どうして軽いウェイトで効くのか 今の筋トレ 2

      2016/06/18

昨日の続きです。

昨日は胸、背中、肩について書いてみましたけど、

今日は腕と脚、それと何故効くのかを私なりの

体感した感じから書いてみます。

いろいろ書いても結局は実際に受けてみるに勝るものは

ないんですけど、出せる範囲でイメージを掴んでもらえれば、

と思います。

スポンサーリンク

腕のトレは伸展と収縮を重視

二頭筋、三頭筋ともに、伸展、収縮重視です。

こう書くと、単に伸ばして縮めるだけ、と感じますが、

そう単純ではないです。

まず二頭筋ではボトム、つまり伸展ポジションは完全に

伸ばしきらない位置になります。

バーベルカールなら真下より少し二頭筋を収縮させた位置です。

そこからカールしてきてトップでは二頭筋が最大収縮される

ポジションがトップとなります。

単にカールしてきても二頭筋は収縮しきれてません。

ここで小指側からひねってくるんですけど、この辺りは

実地指導してもらうとすぐに理解できるんです。

これがバーベル、ダンベル、ケーブル等全ての基本になってる

ようです。

因みに私はマスターするのに3度教わりました。

できる人は最初からできるのかもしれませんけど、

日々の実践で忘れていくんですよね。

 

三頭筋は名前の通り3つの頭があるので、それぞれに

違いはあります。

三頭筋は伸展ではかなり伸ばし切りますね。

むしろ普段のトレーニングは伸ばしきれてないような。

そして収縮ですけど、これは二頭筋と逆になるみたいです。

二頭は曲げて収縮ですけど、三頭は伸ばして収縮ですよね。

その伸ばした位置が完全に伸ばしきる位置ではないです。

完全に伸ばすと肘関節がロックされ、負荷は逃げます。

だからあくまで三頭筋にテンションが掛かる位置になります。

例えば代表的な種目としてリバースプッシュアップがありますが、

この種目でのボトムはかなり深くまで降ろし、トップの収縮でも

負荷が逃げないポジションになるのでかなりキツいです。

自重にやがては両足にダンベルを挟んで行うので、長田さんのトレでは

結構高重量トレといえるかも。

 

脚はこれまでの軌道とは全く違う動き

 

まず一番びっくりしたのはスクワット。

これ、普通の、これまで教わったスクワットとは全く違う、

でも理にかなった軌道だと思いました。

私はまだ自重でやってる最中ですが、早くバーベルやダンベルを

持ってできるようになりたいです。

まず通常みたいな背中を反らしてお尻を突き出したスクワットでは

ないです。

一見すると腰を傷めてしまうのでは?

と思えるようなフォームなのです。

でも四頭筋にダイレクトに負荷が載るのでキツい。

財前式って以前流行りましたが、あのフォームに似てるか?

イメージでいえばリンボーダンスに近いか。

あくまで腰から下のイメージですけど。

このやり方は高重量は不要だし、できないと思います。

 

何故軽くても効くのか?

 

私が受けた感じでは、目的の筋肉だけを動かして、

伸展収縮をさせているから、

ということです。

人間は効率よく全身の筋肉を使って楽に動けるように

できています。

それを効率悪く一つの筋肉だけに負荷が掛かるように動かしてる、

という感じです。

だから軽いウェイトでしかできない、となるようです。

でもいつまでも軽いウェイトで効かせましょう、ではなくて、

どんどん負荷を増やしていくんです。

もちろんそんなにバンバンウェイトが増えていくわけではなくて、

あくまで負荷が載る、効いてるフォームで負荷を増やすんです。

だから最初に教わった時の使用重量からは当然進歩するにつれて

増えていってます。

でも知らぬ間にフォームが崩れて挙げやすいフォームになってたり、

ボトムやトップで負荷を逃がしてたりするので矯正されると、

途端に重量が落ちてしまいます。

でもそれでいいわけです。

そこから正しいフォームで使用重量を増やしていくことで、

筋肥大を促すということです。

 

2回に分けて私なりに感じたことを書いてみましたが、

多少でもイメージが掴めてもらえれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

    None Found


  5mail"

 

 -パーソナルトレのこと

  関連記事

no image

怪我のない、疲労感の少ない筋トレ

鳥取の長田さんのトレーニング法に変えてから、 1年に近づいてきているけど、まだそんなに沢山 受講して

no image

パーソナルトレーニングを受けて効果を出す為のポイントは

先日久しぶりにパーソナルトレを受けた。 今回は新たな部位である脚と、 前回までの復習を行ってきた。

no image

筋トレで結果出すにはサプリメントの前にまずトレーニング内容改善

筋トレを始めたころ、より効果を高めるにはサプリメントが 必要だと思い込んでずいぶんお金を使ってきた。

no image

正しい筋トレをやれば必ず身体は変わってくる。

普段、トレーニングについて考えてるだろうか。 いつも何となくジムに行って、いつも通りのルーティンをこ

良いパーソナルトレーナーを見分ける。筋トレマニアの私流のポイント

出典:https://abdallaalhosany.com/2015/06/10/building

no image

久しぶりにパーソナルトレーニングを受講

久しぶりにパーソナルトレーニングを受けてきた。 今回は自分のウィークポイントである腕と、 大好きな部

no image

年々進化するパーソナルトレーニング

一昨年から毎年長田さんのパーソナルトレを受けて るけど、既に一昨年に受けたトレーニングフォームは 今

no image

胸のトレーニング、また進化と変化を獲得

もうこのブログで何度も長田さんのパーソナルトレを 受けていることは紹介してるけど、やはりある意味自分

no image

怪我してるときこそ、経験してほしいトレーニング法

パーソナルトレーニングの指導者を替えてから、 既に1年を越えた。 新しいトレーニング法にガラッと変え

no image

久しぶりにパーソナルトレを受けてきて

前からだいぶん日が空いてしまったけど、 先日久しぶりに長田さんの所までパーソナルを 受けに行ってきた


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -パーソナルトレのこと