薪暖炉 煙の逆流原因が判明したが・・・

   

以前にこのブログで暖炉の煙が逆流することについて書いた。

煙突トップの掃除を10年やってないのでまずは掃除から、

と去年の秋に掃除を行ったけど、改善されなかった。

ということは他に原因があるということで、調べてみた。

その結果、煙突の高さに問題があったということが判明した。

スポンサーリンク

原因は屋根からの吹き返しの風だった

いろいろと調べた結果は、煙突の際にある屋根から、

風が吹き返すことによるものだった。

詳しくはここの記事にありました。↓

http://flamewatchers.com/pipe/plan2.htm

このページには、「3・6・9の法則」

とありました。つまり、屋根の高さや距離に応じて、

煙突のトップの高さを決める必要があるということです。

私が依頼した輸入住宅会社はこの事を知らなかったんだろうと。

専門家に依頼したかどうかは定かでないですけど、

この法則に照らし合わせて確認すると、明らかに我が家の

煙突の高さは屋根に比べて低いです。

我が家の煙突の際には10寸勾配の屋根があります。

前述の法則に照らすと、屋根の頂部から60センチは高く

する必要があるのです。

でも実際は全く届いてないんです。

当初の図面を見ると一目瞭然↓

この図面でわかるように、すぐ横にとんがり屋根があるんですが、

本来はこの屋根の頂部から600は必要らしいんです。

これでは全然足らないですよね。

この煙突トップより高い屋根のせいで、上空での風の巻き込みや、

風向きに影響が出たりして煙突内に逆流してるみたいです。

今から煙突を高くするには2つの方法がある

現状では無風状態でない限り、必ず煙が室内に逆流するので、

何とかしたいところです。

そこでいろいろ調べた所、

1・煙突と周囲の壁仕上げごと高くする。

2・煙突だけを延長する。

以上の2つが方法論になるんですけど、

いずれもコストが掛かります。

1・の状態に改修するには、

・外部足場組立解体

・煙突の延長施工

・煙突周囲の壁施工

・煙突周囲の壁塗装仕上げ

以上の工程が必要になり、私の試算では

60万~70万くらいかかりそうです。

2・の状態に改修するには、

・外部足場組立解体

・煙突トップ取り外し補修

・煙突延長(チムニートップ取付)

となり、試算では約20万~30万か?

チムニートップによる延長は、デザイン的には

ちょっと残念なことになります。

http://blog.goo.ne.jp/hiacoron/e/bc32d53e3a5140dd40b01dfab24515f8

こちらのブログから拝借しました。

う~ん、どうでしょうか、何とも微妙ですね。

でも上記2つのどちらかをやらない限りは、これからも

煙の逆流に悩まされることになるんですよねえ。

ここ10年、煙が度々逆流したせいで、

室内の壁や天井まで煤で黒ずんできてますし、

ほんと困ったものです。

外壁の塗り替えする時にでもついでにやるしかないですね。

 

 

 

 

 

関連記事

SPONSORED LINK
br>
  5mail" width="530" height="90" />

 

 -薪暖炉・薪割りとか調達


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行