デカくなる奴と同じことをしても結果が出るとは限らない

久しぶりに書くような・・・

自分のトレーニングは順調なんですけど、見合った効果を

得られるかが大事なことで。

貴方の周りにデカい人、いませんか。

どこのジムや施設でも必ず一人や2人はいるはずです。

明らかに周囲とは違う身体を作り上げた人が。

その人はどんなトレーニングをやってますか?

高重量でガンガンとトレーニングしてますか?

自分がとても扱えないような高重量でやったりしてますか?

それを真似して自分もやったりしてますか?

それで貴方の身体は変わりましたか?

スポンサーリンク

真似しても同じことができてるとは限らない

肝心なのは、扱う重量を同じにしたら同じくらいの筋肉が

付く、とは限らないということ。

真似してるつもりでも、中身は全く違う場合もありますよ。

つまりは、意識の仕方、フォームや軌道、ボトムやトップでの

位置とかが全く違うケースがほとんどなんです。

ここまで挙げたら負荷が載るけど、これ以上挙げたら負荷が

抜けてしまう、そのポイントをその人は知っててやってるかも。

だから単に動きと重量を真似ても同じ結果は出ないんです。

教わっても同じ結果は出ないことが多い

仮にその人にやり方を教わったとします。

さて、それから貴方は必至でトレーニングを継続して、

使用重量も伸びてきた。

数か月後、或いは1年後、貴方は変わったでしょうか。

残念ながら、変わらない人の方が多いだろうと。

そこにも個人の違いがありますよね、

骨格、関節の強さ、腱の附着位置、筋肉の長さの違い、

こんなことが身体の変化に大きく影響してます。

だからその人に教わったからといって、何年も繰り返して

たら、そのうち変わる、と期待するのは早計です。

半年やっても変わらないなら、やり方が間違ってたり、

刺激自体に馴れてしまってるんです。

少しでも結果を出す為には変化、勉強と継続

人の真似をしても良い結果が得られないなら、自分から

何かを変えていかないといつまでも同じことです。

大体、デカくなる人はその人自体の努力もあるでしょうけど、

後は素質の問題が大きいようで、同じことしてもどんどん

発達する人はそのタイプです。

こればかりは個人差があり、どうしようもないんですが、

そんな中でも少しでも進歩させるには、

やはり日々の勉強、変化を付けて、継続していく、

これ以外には道はないと思います。

筋トレはそんな単純なものではないですよね。

そして自分との闘いでもあるわけです。

どんな素晴らしいトレーニングを教わっても、

自分が追い込む前に諦めてしまえばそれまで。

非常に奥が深いです。

 

 

 

 

関連記事

    None Found

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

プロフィール


ヒロシです。

筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

こだわりがあります。

この車についても書いていきます。

その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

 

パーソナルトレのこと

パーソナルトレのこと

筋トレ独り言

筋トレ独り言

胸のトレ

胸のトレ

肩トレ

肩トレ

腕のトレ

腕のトレ

背中トレ

背中トレ

メンタル

メンタル

アメリカ車

アメリカ車

旅行

旅行

輸入住宅

輸入住宅
TOP