*

筋トレは筋肉に効くフォームで重量を増やす

   

私も以前はデカくなりたくてとにかく少しでも

高重量を扱えるようにと無理してトレーニングした。

その結果は、関節や腱の故障を連発して、その度に

また使用重量を落とす、という繰り返しだった。

その結果はただ時間だけが過ぎただけとなってしまった。

今思うのは、筋肉に効くフォームで使用重量が増えていく、

というトレーニングが一番いいということだ。

そのやり方は学んでもいいし、独学でもいいのだ。

スポンサーリンク

毎日、または毎週決まった曜日にトレーニングに行く。

そして毎回決まったトレーニングを行う。

それでどんどん発達しているなら結構なことだけど、

実際はそうはいかないことがほとんど。

ただ軽くするのでなく、いずれは重量を増やしていく

ターゲットとなる部位に負荷が載ってるかどうか、あるいは

効くポイントを探る、フォームをチェックするのは大事だ。

その為には今まで扱ってた重量を落として、効かせ方を探る

方がわかりやすい。

いつも扱う重量では挙げることに集中してしまい、コントロール

するには重すぎるから。

でもそこで軌道やフォームをチェックして効かせるポイントがわかっても、

そのまま軽い重量でいつまでもやっててはダメだ。

いずれは学んだ、掴んだトレフォームで重量を上げていく必要がある。

ただ軽い重量で、おお、効いたあ、

といつまでもやってては進歩はない。

その効くフォームで今度は強度を上げていかねば意味がない。

長田さんのトレは決して軽重量でやるわけではない

私も最初は誤解してたけど、長田さんのトレーニング法は決して

軽い重量でトレーニングしろというのではない。

あくまで現時点で自分が出来る重量でやる、ということだ。

つまりもっと高重量でやれるなら、やったらいいのだ。

ベンチプレスにしても、120キロでトレーニングできるなら

やればいい。

但し、あくまで胸に載るフォームでやるというだけのことだ。

重量が上がっていく中で時にはチェックが必要

毎回トレーニングするたびに使用重量やレップ数が伸びるのは

うれしいものだし、励みにもなる。

でも時には自分のフォームを確認する必要がある。

それは、挙げることがうまくなってるだけ、ということがあるから。

最初はしっかりと目的の部位に効いてるフォームだったのに、

いつの間にか挙げることにだけ意識がいってしまい、

フォームが崩れていたり、負荷を抜く動きになってたりする。

これは人間としては仕方ないことで、どうしても効率良く楽に

運動するように身体が動いてしまうのだ。

私たちが筋トレをやるのは身体を発達させたいからだから、

その場合は苦しくなるように動かないといけないのだ。

楽に高重量をポンポン挙げて、身体が変わらないのは

意味がない。

 

上記に当てはまるな、という方は、

一度自分のトレーニングを見直してみてはどうだろう。

 

 

 

 

 

関連記事

    None Found


   width=

 

 -筋トレ つぶやき

  関連記事

no image

遠方でパーソナルトレを受ける弊害

私自身、過去に何度かパーソナルトレを 受けてきているけど、遠かったのは東京。 こちら関西からだと時間

no image

デカくなる奴と同じことをしても結果が出るとは限らない

久しぶりに書くような・・・ 自分のトレーニングは順調なんですけど、見合った効果を 得られるかが大事な

no image

精神面を鍛えて筋トレの効果を上げる

このブログでも今まで何度か書いてきたことに、 筋トレにおける精神面、メンタル面の強化がある。 この精

no image

筋トレの頻度と時間、セット数とレップ数の変遷

みんなは筋トレをどれくらいの時間を掛けてやってるだろうか。 やればやるだけいい、なんて思ってやってる

私が実践している筋トレで下がったモチベーションを上げる4つの方法

出典:https://www.muscleandfitness.com/   私もそうです

no image

如何に短時間で筋トレで効果を上げるか

以前は2時間くらいトレーニングしてたこともあった。 でも今は凄く早く終わるようになってきてる。 だい

no image

フィジーカーの動画を見て感心したこと

私のようなおじさん世代にとっては、 筋トレ=ボデイビルという認識しかなかったので、 今の筋トレブーム

no image

やっと効かせるトレでバリエーションも増えてきた

昨日は背中と肩をトレーニングした。 先日長田さんに新たな種目を教わったので早速実践。 今回のパーソナ

no image

筋トレで真剣に身体を変えたいならトレーナーを付ける

プロビルダーは薬を使ってる。 だからあんな凄い身体になってるだけで、 薬を抜けばしぼんでしまう張りぼ

no image

胸の筋トレ 何故ベンチプレスから始めるの?

どこのジムに行ってもベンチプレスは大人気だ。 そして胸のトレーニングといえば、まず最初にベンチから


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ つぶやき