薪暖炉の薪の原料をドライブ中に調達する

   

最近は薪の元になる木の調達が順調だ。

先日も所用で遠方に行った時に、

山あいの道をひたすら走っていたのだが、

ふと見ると、高木を伐採した跡が見えた。

最近は車での移動中にも絶えず山間を通過する

時にはくまなく倒木がないかと目を配ってる。

これが薪の調達には意外と重宝している。

スポンサーリンク

一度に大量の薪の原料となる丸太をストックする

には、トラックも必要になるし、最初からそこに

丸太があるとわかっていればまだしも、

そうでない場合は自家用車でその都度拾うといい。

たとえ1本だけ、短いモノや細いモノでもいい。

薪になるそうなら拾って積んで帰ればいいんだ。

今回はまさにラッキーだった。

おそらく何らかの理由で伐採したのだろう、

切った枝や丸太が数か所に固めてあったのだ。

それもいずれは持ち帰る、という風でもなく、

あきらかにそのまま放置し、腐らせるだろうと

思えるような置き方だった。

そんな場合は躊躇なく車を路肩に停車させて、

おもむろに軍手をはめて、ミニバンの荷室を

倒して木が積める状態にしてから、積めるだけ

積み込むのだ。

その時は大した量ではなくても、これを月に

1回でもやっていけば、積もり積もればかなりの

ストックができてくる。

それらを更に玉切りにして、かたっぱしから割る。

そして乾燥させておくことで、薪として使えるのだ。

田舎に住んでればそうした機会は結構あるものだ。

でも自分自身が常にレーダーを張ってないとダメだ。

こんな経験はないだろうか。

例えば気に入った車があったとする。

その車のデザインが好きになると、町を走っている車の

中でも瞬時に目当ての好きな車が見分けられるのだ。

それは絶えずその車を気にしているから目に入ってくると

いうわけだけど、

同じことが薪にも言えるのだ。

絶えず木はないか、倒木はないか、

と気にかけていれば、何かの拍子に目に飛び込んでくる。

そうすれば木を集めることもそう難しくはない。

都会であっても同じで、町を走っていると街路樹が

目に入ってくると思う。

ああ、これなんか薪に最適な太さだよなあ、とか、

考えてると、造園業者が伐採してるのに出くわす。

そこで出番だ。

停車して造園業者に木をもらえないかと交渉するのだ。

こうした地道な努力でストックしていけるので、

ぜひ頑張りましょう。

 

 

 

関連記事

    None Found

SPONSORED LINK
br>
  5mail" width="530" height="90" />

 

 -薪暖炉・薪割りとか調達


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行