筋トレで様々なテクニックを使う前に大事なこと

   

世の中には沢山トレーニングテクニック

が存在する。

初めて筋トレ、ウェイトトレを始めた時、

まずは簡単な種目をストレートセットで

3セットとか、やった記憶がある。

経験を積んできてある程度筋肉量が

増えてきたら、様々なテクニックを

試してみたりした。

例えばスーパーセット、ドロップセット

などだ。

これらはうまく使えば効果的だけど、

思わぬ落とし穴がある。

スポンサーリンク

目 次


1.テクニックを使うことで満足してしまう。

2.使う前にもっとも大事なこと

3.自力を出し切るのに有効な方法

4.まとめ


1.テクニックを使うことで満足してしまう。

ストレートセットで3セットとかやってたら、

そのうち使用重量も伸び悩んできたり、

トレーニング自体がマンネリ化してくる。

更に追い込むためには有効なテクニックが

先程挙げたようなトレーニング法だ。

ただ、スーパーセットやドロップセットを

使ってトレーニングすると、

疲労感もかなりあって、トレ後は

達成感もあり、満足できる。

でもそれが筋肥大したい、

という目的にかなっているのかどうかは、

長期的な結果をみないとわからない。

ましてやそんな簡単に筋肉は付かない。

半年、1年経過しても、身体に変化がないなら、

テクニックを使う以前のもっと大事なことが

出来てないのかもしれない。

2.使う前にもっとも大事なこと

これは実際私が指導で言われたことで、

それまでは何ら疑問も持たなかった。

そう、あらゆるテクニックを使って

トレーニングする前に、もっと大事な

ことが出来てなかった。

それは、まず限界まで追い込む

ということが出来てなかった。

簡単に限界まで追い込むと書けば、

そんなのやってるよ、

挙がらなくなるまでやるのが

限界じゃないか、

と言われそうだ。

いや、確かにそうなんです。

限界までやるということは、

文字通り挙がらなくなるまでが、

限界までなんです。

でもね、ほんとにできてますか?

気合入れて集中すれば、もう1回

自力で挙げられたんでは?

こう自問自答してみれば、毎回

必ず、ああ、もう1回できたよな、

ってこと、なかったですか?

私が言われたのはそのことなんです。

つまりまだ自力で挙げられるのに、

苦しいからさっさと止めてしまい、

スーパーセットで次に移った、

または重量落としてドロップセットした、

またはフォーストレップに入ってもらった、

ということですよ。

これではいつまでたっても進歩しません。

自力で追い込めて初めてテクニックも

活きてくる、というわけですね。

テクニックをこなす、セットをこなす

ことだけにとらわれて、そのセットで

力を出し切れてないということです。

このクセをまず克服していきたい、

そう考えました。

3.自力を出し切るのに有効な方法

自力の追い込みに有効な方法、

それはレストポーズ法です。

知らない人の為に書くと、

レストポーズとは例えばベンチプレスで

次の1回で限界だ、と何とか1回挙げたら、

バーを支えたトップポジションで休憩し、

3秒程度休んだら再びもう1回に挑戦します。

これがレストポーズ法です。

これを取り入れることで自力で追い込むように

練習できます。

4.まとめ

とにかくデカいと言われる人は、ねちっこく

トレーニングしています。

一度バーベル、ダンベルを持ったら、担いだら、

なかなか諦めないですよ。

これはメンタル面も大事な要素になるんですけど、

まずは自力で力を出し切るように

クセ付けしていくことは重要だと教わりました。

みなさんも是非毎回力を出し切りましょう。

 

 

 

 

関連記事

    None Found


   width=

 

 -筋トレ

  関連記事

筋トレ 50代の私が実践して成果を出した2つのテクニック

出典:https://fitnessvolt.com/30712/barbell-shoulder-

no image

最近の筋トレメユー 週の割り振り

最近のウェイトトレーニングメニューは 週に4~5日の変則にしている。 理由は週末に仕事の都合や家庭の

no image

使用重量が増えてるのにバルクアップしない原因とは

ウェイトトレーニングを始めた頃は結構短期間で体重も増える。 でもある程度になると頭打ちになってきてし

no image

仕事の都合でジムに行けない時は

日頃仕事を持ちながら、ジムへ行って、 目標の身体に近づける為に日々努力している、 という方がほとんど

no image

筋トレは、素質のある人と同じことをしても同じ結果は出ない。

筋トレを始めた時には細い身体でも、 みるみる大きくなる人がいる。   或いは元々筋肉質であ

筋トレの強度と筋肥大 限界までってどこまでか?

筋肥大目的での筋トレには強度を高めて 限界までやれ、とよく書かれてますね。 ではそもそも強度と限界と

no image

筋トレで集中力をアップさせるには

毎週トレーニングに行って、身体を鍛えているが、 毎回同じモチベーション、集中力を維持するのは、 正直

中高年が筋トレを始めて、結果を出す為の5つのポイント

出典:http://www.ordinary-joe-muscle-building.com/bui

no image

筋トレの頻度は詰める方が筋肥大するのか

以前私がパーソナルを受けに行ったジムで、 凄い腕を持つ人がいた。 そのサイズ、何と53センチ! 思わ

no image

筋肉が付きにくいと諦める前にやるべきこと

同じ時期に同じように筋トレを始めても、 同じだけの筋肉は付かないのは常識です。 発達しやすい人としに


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ