北島達也氏の動画を観て 追い込み方に共感

   

皆さんは北島達也氏をご存じだろうか。

ユーチューブで動画配信してるので観たことがある人は

多いだろう。

私も最近北島氏の動画を良く観てる。

そして、彼が語ってるトレーニングでの追い込み方について、

非常に的を得た説明だなあ、と共感した。

セット数の件はそれぞれに考え方があり、一概にどれが正しいとは

言えないと思ってるけど、追い込み方については素晴らしい説明だ。

いわゆる、メンタルの重要性が語られている。

スポンサーリンク

回数を数えるのでなく、限界までやりきるということ

これについては、過去にも私はこのブログで書いてきた。

昔教わった師匠も同じことを言っていたから。

限界を越える。

書いてしまうと簡単だけど、実際はそう簡単ではない。

回数はあくまで目標値で、要は前回よりより強度を高めて

限界を超えないといけない、ということ。

これは私もずっとそう教わってきた。

でも結局自分はそこまでできなかった。

そこまで自分を追い込めなかったということ。

単に目標回数を超えることが目的では無くて、

前回より更に追い込む、強度を高めてセットを終えるのは、

非常に難しい。

そこには精神面、いわゆるメンタルが左右されるから。

それと単に強度だけでなくて、ターゲット部位に的確に

負荷を掛けてかつ筋破壊まで持っていかなければならない。

教わったまま実践したからと言って結果が出るとは限らない

ここが一番重要、かつ問題なこと。

教わった通りにやってても、出来ない場合がほとんど。

何故か?

そこが人間という生き物の本能で、北島氏の言う限界を

超えるまでの力を発揮することは、人間は毎回出来ないように

なっている。

限界が近づくとどうしても本能で身体を守ろうとして、

その運動自体を止めてしまうからだ。

いや、カタチの上では限界までやってるつもりだろうけど、

それはできてないケースがほとんど。

それが出来るようになると、確かに北島氏の言うとおり、筋肥大が

促進されていく。

問題はどうやってそのレベルまで追い込めるか、ということ。

限界を越える力を発揮できるかは訓練次第だけど

この限界を越える、ということは、訓練次第でできるらしい。

このブログでも何度か書いたことがあるけど、

要するに脳圧が掛かるくらいの出力を出せばいいということ。

この脳圧が掛かる、という状態は、

・力を出してる際に目から星が飛ぶ

・鼻血が出たりする。

・よだれが出たり、目に膜が張ったようになる。

いわゆる火事場の馬鹿力という奴です。

火事場の馬鹿力を出しつつ、正しい軌道で効かせながら

オールアウトする。

これに尽きます。

理屈ではわかってるんですけど、これがなかなかできません。

ではどんな精神状態でしょう。

貴方は車を運転してます。

走ってると、急に強引な割り込みをしてくる車がいました。

貴方は多分、カッとなるはず。

それが抑えられないと、車で追い掛け回すことになります。

頭の中は怒りで爆発しそうになってるはず。

これはアドレナリンが出てる状態。

つまり、トレーニング中に毎回この状態にならないといけないんです。

これ、書いたら簡単ですけど、できないです、なかなか。

例えは悪いですが、こうした精神状態で筋トレするんですよ。

できますか?

これがいつでもできるなら、すぐに結果は出てきます。

北島さんはそれができるんだろうと思います。

メンタル強化、非常に難しい問題です。

どんなトレでも追い込み方次第

結局、筋トレ自体は如何に追い込めるか、ですから、

どんなトレーニング法でもやはり追い込む、ということは

重要だと思います。

そしてこれほど実際やってみるとできないこともないなあ、

とも。

北島さんの考え方には非常に共感したんですけど、やはり

自分ではなかなかそこまで追い込めない、というのも本音ですね。

 

 

 

 

 

関連記事

    None Found


  5mail"

 

 -筋トレ つぶやき

  関連記事

no image

筋トレ 発達の停滞から抜け出す為に

筋トレを継続していて誰もがぶつかるのが、停滞だ。 毎回必ず進歩し続けることは難しいし、仮にそれが で

no image

筋トレやボディビルという趣味について 

最近は有名人や芸能人が筋トレにはまる、 という話題が多くなってる。 私ら筋トレ愛好家としては非常に喜

no image

筋トレでバーの握り方に変化を付けて効果を引き出す

以前にもバーの握り方について書いたことがあったけど、 今回も補足も含めて握るということについて書いて

no image

筋トレの頻度と時間、セット数とレップ数の変遷

みんなは筋トレをどれくらいの時間を掛けてやってるだろうか。 やればやるだけいい、なんて思ってやってる

no image

芸能人のボディビル競技参加に思うこと

私は今までボディビル大会には出たことはない。 だから競技として参加してる選手の方々に対して エラそう

no image

精神面を鍛えて筋トレの効果を上げる

このブログでも今まで何度か書いてきたことに、 筋トレにおける精神面、メンタル面の強化がある。 この精

no image

筋トレ 自分に合ったトレーニングをする

自分の筋トレ自体は調子は悪くない。 ただ、もっといろんな変化を付けないといけないなあと。 いつもいつ

no image

効かせ方が進化していく筋トレ

長田さんにパーソナルトレを受けだしてから、2年に なったけど、絶対的に頻度が少ないのでまだまだである

no image

筋トレは筋肉に効くフォームで重量を増やす

私も以前はデカくなりたくてとにかく少しでも 高重量を扱えるようにと無理してトレーニングした。 その結

no image

筋トレでよくやる怪我を防ぐには 怪我した時の対処は

筋トレの経験年数が長くなればなるほど、 怪我というリスクもついてまわる。誰も怪我はしたく ないし、毎


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ つぶやき