*

やっと効かせるトレでバリエーションも増えてきた

   

昨日は背中と肩をトレーニングした。

先日長田さんに新たな種目を教わったので早速実践。

今回のパーソナルトレでかなり背中のバリエーションが増えて、

今後のトレーニングも楽しみになってきた。

別に何も考えずにただ種目数を替えたいなら今までの経験で

いくらでも種目数はできるけど、問題はその種目でしっかりと

背中に刺激が与えられているかどうかが重要なんです。

正直無駄なトレーニングになるならやりたくないという。

肩は前回のパーソナルでバリエーションが増えたので、充実してる。

スポンサーリンク

背中の伸展収縮の基本を崩さずトレーニング

まずは背中の基本となる収縮、伸展をしっかりと行って、

刺激を与える。

・チンニング

・ラットプルダウン(ワイドグリップ)

・Vバーグリッププルダウン

・ケーブルベントローイング

どの種目も通常のトレに比べてかなり可動域は狭い。

でもそれこそが背中に負荷が載った状態での伸展収縮だ。

大した重量でもないけど、背中が痛いほどに効く。

元々背中のトレーニングはあまり好きではない。

何というか、いくらやっても見た目変わらんというか・・・

確かに背中の拡がりは欲しいけど、厚みが出たからと言って、

ボディビル大会に出るのでもないから自分で見えないし。

でもバランスよくトレしないと、と仕方なくやってる。

ベントローイングは特に嫌いだ。

キツいし、効き過ぎて痛いしで。

以前のベントローイングでこんな痛みは経験したことが無かったから、

やはり理にかなってるんだと思う。

肩もしっかり負荷を載せて動かす

肩は最近よく効くようになっている。

プレス系もレイズ系もどちらもよく効く。

・バーベルバックプレス

・シーテッドユニダンベルフロントレイズと、

ユニダンベルフロントプレスのコンパウンドセット

・ダンベルサイドレイズ

 

以前は高重量でバックプレスとかよくやってたけど、

正直肩に効いてたのか、と考えると全身で挙げてただけかも。

100キロ扱えても肩に効かないなら意味が無いと今は

思えるようになった。

当時は高重量を扱えるに連れて肩もデカくなってくると信じてた。

でもそれでは無駄が多いんだと今は思える。

沢山の他の筋肉も動員してバックプレスをやれてただけだった。

今は25キロのバックプレスで十分に刺激できる。

そして肩への効きは過去最高になってる。

レイズ系も同じだ。

サイドレイズなんか、最後は痛く効いてしまって泣きそうになる。

でも傍目にはあんな軽いダンベルで効くの?

と思ってるかも。

今は最高でも10キロでやる程度だから。

使用重量よりしっかりと効いてるかどうか

最近つくづく思うのが、使用重量にこだわるのでなくて、

その動きでしっかりと対象筋に効いてるかどうかだ。

思い重量を扱える、確かにそれも重要なファクターだとは思うけど、

ほんとに自分が身体を変えたいなら、対象筋に効いてるかどうかが

より大事だと思う。

そのうえでより高重量が扱えるならなお良しだ。

他人が横で同じ種目を自分より高重量でトレしていたら、

普通は心中穏やかではいられないのは良くわかる。

かつては私もそうだったし。

むしろ腹の中では自分よりはるかに軽い重量でひいひいいって

トレしてたら、

「俺の方が強いな、俺の勝ちやな」

とか思ってた。

今考えるとそれは見当違いも甚だしい意識だった。

結局自分の為にトレしてるんであって、人に力を誇示したいなら、

パワーの大会にでも出たらいいだけだ。

ボディメイキングとしての筋トレは全く内容が違うということに、

もっと早く気付くべきだったと思ってる。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

    None Found


   width=

 

 -筋トレ つぶやき

  関連記事

no image

今受けてるパーソナルトレーニングのメリット、デメリット

このブログでは私が長田さんのパーソナルトレーニングを 受けていることを書いているけど、正直詳しいテク

no image

筋肥大を促すような筋トレを継続していく

筋肉を発達させ、大きくなるために日々筋トレを やってるのに、最初から的外れな筋トレをやってる場合があ

no image

年齢を重ねても続けていける筋トレを

私も若いころは闇雲に高重量に挑戦していた。 とにかく少しでも重いウェイトを扱えるようになりたい、 そ

no image

来週からメニューを組み直して筋トレを再開する

今週は筋トレをずっと休んでる。 先週金曜日のトレーニングが最後で、 骨休めしているけど、さすがにそろ

no image

知らぬ間に楽な軌道になる筋トレ 苦しみから逃げない為に

普通に筋トレをやってるととても楽にできる。 重さにこだわってやってると重さを扱うこと自体はそらあ し

no image

筋トレは筋肉に効くフォームで重量を増やす

私も以前はデカくなりたくてとにかく少しでも 高重量を扱えるようにと無理してトレーニングした。 その結

no image

肩や関節の痛みが出ない筋トレを継続する

既に1年以上、今のトレーニング法を続けている。 新トレーニング法に切り替える当初はあちこち痛めてた。

no image

筋トレ 重量増加=筋力アップ=筋量アップの落とし穴

何度も書いてきたことだけど、昔は重量にこだわってた。 使用重量アップ=筋力アップ=筋量アップ と信じ

no image

筋トレでの追い込み、なかなかできない理由

自分で日々筋トレをやっていると、どうしても 甘くなってしまうということはないだろうか。 私の場合はか

no image

筋トレで引き出しを増やしていくのは重要

筋トレも経験が長くなればなるほど、 マンネリ化してくるケースが多々ある。 私自身もそうで、どうしても


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ つぶやき