筋肉は 慣れると成長しない。

      2015/10/30

これまでトレーニングを続けてきて、一番陥りやすいのは、

同じことを継続するということ。

いや、筋トレは継続しないと発達は望めないのでそれは継続で。

おなじトレーニング種目や順番で長期間続けていると、成長しない、

ということです。さて、どんなケースがあるでしょうか。

スポンサーリンク

目次


1.いつまでも同じ種目と組み合わせを継続している。

2.いつも同じセット数、レップ数を継続している。

3.どのように変化をつけるか

4.プログラム自体の変更時期の目安

5.まとめ


では順番にいきましょう。

1.いつまでも同じ種目と組み合わせを継続している。

これは意外にあるケースです。例えば胸の種目なら、

・ベンチプレス

・インクラインベンチプレス

・ダンベルフライ

・ケーブルクロスオーバー

この4種目をプログラムとして採用したとします。

これ組み立てた当初は良かったのですが、3ヶ月過ぎても、

1年過ぎても同じ順番で継続している、というパターンです。

2.いつも同じセット数、レップ数を継続している。

先程の順番と同じく、セット数、レップ数も固定しているパターン。

いつも3セット、レップ数は8回~10回、などですね。

3.どのように変化をつけるか

筋肉はいつまでも同じ刺激を与えても、そのうちその刺激に慣れてしまいます。

例え使用重量が増えていても、レップ数が増えていても、です。

人間は遺伝子的に余計な筋肉は付けないように抑制が働くそうです。でないと、

いつまでも筋肉が発達してしまい、300キロの身体とかになってしまいます。

そうなれば、今度は骨格や腱が耐えられなくなってしまいますよね。

ですから我々が必死でトレーニングし、筋肥大させようと破壊、修復、同化作用となる前に、

身体が抑制をかけるというわけです。その抑制をかけさせない為には、

時には新たな刺激や、これまで以上の負荷をかけて、このままでは身体が耐えられないから、

もっと筋肉を大きくしよう、と身体が反応するようにある意味身体を騙すことが必要だそうです。

その為には、

・種目自体を変えてしまう。

・種目は同じでも順番を変えてしまう。

・セット数、レップ数に変化を付ける。

・時にはレストポーズ、Xレップを取り入れる。

ということが必要になります。

また同じベンチプレスでも、ミッドレンジ重視でやったり、

コントラクト重視でやったりと、種目中での変化も付けます。

4.プログラム自体の変更時期の目安

これはその時々で違いますが、例えば3ヶ月同じ種目でやって、

次は種目を入れ替えたり、セット数やレップ数を替えたりします。

中には毎回違うトレーニングをする人もいます。

ただ、この方法は進歩してるのか、停滞してるのかが掴みにくい、

そこが難点です。

5.まとめ

トレーニングに変化を付けることで、身体を騙し続ける、

それが筋肥大にも有効な方法のひとつです。

種目も教科書的なものから、見たことない種目まで、

いろいろと工夫し、変化を付けてトレーニングを継続していく、

ということをやってみてはいかがでしょう。

 

 

 

関連記事

    None Found


   width=

 

 -筋トレ

  関連記事

no image

筋肉が付きにくいと諦める前にやるべきこと

同じ時期に同じように筋トレを始めても、 同じだけの筋肉は付かないのは常識です。 発達しやすい人としに

no image

筋トレ 粘りを付けるのに効果的な種目

昨日は集中について書いてみましたが、 今日はトレーニングの粘りを付ける為に、 効果的な種目についてと

私がお勧めする 筋トレで効果を上げるフォーム、動かし方を身につける方法

出典:https://www.bing.com/images/search?view=detailV

no image

効かせるトレーニングで筋トレの効果を最大限にする

このブログを書き始めた時から、 ずっと私が勧めているのは、 効かせるトレーニングだ。 ウェイトトレー

no image

筋トレは見よう見まねでは結果が出にくい

比較的簡単に開始できるのは、 筋トレのメリットですが、 そんなに簡単に筋肉は付きません。 ましてや見

no image

仕事の都合でジムに行けない時は

日頃仕事を持ちながら、ジムへ行って、 目標の身体に近づける為に日々努力している、 という方がほとんど

no image

筋トレではバリエーションを増やすことが重要です。

これはどの雑誌でも書いてあることですが、 筋トレはバリエーションを増やすことは重要です。 ではバリエ

ダンベルの握り方に変化を付けて筋トレの刺激を変える方法

出典:https://www.dailymail.co.uk/news/article-671120

凄い身体を作ったトレーナーが実践中!筋肉に効かせる為に重要な4つのポイント

出典:http://cairogyms.com/is-physique-becoming-the-n

no image

最近 ボディビル雑誌を読んでない理由

  以前はボディビル、フィットネス関連の雑誌を毎月購読していたが、 最近は全く読んでないし


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ