アメリカ車が売れない理由とは?

日本ではアメリカ車はマイナーだろう。

やはり国産メーカーの方が信頼度が

高いし、クオリティも高いからだ。

でも同じ輸入車でも、欧州車に比べて

売れ行きは芳しいとはいえない。

その理由について、自分なりに分析して

みた。

スポンサーリンク

目 次


1.アメリカ車が売れない理由

2.欧州車とアメリカ車の違い

3.まとめ


1.アメリカ車が売れない理由

1960~70年代は、外車といえば

アメリカ車、という時代だった。

大きくて派手で、装備も充実していて、

所持する=お金持ち

というイメージがあったと思う。

その頃の日本は国産メーカーですら、

アメリカ車のデザインやテイストを

マネして生産していた。

アメリカは自動車社会だ。

広い国土を移動するには、

自動車がないと話にならないし、

今でもアメリカの地方へいけば、

ちょっと買い物へといえば、

片道50キロとかは普通だ。

当然途中で止まってしまうことは

危険なので、少々では壊れないし、

基本エンジンは丈夫だったのだ。

それが最近は排気量も小さくなり、

まるで欧州車や日本車みたいになった。

そしてアメリカ車は、見た目は豪華でも、

どことなくチープな作りであったり、

内装もチープな車両が多い。

そして何より、欧州車をまねたデザイン

になってきているのも売れない理由だ。

アメリカ車にはネガティブイメージがある。

燃費が悪い。

故障が多い。

デザインがいまいち。

などなど・・・・

最近は豪華な車も多く出してきているが、

やはりサイズが大きい車が多いのも理由。

日本では大きすぎる、という方が多い。

私にはそれこそがアメリカ車の魅力なの

だが、そんな人間は一握りだろう。

そんなところが売れない理由だろう。

2.欧州車とアメリカ車の違い

欧州車、特にドイツ車は人気が高い。

これはベンツやBMWといった高級車で、

デザインも洗練されてるし、装備もいい。

そして何より誰が見ても優雅に見えるだろう。

比べてアメリカ車はどうだろう。

やはり装備面はかなりよくなってきてるが、

何かが時代遅れだったり、

デザイン面もどこかワルそうというか、

洗練された、とは言い難いだろう。

私みたいなヘンタ〇は、

それが魅力なのだが・・・

その個性的すぎるたたずまいが、

一般受けしないのかもしれない。

3.まとめ

こうして書いてみると、

アメリカ車はネガティブイメージが

先行しているように感じる。

いわゆる、食わず嫌い的な感じか。

私も周りからは、

何であんな車に乗ってるんだろう、

とか思われているだろうなあ。

そう、変に目立つのもアメリカ車だ。

その辺りを改善していけば、

もっと一般受けするのかもしれないが、

そうなると個性がなくなり、

真のアメリカ車好きが嘆くだろうし、

困ったものである。

 

 

 

関連記事

    None Found

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

プロフィール


ヒロシです。

筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

こだわりがあります。

この車についても書いていきます。

その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

 

パーソナルトレのこと

パーソナルトレのこと

筋トレ独り言

筋トレ独り言

胸のトレ

胸のトレ

肩トレ

肩トレ

腕のトレ

腕のトレ

背中トレ

背中トレ

メンタル

メンタル

アメリカ車

アメリカ車

旅行

旅行

輸入住宅

輸入住宅
TOP