筋トレの強度と筋肥大 限界までってどこまでか?

筋トレ

BO15103017151030175471_TP_V

筋肥大目的での筋トレには強度を高めて

限界までやれ、とよく書かれてますね。

ではそもそも強度と限界とはどんな状態

なんでしょうか。

自分は強度の高いトレを限界までやってる、

と自信を持ってる人も、今一度強度と限界、

ということについて考えてみましょう。

スポンサーリンク

目 次


1.筋繊維の破壊はどのように起こるのか

2.限界までやるということはどういうことか

3.まとめ


1.筋繊維の破壊はどのように起こるのか

 

よく筋トレで筋肉が破壊されて、修復されて

以前より強くなる、と聞きますけど、

書いてみると単純なようでも実際はそんなに

単純でもないです。

まず筋肉は伸展と収縮をしますが、筋トレをやる

ことで、伸展と収縮を繰り返していけば、

その度に筋繊維が疲労していきます。

例えば二頭筋でカールをやるとすれば、

30キロで始めた場合、1回、2回と回数が

増えるにつれ、筋繊維も沢山の本数が動員されて

いきます。

そして限界回数までくればより沢山の筋繊維が

動員されてきます。

だから苦しくなってきてからのエキストラレップは

非常に重要だといえます。

逆にいえば、苦しくなる前に止めてしまえば、

もったいない ということですね。

 

2.限界までやるということはどういうことか

 

よく限界までやれ、と言われたり、聞いたりしますね。

では限界とはどこまでをいうんでしょうか。

一般に限界まで挙げる、といっても、

実際はまだまだ余力がある場合がほとんどです。

よく火事場の馬鹿力 とかいいますが、

あれこそまさに人間の潜在能力が発揮された状態

なんです。

か弱い女性が下敷きになった子供を救う為に、

1人で車を持ち上げた、って話がありますが、

あれこそ火事場の馬鹿力なんです。

そして本当の限界まで行けば全ての筋繊維が破壊

されてしまいます。ここまでいけば肉体の限界です。

でもこれでは文字通り筋肉や腱も壊れてしまうので、

そうなる前に精神が抑制をかけます。

つまり本当は20回挙がるけど、精神が抑制するので

10回しか挙がらない、となるのです。

これを12回、13回まで挙がるようにすることで、

超回復しやすくなるというわけです。

ですから筋トレでは通常以上に力を発揮しながら、

しかも鍛える筋肉を意識しながら運動するわけです。

 

3.まとめ

 

筋トレの強度と限界までやる、という意味は

何となくイメージできたかと思います。

でも強度を高めて限界までやるなら、ジムで

集中してトレーニングしなければなりません。

余計なおしゃべりをせず、黙って鍛えろ!ですね。

 

 

 

関連記事

    None Found

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

プロフィール


ヒロシです。

筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

こだわりがあります。

この車についても書いていきます。

その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

 

パーソナルトレのこと

パーソナルトレのこと

筋トレ独り言

筋トレ独り言

胸のトレ

胸のトレ

肩トレ

肩トレ

腕のトレ

腕のトレ

背中トレ

背中トレ

メンタル

メンタル

アメリカ車

アメリカ車

旅行

旅行

輸入住宅

輸入住宅
TOP