高断熱の輸入住宅には最悪な季節

      2019/10/21

輸入住宅にとって嫌な季節が来た。

高断熱住宅といわれるけど、初夏と秋口は

最悪だ。

とにかく微妙に暑い。いや、蒸し暑いかも。

日本の住宅なら最新の住宅でも大きなサッシがあり、

ある程度の外気の取り入れも可能。

でも輸入住宅はいまいち通気性が良くない。

窓を開けてもあまり風通しがよくならない。

間取りによっては1階ならまだマシでも、2階はさっぱりとか。

高断熱型なうえ、窓の開口面積が少ないからだ。

スポンサーリンク

上げ下げ窓は特に風通しが悪く感じる。

輸入住宅に良く採用されてるのが上げ下げ窓だ。

マービンより引用↓

double_hung

いわゆるダブルハングという奴です。

正直、気密性には優れているし、見た目にもおしゃれ。

でも風通しをよくするのに窓を開けても、半分だけしか開かないので

それほど風通しはよくない。

私の部屋が1階にあるけど、この時期は室内温度がどんどん上がり、

大体27~28度くらいになる。

それと一度温度が上昇しても普通の住宅だと夜になると下がってくるけど、

気密性がいいのが災いして温度がほとんど下がらない。

結局エアコンを使うのが一番有効なんだろうけど、月々の電気代がまた大変。

我が家の節電方法

私は人一倍暑がりなので、エアコンなしにはとても夜は過ごせない。

大体帰宅するのが午後19時~19時30分くらい。

我が家は夕食前に風呂派、なので先に風呂に入る。

当然この段階まで誰もエアコンを入れてない。

局所エアコンならまだマシだけど、我が家は全館空調なので、

どの部屋も快適な温度設定が可能。

でも当然電気代は跳ね上がるし、電気式ゆえに動力を入れてるから

基本料金も高いのだ。

私が風呂に入る時に初めてエアコンのスイッチをオン。

風呂に入ってから出てくる頃には部屋が涼しくなっている。

そのまま夕食後に、テレビとかみてくつろぐ。

で、寝るのは大体午後22時~22時30分くらい。

そう、我が家は寝るのも早い。

寝るまではエアコンは入れたままで、できるだけ寒いくらい冷やす。

嫁や子供などは寒くて掛け布団を羽織ってるくらいだ。

そしていよいよ寝る時に、エアコンの冷房を送風に切り替える。

そして送風にしたままで床に就く。

これだと充分に部屋の中は冷え切ってるので、送風にしても涼しい。

これで電気代も抑えながら、朝まで快眠できるというわけだ。

でも真夏はそうはいかない。

流石に真夏は夜中も暑いので、夜も弱冷房にして就寝する。

7月から9月上旬まではどうしようもないので諦めてる。

他の輸入住宅所有者の仲間では、局所エアコンを付けた人もいる。

やはり全体の空調に比べると効率がいいのは確かだ。

その代りデザイン面では妥協も必要になってくるけど。

中途半端に暑い時期が一番面倒

今みたいな中途半端な時期が輸入住宅には一番面倒な時期。

本格的な夏になれば、エアコンで冷やした室内がいつまでも涼しく、

快適になるし、それほど温度を下げなくてもよく効く。

今の時期とか秋口は下手すると室内温度が外気温よりかなり高く、

結果暑い、となってしまうので、注意が必要です。

 

 

 

 

 

関連記事

    None Found


  5mail"

 

 -輸入住宅