実はコミックが趣味嗜好のおっさん

   

私は筋トレとアメ車が趣味だけど、他にも多少の趣味がある。

趣味というレベルでもないけど、何気に好きな物というか。

まずはコミックだ。

いい年こいたおっさんが、コミックとは気恥ずかしいけど、

好きなものは好きだから仕方ない。

今定期的に購入してるコミック雑誌は以下の通り。

・ビッグコミック

・コミック乱

スポンサーリンク

この2つは必ず購入して読んでる。

特にビッグコミックの連載では、ゴルゴ13が大好きだ。

噂では既に最終回は出来上がっているそうで、いつかはその日が

来るのが待ち遠しいというか、寂しいというか。

コミック乱は13日と27日の発売だけど、残念なことがひとつ。

楽しみにしていた、藤枝梅安が長らく休止になり、今は新しい

漫画家が作品をリリースしている。

これまでのさいとう先生の梅安を見慣れているから少々違和感あるけど、

仕方がない。

逆に鬼平犯科帳はこれからも連載を続けてほしい。

雑誌でのコミックはこの2冊は必ず購入してるけど、これ以外にも

定期的にコミックを購入してる。

まず田島隆原作の カバチタレ とこれ以降のシリーズ全てを購入してる。

特にお気に入りが、極悪がんぼ と、がんぼ ナニワ悪道編。

このシリーズに関しては雑誌は読まずにコミックになってから購入してる。

どうしても一気に読んでしまいたいから、というのが理由。

それと諸星大二郎先生のコミックだ。

特に、西遊妖猿伝 については前作もフルセットで購入したし、今の

西域編も継続購入している。

ただね、諸星先生、なかなかコミックまでが時間が掛かって、未だに6巻まで。

何とか私が生きてる間に完結してほしいなあ、と切に願う。

1年に1回も出てないかも?

既に絶版となってるコミックも弱冠揃えてます。

ざっと書いてみると、

・空手バカ一代

・カラテ地獄変

・カラテ地獄変・ボディーガード牙

・四角いジャングル

・タイガーマスク

上記は全て、故 梶原一騎先生の作品ですね。

梶原先生の独特の世界観というか、ある種の暗さが好きで。

だってタイガーマスクの最終回、どんな結末か知ってますか?

そらあ、エゲツナイですよ。

こんな終わり方ってあり?

という。

ヒーローものにしてはあまりに悲しく、はかないですよ。

空手バカ一代なんて、当時流行った頃は人間ってあんなことが

できるようになるんだ、と純粋に信じてましたからねえ。

貫き手で畳を貫くなんて、スゲエ、と感動してましたから。

実際映画も観に行ったんですよね、それで余計に信じてしまってね。

後年になってある空手の支部長から事実を教わって、ショック受けてねえ。

でもそれも含めて当時はインパクトあったんですよ。

あと、既に手放してしまって後悔してる作品があるんですよ。

それは、

男組 です。

主人公の流全次郎と、仲間の五家宝連と、神竜剛次との対決、

そこから日本社会を影で牛耳る、 影の総理 との闘いまで、

そりゃあもう、何度も読み返しましたよ。

ある意味、私の青春の1ページといえるかも。

全25巻だったんですけど、何がきっかけかは忘れてしまったけど、

手放してしまったんですよねえ。

いずれまた買い戻したいなあ、と。

ジャンルは全く変わるけど、横山光輝先生の作品も好きでね。

・三国志

・項羽と劉邦

これは全巻持ってます。まさに秘蔵です。

いかん、筋トレネタ以上に熱くなってきたので、

いずれまた気が向いたら書きましょう。

 

 

 

 

関連記事

    None Found


  5mail"

 

 -趣味・嗜好・食生活とか