのセットは終了しました。

ここで問題なのは、挑戦せずに諦めてしまったこと、

これに尽きます。

今までに貴方にも何度か経験はあると思います。

あと1回、でもこれは無理かな、と止めてしまったことが。

でもこれは、もし気持ちが強く、何としても挙げてやるぞ、

う思いで挑戦すれば挙がったかもしれません。

この1レップがもったいないという訳です。

この1レップを止めてしまったことで、

貴方の1セットは、そのトレーニングは中途半端になってしまい、

せっかく全ての筋繊維を動員して挙げきろうとする肉体の動きを、

気持ちがセーブしてしまったということになります。

そしてこの1レップを挙げる為に、粘りが必要になるのです。

しつこくトレーニングで追い込む、安易に諦めない、

というクセを付けていかねばなりません。

気持ちの粘り、そして肉体の粘り ということです。

2.粘りに効果的な種目

これは以前私がパーソナルトレで教わったのですが、

粘りを付けるのに有効な種目があります。

それは、ディップス です。

パラレルバーディップス ですね。

このディップスをやりこむことで、粘りが付いてくる、

そう教わりました。

バーベルでやるプレス系は、潰れてしまえば怖い、

ということもありますが、ディップスの場合は、

ダメならバーから降りれば済みます。

そしてボトムまでしっかり降ろして、

そこから爆発的に拳上する、

苦しくなってきても、何とか続ける、

挙がらなくなったら、短い脚立を用意するか、

バースタンド部分に足を置いて身体を脚で挙げて、

トップに戻してネガティブだけを5回、

繰り返します。

このようにすることで、粘りがついてきます。

3.まとめ

筋トレには粘りが重要であるということ、

ご理解いただけたでしょうか。

貴方がもし、「俺は粘りがないなあ」

と感じてるなら、ディップスをやってみてください。

このディップスは、胸の場合は最後の種目がお勧めです。

そこで力を出し切ってきてください。

またフリーウェイトではどうしても最後の1回が怖い場合は、

スミスマシンでやってみることをお勧めします。

これならどのポジションでもラックに掛けられますから。

貴方の周りでいい身体をしてる人のトレーニングを見てください。

使用重量でなく、トレーニングを見るのです。

きっと粘りのあるトレーニングをしていると思いますよ。

関連記事

    None Found


   width=

 

 -筋トレ

  関連記事

no image

時間が無い時の自宅での筋トレメニュー

実は今日は日曜日なのに仕事となり、 早く終わればジムに行く予定が、 結局仕事が終わらずに行けなかった

no image

昨日は脚と腕と僧帽筋のトレでした。

  昨日はあいにくの雨模様で、けだるいなあと思いつつ、ジムへ。 脚と腕と僧帽をトレしました

no image

今朝は腕と僧帽筋のトレでした。

今朝はゆっくりと起き出して、 朝食後に新聞を隅々まで読んで、 自宅から25キロ離れたジムに向かう。

no image

貴方の筋トレは身体作りとしての筋トレになっていますか?

さて、久しぶりに筋トレネタを。 今日からトレーニング開始、 という人も多いのではないですかね。 実は

no image

筋トレで目的部位を意識できているか。

もう何度も書いているけど、 実は筋トレの要のひとつなのでくどい程書こう。 貴方の筋トレ、何となくやっ

no image

筋トレは、素質のある人と同じことをしても同じ結果は出ない。

筋トレを始めた時には細い身体でも、 みるみる大きくなる人がいる。   或いは元々筋肉質であ

no image

バルクアップのつもりで太るだけ、その間違いの原因

筋トレ、ボディビルを本格的にやる場合、 バルクアップと称してとにかく大量に食べて、 大きくなる、とい

no image

急にアクセスが増えた原因は、パーソナルトレーナーの記事でした。

何故か昨日はアクセスが飛躍的に増えた。 今日何が一番読まれてるのかとチェック すると、パーソナルトレ

no image

筋トレの頻度は詰める方が筋肥大するのか

以前私がパーソナルを受けに行ったジムで、 凄い腕を持つ人がいた。 そのサイズ、何と53センチ! 思わ

no image

筋トレで効果が出ているか その判断材料は 効果的な方法は?

せっかく筋トレをやっているんだから、 早くその効果が出てほしいと誰もが思うことだ。 一生懸命トレーニ


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ