*

筋肥大を促すような筋トレを継続していく

   

筋肉を発達させ、大きくなるために日々筋トレを

やってるのに、最初から的外れな筋トレをやってる場合がある。

栄養とか、休養については既に多くの情報があるから

ここであえて書かないけど、

それよりも筋肉を発達させる、筋肥大させる、という

目的の為に筋トレをやるからには、最初から間違っていれば

遠回りするだけだから、知ってる範囲で留意点を書いてみる。

そんなん知ってるわ、ということもあるだろうけど、

意外に盲点になってる場合もあるから確認の意味でどうぞ。

スポンサーリンク

筋肥大するための筋トレになってる?

とかくジムでは力自慢をしたがる輩がいる。

やたらと沢山のプレートを付けてベンチプレスに挑む。

マックス1レップが挙がって、どうだ、

といわんばかりに胸を張って立ち上がり、徘徊する。

確かにそれはそれで自己満足の世界なら結構だろう。

人は競争が好きな生き物だから、競い合うというのは

極自然なことだろう。

でもそのマックス挑戦がその時の目的なら問題ないけど、

筋肥大を狙ってトレーニングするならあまり意味がないかも。

そもそも、ベンチプレスは複合関節種目、いわゆるコンパウンド種目。

つまり沢山の筋肉を動員して行う種目だ。

これは一番力が発揮できる種目といえる。

人間の身体は本来できるだけ無駄な力を出さずに動くように

出来ているから、何も考えずにベンチプレスをやる、

となると当然もっとも効率的に力が出る軌道やフォームで

運動ように身体が動く。

でもこれは力は出しやすいけど、個々の筋肉を破壊するには

かなりの無駄があるということだ。

パワーリフターとボディビルダーのベンチプレスが違うのは

こうしたことからだ。

つまり筋肥大にはより非効率的な、逆に胸に負荷が乗りやすい、

そんな動きでやる必要があるわけだ。

だから当然パワーリフターとは扱える重量も違ってくる。

でも何も知らない人が見れば、単純にあの人は強いな、

となってしまうわけだ。

筋肥大にとって肝心なのは、如何にターゲットだけに

負荷がかかるような軌道とフォームで運動するかだ。

筋肥大の為のフォームを体得するには

ベンチプレスを例にあげたけど、他の種目についても同じだ。

肩も、背中も、腕も脚も同じで、

全ての部位の全ての種目に筋肥大を促す為に効率的なフォーム、

つまり重量を追い求めにくいフォームを追及すればいい。

「いやあ、俺はとにかく強くなればそれでいいわ」

というなら、それはそれでいいと思う。

皆それぞれに目的が違うんだから。

でも目的が筋肥大なら、できるだけ非効率な挙げ方、

目的の部位だけが疲れてしまう、効いてしまう、

そんなフォームを追及しないと遠回りするだけだ。

そしてそんなフォームは、決してネットとかには

紹介されてないことがほとんど。

何故か。

それはそんな極意を飯のタネにしてる人がいて、

有料で指導したりしてるからだ。

これは当然の権利だろう。

知らないことは知ってる人から教わるしかない。

空手の道場が月謝を取って指導するのと同じことだ。

教わらないとわからないことは教わればいい。

どうしてもお金を出すのは嫌だ、

というなら、自分で研究するか、クレクレで聞くしかない。

でもそんなやり方は遠回りだと思うから、

やはり教わることが一番近道だ。

筋トレの引き出しが増えると楽しくなる

最近トレーニングがマンネリ化してる、という場合は、

新たなテクニックを教わることで筋トレの引き出しが増える。

すると筋トレがより楽しみになっていく。

昔、ボディビル雑誌に有名な日本のビルダーがインタビューされてて、

その中に、

「いろいろな食事法やトレーニング法をやって、身体を作っていく、

その過程が自分にとってのボディビルの楽しみだ」

と書かれてたのを読んだことがある。

今はそんな楽しみが出てきつつある。

貴方も是非、筋トレの楽しみを増やしてみてほしい。

 

 

 

関連記事

    None Found


   width=

 

 -筋トレ つぶやき

  関連記事

no image

筋トレでの追い込み、なかなかできない理由

自分で日々筋トレをやっていると、どうしても 甘くなってしまうということはないだろうか。 私の場合はか

no image

肩や関節の痛みが出ない筋トレを継続する

既に1年以上、今のトレーニング法を続けている。 新トレーニング法に切り替える当初はあちこち痛めてた。

no image

筋トレの頻度と時間、セット数とレップ数の変遷

みんなは筋トレをどれくらいの時間を掛けてやってるだろうか。 やればやるだけいい、なんて思ってやってる

no image

筋トレでよくやる怪我を防ぐには 怪我した時の対処は

筋トレの経験年数が長くなればなるほど、 怪我というリスクもついてまわる。誰も怪我はしたく ないし、毎

私自身の経験から 年を重ねても怪我せず筋トレを継続する為に注意したいポイント 

出典:https://www.123rf.com/   もう今のトレーニング法に替えてから

no image

リッチピアーナの動画を観た感想

以前このブログでも一度書いたけど、アメリカの元ビルダー、 リッチピアーナの動画をずっと観てきた。 &

筋トレで必要なモチベーションを維持する為に私がやってる方法

出典:https://www.mensxp.com/health/body-building/384

no image

胸の筋トレ 何故ベンチプレスから始めるの?

どこのジムに行ってもベンチプレスは大人気だ。 そして胸のトレーニングといえば、まず最初にベンチから

no image

アメリカの有名ボディビルダーは効かせる筋トレをしている

以前も少し書いたけど、アメリカのボディビルは 世界で最も最新で、かつ日々進化し続けてる。 日本も今で

no image

短時間で効果的な筋トレをやる為に気を付けていること

昨日は肩と背中をトレーニングした。 最近は如何に短時間でかつターゲット部位に刺激を 与えるかに注意し


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ つぶやき