私流 デカく見えるアメ車 考察

   

アメ車といえば、デカいというイメージがある。

でも最近のアメ車はサイズダウンが進んで本来の

アメ車が持つおおらかなイメージから離れてる車も。

私が乗りたいアメリカ車にはルールがあって、

エンジンの馬力や性能とかは全く興味がないし、

そりゃあ、パワーはあればいいと思うけど、

別に非力でも構わない。

それより大事なのはサイズとエンジンがV8ということだけだ。

スポンサーリンク

今所有してるハマーH2も全長は短い方だけど、全幅は

2100ある。

実際のカタログデータ上は全幅2060だ。

これはオーバーフェンダーまで入れた総幅を差してる。

正規ディーラー車は全幅2160とかになってるけど、

あれはサイドステップまで入れた総幅を差してる。

だから単にカタログデータだけでデカいと判断できない。

 

私にとってアメリカ車とは、幅が2mあって、エンジンが

V8であればいい。

昔乗ってた車でシボレーサバーバンという車があった。

92年型だった。

この車の全幅は1948ミリ。

1024px-chevrolet_suburban_gmt400

1948ミリでも国産車に比べたらデカいけど。

因みに旧型のサバーバンなら2030ミリ~2050ミリ。

 

200px-gmc-suburban

そう、既に90ミリから100ミリの差がある。

デカいからそんな10㎝足らずなんて一緒じゃないの?

という声も聞こえそうだけど。

実際10㎝の差はかなり違うし、迫力も違う。

だからどうしても2000オーバーという全幅に

こだわってしまう。

実際この10㎝の幅の差が、都心部に乗りいれた際に

駐車しやすさに大きく影響するんだけど。

それともう一つはルーフの幅の違いも見た目に影響がある。

例えば、ダッジラムピックアップ。

dodge-ram-pickup-(5)

見るからに迫力あるデザインで、実際デカい。

全幅も2000を超えてるんだけど。

街ですれ違う時、そう大きく見えないのだ。

何でだろう?

と当時は思ってたんだけど、理由はルーフの幅だった。

そう、この車はルーフの幅がかなり狭いのだ。

だから正面から見た時に意外に小さく見えるのだ。

変わってハマーはどうか。

ハマーはルーフの幅も広いから、見た目以上に

大きく見える。

人間でも同じだろう。

肩幅が広い人はより身体が大きく見える。

なで肩の人はあまり大きく見えない。

それと似たようなイメージだと思う。

個人的にサイズがあって迫力あるなあ、

と思うのが91年型までのシボレーK5ブレイザー。

城南ジーププチさんのHPより↓

p1060769

やっぱりこれが一番迫力あるかな、と個人的に思ってます。

ハマーに飽きてきたら、最後はこれしかないな、と。

実は過去に84年型フォードブロンコに乗ってたけど、

これはこれで迫力あった。

1af3285436289bf46ef34bed41777a92

ほんと、こんな感じでした、6インチリフトアップに

38インチのディックシーペックを履いてましたね。

でもね、歴代フォードの車は顔が優しい目というか、

シボレー程のワル顔ではないなあと思うんですよ。

だから次はK5ブレイザーがいいなあと思ってます。

年齢的なことを考えると極端なリフトアップは嫌なんで、

3インチリフトアップに33インチのタイヤくらいがいいなと。

 

 

関連記事

    None Found


  5mail"

 

 -アメリカ車