筋トレ バーを 握る そのバリエーション

      2015/10/30

普段 脚のトレーニング以外は全ての部位において、

バーやハンドルを握らないとトレーニングはできないですね。

も単に握ればいい、という単純な物ではない場合もあります。

は部位ごとに気を付けたい 握り方 について書いてみます。

スポンサーリンク

目次


 

1.プッシュ系での握り方

2.プル系での握り方

3.プッシュ、プル系両方に使える握り方

4.まとめ


たかが握り方ですが、その違いについて知ってても損はないかと。

1.プッシュ系での握り方

胸や肩、腕のプレス系については普通はサムアラウンドグリップでしっかり握ります。

筋トレ知識倉庫さんより引用↓

http://kintore-diet.info/kintore-basics-knowledge/%E7%AD%8B%E3%83%88%E3%83%AC%E3%81%AE%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%AE%E6%8F%A1%E3%82%8A%E6%96%B9.html

この握り方は確かに一番安定してるうえ、力も発揮しやすいといえます。

2.プル系での握り方

これは背中全般でよくやる握り方ですね。

同じく、筋トレ知識倉庫さんより引用↓

http://kintore-diet.info/kintore-basics-knowledge/%e7%ad%8b%e3%83%88%e3%83%ac%e3%81%ae%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%97%e3%81%ae%e6%8f%a1%e3%82%8a%e6%96%b9.html/2

説明にもあるように、サムレスだと腕や前腕の力が入りにくく、

背中に効きやすいといえます。

3.プッシュ、プル系両方に使える握り方

さて、ここからが本題ですが、プレス系においても、

サムアラウンドグリップでプレス系をやるバージョンをお勧めします。

プロビルダーのトレーニングを見ていると、ベンチプレスでも、

このサムアラウンドでやってます。確かに高重量になると怖いですが、

この握り方は前腕の力、肘筋等が加わらないので胸により負荷がかかります。

もしフリーウェイトが怖いなら、スミスマシーンでやってみてください。

また、単に親指を外すだけでなく、バーを掌底側に載せて、握りこまずにやってみると、

更に前腕の力は加わらずに胸筋に負荷を載せやすくなります。

それと、肩のプレス系、背中のトレでは、サムアラウンド+人差し指を外して、

やってみてください。これは二頭のバーベルカールでも利用できます。

こうすることで、更に前腕の力も入らないので、よりターゲット部位に効きます。

4.まとめ

さて、握り方について説明しましたが、いかがでしたか。

筋トレをするには、目的部位に如何に負荷を載せて刺激するか、ですから、

こうしたテクニックを使ってバリエーションとして追い込んでみてはどうでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事


   width=

 

 -筋トレ

  関連記事

no image

仕事の都合でジムに行けない時は

日頃仕事を持ちながら、ジムへ行って、 目標の身体に近づける為に日々努力している、 という方がほとんど

no image

筋トレによる筋肥大を妨げない有酸素運動の方法

私は現在は有酸素運動は取り入れてない。 でも以前は取り入れていた。 よく有酸素をやり過ぎると筋肥大に

no image

筋トレは見よう見まねでは結果が出にくい

比較的簡単に開始できるのは、 筋トレのメリットですが、 そんなに簡単に筋肉は付きません。 ましてや見

no image

効かせるトレーニングで筋トレの効果を最大限にする

このブログを書き始めた時から、 ずっと私が勧めているのは、 効かせるトレーニングだ。 ウェイトトレー

no image

筋トレで最初に師事したパーソナルトレーナー

私は今までに3人のパーソナル トレーナーに教わってきたことは 以前の記事でも書いたとおり。 現在は長

no image

筋トレ 粘りを付けるのに効果的な種目

昨日は集中について書いてみましたが、 今日はトレーニングの粘りを付ける為に、 効果的な種目についてと

no image

最近 ボディビル雑誌を読んでない理由

  以前はボディビル、フィットネス関連の雑誌を毎月購読していたが、 最近は全く読んでないし

no image

新年初の筋トレは胸と二頭筋から

昨日はトレーニング初めだった。 1週間程度充電したうえに、 毎日食べまくってたので身体が 重だるい感

no image

急にアクセスが増えた原因は、パーソナルトレーナーの記事でした。

何故か昨日はアクセスが飛躍的に増えた。 今日何が一番読まれてるのかとチェック すると、パーソナルトレ

no image

筋トレ 使用重量増加をすれば即筋肥大ではない

今のパーソナルを受けるようになってから、 益々確信に変わったことがある。 それは使用重量を増やしたか


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ