最近の自分の筋トレ 刺激を変える為に

どうもまた少しマンネリ化している自分の筋トレ。

でも最近は新たなアプローチで違った刺激を与えてる。

長田さんのブログにも書いてあったことを早速試したり、

自分がこれまで教わってきたやり方をアレンジしてみたりと。

やり方を、追い込み方を変化させると筋肉痛がガンガン来て、

それはそれで面白い。

スポンサーリンク

1種目でセット数を膨大にしてみる

これは長田さんのブログを読んで早速やってみたけど、

かなりキツイ。

例えばベンチプレスを15セットとかやる。

もう途中から訳がわからなくなってくるし、

効いてる、を通り越して麻痺してる?

という感じになってそれは面白い。

毎回はやれないけど、たまには違った刺激となって

筋肉には新鮮。

100レップやる

これは結構やってる人が多いかもしれないけど、

例えばスクワットならとにかく100レップやる。

やりかたとしては、普段より軽めの重量で、

連続でできるまでレップを重ねる。

もう次は挙がらない、となると、そこでバーを

ラックに戻さずに、そのまま担いでレストする。

で、少し回復したらまた10レップ連続でやってみる。

こんなやり方で100レップを完遂するわけだ。

これはどの種目でもできるから、たまに取り入れてみると

面白い。

セット間の休憩をはさまずに連続でスーパーセットする

例えばダンベルフライとダンベルベンチプレスをスーパーセットで、

1セットなら普通。

これを休憩せずにそのまま連続で4~5セット行う。

別にレップ数が極端に減っても構わない。

連続で完遂するというのがまた違った刺激になるからだ。

これもたまに取り入れてみると面白い。

胸をトライセットで追い込んでいく

胸をやるとしたら、

ベンチプレス

ダンベルフライ

プッシュアップ

これを1巡して1セットとして、3~4セットやる。

ここでのポイントは最後のプッシュアップ。

これで胸にはダメ押しになるわけで、新たな刺激が入る。

トライセットやスーパーセットは混みあったジムではやりにくいので、

同じフラットベンチで3種目をこなす。

同じ理由でひとつのマシンで複数こなせるよう種目の選択を

工夫すれば、次やろうと思ってたら誰かにマシンを占有された、

という心配はなくなるから。

ドロップセットを連続でこなす

例えばサイドレイズなら、

1セット目に重量を落としながら5セットやって、

それで1セットにする。

つまりトータルで5セットやるなら25セット分だ。

こうした刺激をたまに与えれば、また新たなショックを

筋肉に与えられる。

とにかく筋肉には馴れが大敵だから、

引き出しを増やす努力を惜しまずやるべきだ。

 

 

 

 

 

 

関連記事

    None Found

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

プロフィール


ヒロシです。

筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

こだわりがあります。

この車についても書いていきます。

その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

 

パーソナルトレのこと

パーソナルトレのこと

筋トレ独り言

筋トレ独り言

胸のトレ

胸のトレ

肩トレ

肩トレ

腕のトレ

腕のトレ

背中トレ

背中トレ

メンタル

メンタル

アメリカ車

アメリカ車

旅行

旅行

輸入住宅

輸入住宅
TOP