*

筋トレのレイオフ、効率的に活用しているか

   

11日から夏休みに入っている。

当然ジム通いといきたいけど、ジムもお盆休暇。

12日までの2日間トレーニングして、土曜日からは

オフになってる。

今日は日曜日、そろそろ身体がなまってきてる。

でもたまには休むという事も大事だと考える。

昔は レイオフ といって、時には完全にトレーニングを

休止して、暫くしてからまた筋トレを再開すると、

心身共にリフレッシュしていい結果が出る、と雑誌で読んだ。

そういえば、プロボディビルダーはコンテスト後はレイオフを

取ってしっかりと休養すると聞いたことがあるけど、どうなんだろうか。

スポンサーリンク

本当に心身共に疲労が溜まるまでやってる?

レイオフと聞いて、さぼりクセのある人は早速長期休暇したりして。

でもそのまま完全に筋トレ自体止めてしまったって話もあるから、

笑い話では済まない。

私の周りの筋トレ愛好家なんて、ジムが休みなら出稽古よろしく、

公共のトレーニング施設まで出向いて筋トレしたりしてる。

それはそれで熱心で結構なことだとは思うけど、

私はそこまでやりたいと思わない。

話がそれたけど、本来は心身共に蓄積した疲労を取るのがレイオフ。

でもほんとに心身共に疲労困憊するまで追い込んでるかってこと。

毎回の筋トレ前には死ぬ覚悟でジムに向かってる、

というならともかく、ほとんどの人にとってはあくまで趣味。

仕事して、家庭生活があって、余暇に楽しむ趣味だ。

だからそこまで毎回追い込んだ筋トレにはなってないケースが

ほとんどだろう。

そんな場合はレイオフなんて取る必要もない。

そもそもが追い込めてないというケースがあるから。

ほんとに疲労してる場合の身体のサイン

私の拙い経験で、これは明らかに疲労が溜まってる、

と感じたケースが以下のとおり。

・普段扱える重量でトレーニングできない、レップ数が下がった

・関節や腱の疲労感、倦怠感があり、身体が重い感じがする

ここでいうレップ数の低下は、1レップとかでなく、3~4レップとか、

極端に下がった場合や、いつもよりかなり重く感じる場合とか。

後は関節の疲労感、なんか肩や肘関節が緩む感じとか。

こんな場合はレイオフが必要な時期ではないかと。

こうした身体のサインには敏感であるべきだと思いますね。

レイオフを取る時期(私の場合)

私個人の場合ですけど、だいたい取る時期が決まってます。

それは大きな連休でジムが長期休暇になる時です。

例えば今ならこのお盆休みですね。

後は年末年始です。

それと仕事が詰まってくる時期に思い切って休みます。

こうした時期に休むことで、心身共にリフレッシュします。

そしてレイオフ後に筋トレを再開すると、

何故か以前よりパワーアップしてたり、レップが伸びます。

結局、身体が休みを欲してたということなんでしょうね。

馴れを防ぐにもレイオフは効果的

これもよく書いてありますが、身体はどんなに

様々な工夫をしてトレーニングしていても、

やがてはその刺激に馴れてきます。

例え毎回その種目でレップ数が増えてても、です。

だからそうした馴れを防ぐにも、

定期的にレイオフを取り入れることはいいようです。

怠けグセはつけない

気を付けないといけないのは、怠けグセを付けない、

ということ。

人間は楽が大好きな生き物です。

日常生活でもできるだけ楽に、効率的に動いて

疲労しないようにできてます。

その点筋トレは生命維持に逆らった行為かも

しれない。

できるだけ非効率的に身体を動かして、

目的の筋肉だけが破壊するように仕向ける、

それが筋トレですから、そんなことを毎回やれば、

身体はやがてそんな行為から逃げたいと思います。

それがクセになって、やがては筋トレ自体を辞めたい、

もっと楽になりたい、と思うようになります。

レイオフだといってしょっちゅう休みを入れて、

怠けグセを付けるのは避けたいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

    None Found


   width=

 

 -筋トレ つぶやき

  関連記事

no image

筋トレでの追い込み、なかなかできない理由

自分で日々筋トレをやっていると、どうしても 甘くなってしまうということはないだろうか。 私の場合はか

筋トレ上達の道 上手い人の真似をしてトレーニング効果を上げる

    出典http://midbreath.blog25.fc2.com/bl

no image

今受けてるパーソナルトレーニングのメリット、デメリット

このブログでは私が長田さんのパーソナルトレーニングを 受けていることを書いているけど、正直詳しいテク

no image

遠方でパーソナルトレを受ける弊害

私自身、過去に何度かパーソナルトレを 受けてきているけど、遠かったのは東京。 こちら関西からだと時間

私自身の経験から 年を重ねても怪我せず筋トレを継続する為に注意したいポイント 

出典:https://www.123rf.com/   もう今のトレーニング法に替えてから

no image

筋トレ 基本は1セットで破壊させること

かつては私も何セットも筋トレして、やった気になっていたけど、 今はそれほどセット数をやらないことが多

no image

筋トレ 重量増加=筋力アップ=筋量アップの落とし穴

何度も書いてきたことだけど、昔は重量にこだわってた。 使用重量アップ=筋力アップ=筋量アップ と信じ

no image

筋トレ 上げ下げ疲労か、効いた疲労か

筋トレを始めた頃は誰にも教わることなく、 見よう見まねでトレーニングを開始した。 でも今は沢山の動画

筋トレで必要なモチベーションを維持する為に私がやってる方法

出典:https://www.mensxp.com/health/body-building/384

no image

リッチピアーナの動画を観た感想

以前このブログでも一度書いたけど、アメリカの元ビルダー、 リッチピアーナの動画をずっと観てきた。 &


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ つぶやき