ハマーH2のカーセキュリティー修理 経過

   

先日カーセキュリティーの調子がおかしく

なり、専門店にドック入りした我がハマーH2。

以前エアコン関連の修理の際に、電装系をさわり、

その時にセキュリティーの配線が断線でもしたのか、

くらいに簡単に考えていたけど、

昨日ショップからあった電話で凍りついた。

スポンサーリンク

今回の症状と点検で発覚した問題

まず今回の症状を整理しると、

・カーセキュリティーgrgoをインストールしてる

・修理後、アームしてもドアロックしなくなった

・アームしてもリモコンに半ドア検知が出る

というものだった。

私は配線が断線してる?程度に考えてた。

でも預けたショップから昨日夕方に電話があった。

話はこうだ。

・パソコン接続により確認すると、セキュリティー

 の信号が飛んでしまってる部分がある。

・ドアロックはできるように復旧した。

・ボンネットセンサが反応しない。

・警報が発砲しない。

という症状だった。

原因はバレーモードに入れなかったこと

ショップがいうには、

セキュリティー本体の基板が損傷しているかも

ということだった。

私は、何故そんなことになるのか聞いた。

ショップは、

「修理に出す際や、バッテリー交換の際は

バレーモードにしないといけないんですよ。

いわば電源入れたままの電動器具をコンセント

を強制的に抜いて、また差すようなものです。

故障の原因になるんです。

最初に説明したはずなんですが」

ということだった。

いや、確かにバレーモードについては知ってる。

この機能は、一時的にセキュリティーを停止する

機能で、この状態ではアームしてもドアロック

だけするのだ。

ユピテルのサイトより↓

https://www.yupiteru.co.jp/products/security/grgo/grgo-v1/

操作方法の下部に書いてありますね。

こんな説明、覚えてないですよ。

というか、バッテリー交換はどうすればいいか、

引き渡し時に聞いたら、

そのままで大丈夫だ、と言ってたんですよね。

言った、言わないの水掛け論になるんで、

今更どうしようもないですが。

つまりバレーモードにしなかった為に、

セキュリティーは強制的に電源をオフにされ、

またオンになってしまったので基板が故障した

可能性がある、ということです。

今後の対応

今後の対応としては、

・基板を新品に交換する

・基板をメーカーに送り修理する

・ショップで対処してみる

の3つしかないようです・

話し合った結果、ショップで対処する、

で引き続き点検してもらうことに。

これで無事に修理できればいいんですけど、

基板交換となれば結構な費用が掛かります。

どうなる、私のハマー・・・

結果は後日

 

 

 

 

 

 

関連記事


  5mail"

 

 -アメリカ車