*

筋トレでよくやる怪我を防ぐには 怪我した時の対処は

   

筋トレの経験年数が長くなればなるほど、

怪我というリスクもついてまわる。誰も怪我はしたく

ないし、毎回毎週順調にトレーニングできるのが理想。

でもたいていは一度や2度、いやそれ以上に怪我したり、

傷めたりしている。

特に肩関節や肘の故障はよく聞く話。

私も今まで何度も肩関節を痛めてしまい、まともに

胸のトレーニングができない時期も経験している。

でもこれには訳があって、間違ったフォームで無理な重量で

トレーニングした結果と、ウォームアップ不足が原因だ。

スポンサーリンク

肩関節は複雑な動きをする場所なのでウォームアップが必須

自分で過去に怪我した時は、やはり無理な動きをした時が多かった。

あとはウォームアップ不足で身体が温まってない状態で本番セットに

挑んだりした時だった。

肩関節の場合は左右共に3回ずつ連続で交互に痛めたことも。

こうなるとまともにプレス系のトレーニングはできなくなる。

でも今まで扱ってた重量を落とすのが嫌で、

無理に同じ重量を使って浅いレンジでやってみたりもしていた。

いくら浅くても痛みは伴うので結局直すまでに時間が掛かってしまった。

こうなる前にトレーニング前には入念にウォームアップすることを

強く勧めたい。

できれば軽く汗がにじむ程度までやれればベストだと思う。

セットの終盤、最後の1レップで怪我をするパターン

これも過去に何度かやってしまったけど、本番セットの最終レップで、

ボトムまで降ろして踏ん張って切り返した時に肩をやってしまった。

このパターンは無理に1レップをやろうとして肩が入ってしまったという

ケース。

ここで気を付けないといけないのが、最初にセットに入る時。

ここで怪我をするセットになるかが決まることが多い。

これは最後の1レップを何が何でも挙げてやろうということで、

フォームを崩してでも挙げようとするこで怪我をするパターンです。

あくまで正しいフォームのままで力を出し切り、

そのフォームで挙がらなくなったらやめる方が怪我を避けるには

得策です。

セットに入る前にフォームを作ったら動かさないこと

プレス系のトレーニングで良く見るのが、既にバーまたはダンベル

を持ってラックアップしたのにそこから身体を動かしてるシーン。

実はこれも怪我をする原因のひとつなんです。

できればラックアップする前に身体をしっかりと固めて、

一旦構えたらそこから不用意に体幹部を微調整しない方がいいです。

これをやってて関節を痛めてしまった人もいますので。

特に高重量になればその危険性は増すので気をつけてください。

アップの段階でフォームをシュミレーションして本番セットでは

フォームを修正しなくて済むように気を付けたいですね。

それでも痛めたらアイシングしましょう。

気を付けていても怪我をしてしまったり痛めてしまうこともあるので、

そんな時は帰ってからアイシングしましょう。

アイスノンをタオルに巻いて患部に当てて、暫く冷やしてちょっと外して

休憩、を3セット~4セットくらい繰り返しましょう。

それとロキソニンを摂りましょう。

ロキソニンもいつも摂ってると麻痺してきて、効果がわからなくなるので、

痛い時、または痛めた時から3日くらい摂ってみます。

そしてそれ以降は摂取を控えます。

そしてしばらくは痛みの出る種目は思い切り軽くして、普段のアップにも

なるかどうか、くらいの重量から高回数でセットを組んで徐々に負荷を

挙げるようにして治しましょう。

 

 

 

 

 

関連記事

    None Found


   width=

 

 -未分類, 筋トレ つぶやき

  関連記事

no image

芸能人のボディビル競技参加に思うこと

私は今までボディビル大会には出たことはない。 だから競技として参加してる選手の方々に対して エラそう

no image

今日から筋トレ始動 そしてトレノートを辞めることに。

長らくお正月休みで身体も休めてたけど、 いい加減動きたくて仕方がないので今年初ジムへ。 正月中も自宅

no image

筋トレでバーの握り方に変化を付けて効果を引き出す

以前にもバーの握り方について書いたことがあったけど、 今回も補足も含めて握るということについて書いて

no image

フィジーカーの動画を見て感心したこと

私のようなおじさん世代にとっては、 筋トレ=ボデイビルという認識しかなかったので、 今の筋トレブーム

no image

筋トレは筋肉に効くフォームで重量を増やす

私も以前はデカくなりたくてとにかく少しでも 高重量を扱えるようにと無理してトレーニングした。 その結

私自身の経験から 年を重ねても怪我せず筋トレを継続する為に注意したいポイント 

出典:https://www.123rf.com/   もう今のトレーニング法に替えてから

no image

交通事故での過失割合 逃げ腰な警察 VOL1

先日の朝、いきなり本社から電話がり、 私の管理する工事現場の下請業者が、 借り上げてる駐車場で当て逃

no image

アメリカ・ベニスビーチの思い出

初めてアメリカ、ベニスビーチを 訪れた時のことは今でもよく覚えている。 もうかれこれ20年近く前にな

no image

筋トレ トレーニング中は自分に集中する。

  みなさんは自分の身体を少しでも変えたい為に、 日々ジムや施設、ホームジムでトレーニング

no image

やっと効かせるトレでバリエーションも増えてきた

昨日は背中と肩をトレーニングした。 先日長田さんに新たな種目を教わったので早速実践。 今回のパーソナ


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -未分類, 筋トレ つぶやき