趣味の筋トレ 独り言

      2016/03/12

私にとって筋トレは趣味だけど、

時にはやりたくないなあ、って時もある。

いつもいつもやる気満々というわけではない。

どうにもモチベーションが下がってしまう時も。

どうにも体調がすぐれない時もあるし、

何となくやる気がない時もある。

スポンサーリンク

一番やる気が下がるのは、結果が出ない時。

前回よりレップ数が下がったりしたら、

凄く落ち込んでしまう。

短期的には毎回レップ数が少しでも増えていて、

登り調子の時はやる気も続くけど、

今日は前回と同じ回数、次回は1レップ増えた、

でもその次はまた元に戻ってしまった、

となると途端に気持ちが沈んでいく。

レップ数の増加や使用重量の増加は、

モチベーションアップには効果的だ。

今日より次回、少しでも成長する、進歩する、

これこそ筋トレの醍醐味だから。

そして長期的には体重が増えてくるとか、

各部のサイズが増えてくるのがモチベーションアップ

になる。

でもそれは始めた当初は顕著でも、経験が長くなる

に連れて段々と鈍化してきて、

ある時期からは全く進歩しなくなることもある。

そしてこれが長く続くことが多い。

俺には素質がないのか、

もうこれ以上は大きくなることは無理なのか。

思い悩む日々が続く。

でもごくまれに、長いスランプを脱して

成長する人もいる。

私の知人の例では、

腕のサイズが41.5センチでずっと停滞してる

人がいた。

少なくとも一緒のジムでトレしてる2年ほどは、

全くサイズも変化がないといってた。

でも3年以上経ったある日、その彼から電話があった。

近況報告とかした後で、彼はサイズが増えたと言った。

腕のサイズは何と46センチまで増えたと。

同じトレーニングしてる者としては、

急に変化した理由が気になり、聞いてみた。

 

すると彼は、トレーニング法自体を見直したという。

これまでの高重量でのトレーニングだけでなく、

様々なやり方で追い込むトレーニングを取り入れたら、

どんどん大きくなってきたと。

食事については特にこれまでと変わったことはないという。

詳しいトレーニング法については彼がジムオーナーであり、

当時私も他のジムでパーソナルトレを受けていたので、

教えてもらう機会は無かった。

でもこのことからも、やはりトレーニングは重要だと

言える。

トレーニング法で如何に目的の筋肉に刺激を与えて、

更なる進化を引き出すかが重要なんだと思った。

栄養も、サプリメントももちろん大事だけど、

一番はトレーニングなんだと。

だから筋トレは続ける限り勉強だと思ってる。

いくらテクニックや知識を得ても、

それでうまく追い込んで刺激にしないと

意味がない。

今はそのことも踏まえてトレしてる。

 

関連記事

    None Found


  5mail"

 

 -筋トレ つぶやき