筋トレやボディビルという趣味について 

   

最近は有名人や芸能人が筋トレにはまる、

という話題が多くなってる。

私ら筋トレ愛好家としては非常に喜ばしいことだけど、

こうした有名人は間違いなくプロの指導を

仰いで結果を出していくとか、インスタグラムで紹介とか

やってる。

一般人がそんなプロを雇ったり、高額なパーソナルジムに

通ったりは現実的とはいえない。

今の人達は何でもネットで簡単に情報を得られるので便利だけど、

私の頃はそんなに簡単じゃなかったなあ。

自分が筋トレをやりだした、そして知識を吸収したきっかけは

何だったか、思い出してみよう。

スポンサーリンク

最初は器具無しでのトレーニングだった

筋トレに興味を持ったのは中学生のころだった。

当時映画でみたブルースリーに憧れた。

何もわからずにまずは腕立て伏せから始めた記憶がある。

で、当時プロレスが流行ってて、外人レスラーが背中に

ビールケースを背中に乗せて、ビンの数を調節しながら

強くなると徐々に本数を増やした、

というのを雑誌で読んで、早速マネしてた。

高校生の時初めてバーベルセットを購入した

高校生になっても熱は納まらず、1年生の夏休みにアルバイトして、

そのお金で初めてバーベルセットを購入した。

45キロのセットで、バーベルシャフト、ダンベルシャフト、プレート、

フラットベンチ(バーベルラック付)が付いてた。

それと小冊子が付いてて、その小冊子にボディビルについて書いてあった。

基本的なトレーニング法を図解で書いてあっただけだが、

その小冊子を見ながら見よう見まねでトレーニングを始めたのだ。

そして強くなるにつれて徐々にプレートも買い足していった。

最終的に80キロくらいまで増やせたけど、

自宅でのトレーニングではそれくらいが限界だった。

社会人になって初めてボディビルジムに入会

学生時代は自宅トレで我慢してたけど、社会人になって配属された

現場の近くにボディビルジムがあったので、早速入会した。

最初にいろいろと教わって、頑張ってトレーニングした。

でも1年ほどで現場の配属先が変わり、通えなくなって止めた。

それからはまた、自宅でのトレーニングになった。

満足いく設備もないので大したトレーニングはできなかった。

そのうち、他の趣味に走ってしまい、筋トレは3の次に。

でも一通りの遊びが終わり、やっぱりそれでも筋トレは継続してた。

やはり本当に好きなことは続けるものなんだなあ、と思った。

今度はボディビル雑誌を購読して、また本格的に筋トレを始めた。

ただし、ホームジムだったけど。

2回目の転機は結婚だった。

結婚してから再びジム通いが始まる

結婚を機に、新しい配属先が少し遠方になり、その沿線にジムがあった。

またジム通いが始まった。暫くは我流で筋トレが続いた。

次に配属先が変わった時、現場にいた職人がワールドジムのTシャツを

着て仕事していた。

見るからにデカく、腕や肩もデカかったので、思わず話しかけた。

すると、ボディビルはやってないけど、ウェイトトレーニングしてる、

と言われた。

えっ?

ウェイトトレはボディビルやんか、と思ったけど、どうも違うみたいで、

その時初めてボディビルとは競技、大会に出る人のことで、

スポーツ補強としてやってるのはウェイトトレーニングだ、と知った。

そして自宅から少し離れたところにジムを経営してる知り合いがいて、

凄い身体をしてるから、いくなら場所を教えてやるよ、と言われた。

そして、そこへ入会した。

初めて指導者に教わり、筋トレの知識が拡がる

入会して6~7年は特に指導もなく、自由にトレーニングしてた。

でも7年後くらいにオーナーがパーソナルトレを始める、

と告知があったので、すぐに1年契約で指導を仰いだ。

結局2年指導してもらって、身体も変化したし、

知識も増えた。

それから更に違うトレーナーの所まで伺って指導を仰いだ。

そうやって長い年月を経て知識が増えてきた。

それに比べると今はネットである程度の知識は吸収可能で、

ほんとにうらやましいな、と思う。

でも沢山の情報の中で本当に重要なことを得るのは困難。

現代はそれが逆に問題なのかも。

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

    None Found


   width=

 

 -筋トレ つぶやき

  関連記事

no image

肩や関節の痛みが出ない筋トレを継続する

既に1年以上、今のトレーニング法を続けている。 新トレーニング法に切り替える当初はあちこち痛めてた。

no image

筋トレ 基本は1セットで破壊させること

かつては私も何セットも筋トレして、やった気になっていたけど、 今はそれほどセット数をやらないことが多

no image

知らぬ間に楽な軌道になる筋トレ 苦しみから逃げない為に

普通に筋トレをやってるととても楽にできる。 重さにこだわってやってると重さを扱うこと自体はそらあ し

no image

デカくなる奴と同じことをしても結果が出るとは限らない

久しぶりに書くような・・・ 自分のトレーニングは順調なんですけど、見合った効果を 得られるかが大事な

no image

筋トレでバーの握り方に変化を付けて効果を引き出す

以前にもバーの握り方について書いたことがあったけど、 今回も補足も含めて握るということについて書いて

no image

筋トレの効果が確認出来る目安とは

私も含めて筋トレ愛好家は、日々トレーニングに 励み、食事と休養を取って大きくなろうと努力 している。

no image

筋トレで真剣に身体を変えたいならトレーナーを付ける

プロビルダーは薬を使ってる。 だからあんな凄い身体になってるだけで、 薬を抜けばしぼんでしまう張りぼ

no image

筋トレ 上げ下げ疲労か、効いた疲労か

筋トレを始めた頃は誰にも教わることなく、 見よう見まねでトレーニングを開始した。 でも今は沢山の動画

no image

リッチピアーナの動画を観た感想

以前このブログでも一度書いたけど、アメリカの元ビルダー、 リッチピアーナの動画をずっと観てきた。 &

no image

遠方でパーソナルトレを受ける弊害

私自身、過去に何度かパーソナルトレを 受けてきているけど、遠かったのは東京。 こちら関西からだと時間


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ つぶやき