ストレスがない筋トレ、直感法

昨日は胸と二頭筋をトレーニング。

以前のトレーニングでは決まった

メニューをトレーナーに組んでもらい、

それを忠実に毎週行っていたけど、

今のトレーニングはバラバラだ。

つまり決まったメニューがなくて、

ジムに着いてストレッチしてから

今日のメニューを決める。

これが実に新鮮で面白い。

スポンサーリンク

このトレーニングは直感法と呼ばれてて、

昔からあるトレーニング法のひとつ。

プロビルダーだったショーンレイも

この直感法でトレーニングしていた。

この直感法については賛否両論あって、

賛成派の意見としては、

・トレーニングのマンネリ化を防ぐ

・いつも違う刺激を与えて筋肥大を促進する

というところだろうか。

反対派としては、

・毎回違うトレでは進歩の度合いが不明

ということだろう。

私は今までずっと決めたメニュー、セット数

をこなしてきた。

一度組んだメニューは3ヶ月は変えなかった。

それはトレーナーの指示によるものだった。

時には半年近く変えなかったメニューもある。

でもこの方法は順調に使用重量や回数が

伸びている、毎回1レップでも増えてるなら

いいけど、停滞が続くとストレスになってくる。

今日も胸のトレだけど、また前回と同回数なら

かなり落ち込んだりしてしまう。

でもその頃はトレーナーの指示なので忠実に

守ってた。

でも今の長田さんのトレーニングは、

毎回必ずこれをやれ、というのはない。

それよりも軌道やポイントでの伸展、収縮、

その辺りのポイントさえ抑えれば、

高回数でもいいし、何セットでもいいのだ。

時間が無い時はまるでジャイアントセットみたく

数種目を一度にやって、それを3セットで終わり、

とかやる場合もある。

まだまだ教えてもらってないやり方とか追い込み方、

新しい種目とか一杯あるようなので、

種目数、バリエーションが増えてもっと多角的な

トレーニングができるようだ。

 

いつもジムにいけば、決まったメニューなら、

最初の種目をやるにも誰かが使ってれば

待たないといけなかったのもストレスだった。

でも今はストレッチとウォームアップが終われば、

周りを見て空いてるマシンやベンチ類によって、

やる種目や順番も臨機応変に対処できるので、

ストレスも無く効率的だ。

だから今はトレーニングも毎回楽しい。

もっとバリエーションを増やして進化させたい。

 

関連記事

    None Found

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

プロフィール


ヒロシです。

筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

こだわりがあります。

この車についても書いていきます。

その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

 

パーソナルトレのこと

パーソナルトレのこと

筋トレ独り言

筋トレ独り言

胸のトレ

胸のトレ

肩トレ

肩トレ

腕のトレ

腕のトレ

背中トレ

背中トレ

メンタル

メンタル

アメリカ車

アメリカ車

旅行

旅行

輸入住宅

輸入住宅
TOP