仕事のストレスをうまく回避する

誰でも生きている以上は

大なり小なりストレスを抱えてる。

現代社会はストレスが大きい。

特に人生の大部分を仕事している

現代は、如何にストレスを回避しながら

生活していくかが重要だろう。

私自身もかつては仕事でストレスを溜めこみ、

それはそれは本当に辛かった時期があった。

でも今はうまくストレスを回避しながら

すごせるようになった。

その方法、気持ちの切り替えについて書きたい。

スポンサーリンク

目 次


1.ストレスで苦しんだ時期の症状

2.それでも日はまた昇るということ

3.仕事以外に何か打ち込める趣味を持つ

4.まとめ


1.ストレスで苦しんだ時期の症状

私が一番苦しんだのは30代前半だった。

丁度結婚したばかりで、家族を持ったのと、

これからの人生設計を考えねばならなかった。

そんなころに仕事でかなりの叱責をされた。

原因は私にもあるが、それだけではなかったのだが、

それはそれはかなりの叱責だった。

嫁さんが可哀そうだろ!

とまで言われた。

その日以来、眠れない日々が続いた。

寝てもすぐに目が覚めてしまい、

それからあれこれと仕事のことを考える。

そして動機が激しくなってくる。

どうしよう、どうしよう、そればかりだった。

仕事してる方が楽だった。

身体がというより、精神的に楽。

辛いのは帰宅してからだ。

動機が止まらないのだ。

それとテレビを見てても内容が頭に入ってこない。

それほどに追いつめられているということだろう。

実はこのようなことは過去にも何度かあった。

現場監督という仕事柄、いつも工期とお金に

悩まされてて、悩んでるときは寝付かない、

ということが工期内で1~2度はあった。

こうしたことが積み重なり、やがて病気に

なっていくんだろう、と思った。

2.それでも日はまた昇るということ

そんな時期にふと、ある下請会社の社長と

喫茶店に入ってお茶を飲んだ。

その時に言われたのは、

「○○君、夜は悩んだらあかんで、

夜は何も考えんと、寝たらいいんや」

「山より大きな獅子はおらんで」

「命まで取られることないから」

「日はまた昇るんやで、明けん夜は

ないがな」

と言われた。

なんか、胸がすっとしたというか、

なるほどな、と思った。

その日以来、悩まないようにした。

とはいえ、そう簡単に割り切れない。

でも悩む前に行動することにした。

決めたらその道を迷わず進むんだ。

失敗したらやり直したらいいわ、

と考えだしてから、気が楽になった。

3.仕事以外に何か打ち込める趣味を持つ

実はこれもある尊敬する上司から言われたことで、

仕事以外に趣味を持て、ということ。

つまり、頭の中を空っぽにして、

打ち込めるような、気分転換できるような

趣味、楽しみを持つことだと教わった。

そして実際、今もそれを実践している。

そうすることで、リフレッシュできて、

また頑張ろうという活力も湧く。

4.まとめ

ここに書いたのは実際私が経験し、

そして克服できたことだ。

決して精神的に強くはないのだが、

それでもうまくストレスと付き合える

ようになっている。

私の同僚などは、会社を出て車の

鍵を開けてキーを廻した瞬間には、

仕事を全てリセットできるという。

翌朝出社するまで考えないそうだ。

ストレス回避の方法は人それぞれ、

自分にあった回避法を見つけてみては

どうだろう。

 

 

関連記事

    None Found

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

プロフィール


ヒロシです。

筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

こだわりがあります。

この車についても書いていきます。

その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

 

パーソナルトレのこと

パーソナルトレのこと

筋トレ独り言

筋トレ独り言

胸のトレ

胸のトレ

肩トレ

肩トレ

腕のトレ

腕のトレ

背中トレ

背中トレ

メンタル

メンタル

アメリカ車

アメリカ車

旅行

旅行

輸入住宅

輸入住宅
TOP