*

筋トレ 基本は1セットで破壊させること

   

かつては私も何セットも筋トレして、やった気になっていたけど、

今はそれほどセット数をやらないことが多い。

普通は4セットくらい、多い時は10セットの時もある。

これは刺激を変える為にやってることで、マンネリを防ぐ為。

まだ私も全ての部位の種目を完璧に破壊できないけど、

種目によってはできる。

複数セットやったら破壊できるんではなくて、

基本は1セットで筋破壊できるまで効かせることができることだ。

スポンサーリンク

複数セットでの疲労困憊、でも対象部位は元気いっぱい

例えばベンチプレスで6セットやるとしよう。

目いっぱいできる高重量で貴方はベンチをやる。

一番元気がある1セット目はマックスに近い重量で、

3レップを完遂できた。

貴方は満足感いっぱいだろう。

続けて8~10レップできる重量でセットを重ねる。

6セットを終えて、ベンチのノルマを終了。

続いてフライ系とか、ケーブル系を行っていく。

これで今日の胸のトレーニングは終了だ。

次回は1週間後に再び胸を行おう。

筋肉痛もしっかり出てるし、いい感じに筋破壊できたはず。

でも次回の胸トレで、ベンチプレスをやると、

前回とレップ数も変わらないまま。

だんだん刺激に馴れたか、とセット数を変えたり、

或いは今日はフライ系から入ってプレスで締めようか。

でも半年、1年経っても身体があまり変わらない。

もうここまでやった時点で何故身体に変化がないのか。

栄養不足か?

休養不足か?

きっと違うと思います。

それはトレーニング不足、刺激不足になってるかも。

ほんとに効くベンチプレスなら、胸が痛くなってくる

何言ってるの?

ベンチプレスはミッドレインジ種目だし、痛みが出ることはないよ。

という人もいるかもしれませんが。

いや、ほんとに効くベンチプレスができれば胸筋が痛くなってくるんです。

それもセット中に。

それも今まで扱った重量よりかなり軽い重量でも。

要は胸が効いてしまい、痛くてできなくなってくるんです。

重いから挙がらなくなってくるというより、痛くなってきて

動けなくなってくるような感じ。

勿論いつも同じ重量で同じレップ数、同じセット数では

いずれは耐性が出来て馴れてきてしまいます。

だからいろんな変化を付けて行っていくんですけど、

まずは1セットで効く、というところが大事なんです。

それを複数セット行うわけで、破壊できて当たり前なんです。

他の種目や部位でも基本は同じ

これは何も胸だけに限らず、肩や背中も腕も、

脚も同じことなんです。

背中をやってればセット中に痛くなってくるし、

腕も同じ。

そこに負荷が掛かってるから、効いてるから痛いんです。

その効いてる状態がいつトレーニングしても、

その部位だろうと、どの種目だろうと同じように痛みが

来るような状態になって初めて、身体も変わってきます。

そして身体は栄養と休養を欲しがるようになってきます。

上手くなるには指導を請う、又は動画を沢山見る

一番早いのはそうしたテクニックを豊富に持ってるトレーナーに

指導を請うことですけど、それでは漠然としすぎですよね。

もうひとつの方法はトレーニング動画を沢山見る事。

私個人としては、国内の選手の動画より、プロビルダーの動画を

お勧めしたいです。

アマチュアとプロ、どちらが優れているかはいうまでもないです。

いや、彼らはドラッグで作った身体だから参考にならんよ、

という前に、例えドラッグ使用だろうと、正しいトレーニングは

必須なんです。

日本の誇るプロビルダー、山岸選手は何故あそこまで変化できたか。

これはひとえに有名トレーナーに指導を請うた結果でしょう。

彼らにトレーニング、栄養指導を請うた結果、劇的に変わったんです。

どのプロ選手もたいてい誰かに指導してもらってますから、

彼らプロ選手のトレーニング動画を見て研究するんです。

身体ばかり見て、スゲエ、とか感心してばかりでは意味ないんです。

彼らの動き、肩や肘の位置、頭の向きや顎の引き具合、

軌道やボトムとトップでの位置とか、学ぶべきことは動画の中に

沢山隠れてるんです。

それらを彼らは決して動画でイチから説明はしてません。

だから動画を見て研究することは重要なんです。

幸い昔と違って今はトレーニング動画もユーチューブとかでも

簡単に見ることができるので、

それらを見て勉強してみてください。

何か得るモノが必ずありますから。

 

 

関連記事

    None Found

SPONSORED LINK

   width=

 

 -筋トレ つぶやき

  関連記事

no image

筋トレのマナーもトレーニングも知らない人達

私はいつも夜にトレーニングする。 だからジムに行く時間帯は一番人が多い時間になってしまう。 今はフィ

no image

遠方でパーソナルトレを受ける弊害

私自身、過去に何度かパーソナルトレを 受けてきているけど、遠かったのは東京。 こちら関西からだと時間

no image

今受けてるパーソナルトレーニングのメリット、デメリット

このブログでは私が長田さんのパーソナルトレーニングを 受けていることを書いているけど、正直詳しいテク

no image

筋トレ 上げ下げ疲労か、効いた疲労か

筋トレを始めた頃は誰にも教わることなく、 見よう見まねでトレーニングを開始した。 でも今は沢山の動画

no image

現在お気に入りの二頭筋トレ

二頭筋は以前は非常に苦手な部位だったんです。 なんせ効かないんですよね、何やっても・・・ だから以前

no image

昨日は背中・肩・腕をトレしました。そしてこれからグアムへ

今週末から旅行に行くので昨日はまとめて トレーニングした。 全て2種目に限定してさっさとトレーニング

no image

筋トレ 発達の停滞から抜け出す為に

筋トレを継続していて誰もがぶつかるのが、停滞だ。 毎回必ず進歩し続けることは難しいし、仮にそれが で

私自身の経験から 年を重ねても怪我せず筋トレを継続する為に注意したいポイント 

出典:https://www.123rf.com/   もう今のトレーニング法に替えてから

no image

知らぬ間に楽な軌道になる筋トレ 苦しみから逃げない為に

普通に筋トレをやってるととても楽にできる。 重さにこだわってやってると重さを扱うこと自体はそらあ し

no image

アメリカの有名ボディビルダーは効かせる筋トレをしている

以前も少し書いたけど、アメリカのボディビルは 世界で最も最新で、かつ日々進化し続けてる。 日本も今で


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ つぶやき