*

腕のトレーニングで仲良し会員さんが

   

今日は腕と僧帽筋をトレーニングした。

腕は三頭筋と二頭筋をやる。

三頭筋はナローグリップベンチプレスから。

この種目も長田さんに教わった方法なら、

そんなに高重量は必要ない。

というか、できない。

別に私は軽い重量でやりたいわけじゃない。

はっきりいえば、人目を惹きたい、

又は自己満足に浸りたいなら高重量が

最適だろう。

スポンサーリンク

見た目にも20キロプレートを沢山付けて、

トレーニングする姿はカッコ悪いとは

思わないし、尊敬に値する。

それは誰もが憧れるビジュアルだからだ。

はっきりいって軽い重量では誰も

そのトレーニングを観ようとしない。

人はいつも強いものに憧れるから。

でもその重量に見合う身体でなかったら?

確かに高重量を扱うことそのものには、

誰でも憧れるけど、

身体が人並みなら憧れないだろう。

やはり重量に見合ういい身体が理想だ。

でも私は身体を変化させ、発達させたい。

毎年同じ身体であることは嫌だ。

幾らかでも変化が欲しい。

その為にトレーニングしてるんだから。

だから求めたいのは結果だ。

その結果を出す為に、高重量で変化しない

トレーニングフォームよりも、

軽い重量になってしまっても変化が期待

出来るような効きのよいフォームで

トレーニングする方が効率的だと考えた。

だから今は必至で長田さんに教わった

トレーニングを実践している。

その結果使用重量も著しく落ちた、

というだけのことだ。

さて、ナローベンチをやってから、

ダンベルエリアに移動し、

ダンベルライイングエクステンション、

それからリバースプッシュアップと

ナロープッシュアップのスーパー

セットで三頭は終了し、

二頭筋を始めた。

まずバーベルカールを行い、

次にシーテッドダンベルカール、

最後にダンベルライイングカール。

バーベルカールの途中で仲良し会員

さんが隣のベンチでトレーニング。

私のトレーニングを見ている。

そらそうだ、今までよりもずっと

軽いダンベルやバーベルでカールを

やってる私を、訝しそうに見ていた。

バーベルカールは21キロからスタート、

最後は16.5キロでやっとこさ。

ダンベルカールも8キロでひいひいだ。

それが不思議でならないんだろう。

でもあえて何も聞いてこなかったし、

私も何も言わなかった。

それでいい。

ジムは社交場ではないんだから。

でも凄く気になっていたようだった。

こんな軽い重量で苦しそうにトレしてるから、

何やってんだろう、と思ったに相違ない。

自分に効けばいいので、それでいい。

でも興味を持ってくれて、

もし何か聞いてくるようなことがあれば、

指導してもらってることを話したい。

でも絶対に教えない。

それなりに費用を掛けて教わってるから、

そこは当然のことだ。

それが自分に投資するということだから。

 

関連記事

    None Found

SPONSORED LINK

 -筋トレ

  関連記事

no image

休み時間を与えない筋トレで、筋肉を苛める

筋トレを始めた頃とは違って、ある程度の経験者 になってくると、どうしても壁という物にぶち当たる。 そ

no image

筋トレのプレス系でコントラクト重視で効かせる方法

昨日はメニューの組み方について書いてみたが、 今日は昨日のブログにも少し触っただけの、 プレス系のコ

no image

昨日は脚と腕と僧帽筋のトレでした。

  昨日はあいにくの雨模様で、けだるいなあと思いつつ、ジムへ。 脚と腕と僧帽をトレしました

no image

昨日は胸と腕のトレでした。

  胸はインクラインバーベルプレスから。 次にペックデッキフライを4セット。 最後はベンチ

no image

最初からハーフレンジでは刺激も小さい

昨日は背中と肩をトレーニングにジムへ。 早速チンニングからスタートして、 順番に背中を攻めて、肩へ。

no image

筋トレで多い肩の故障と対策

実は私自身が肩に故障を抱えてトレーニングしている。 正確には左肩の腱板損傷である。 それは何年もトレ

no image

筋トレ トレーニング中は自分に集中する。

  みなさんは自分の身体を少しでも変えたい為に、 日々ジムや施設、ホームジムでトレーニング

no image

筋トレの効く、という状態を知る方法

これまでも散々効かせるということについて 書いてきている。 でもこれは経験していない人にはわかりにく

no image

二頭のトレ カールはEZ派?ストレートバー派?

  上腕二頭筋のトレーニングといえば、カールだ。 オーソドックスなのはバーベルカールだろう

no image

筋トレ 弱点部位は頻度を上げた方がいい?

  以前からずっと疑問だったのが、頻度。 私のジムには元競輪選手がいるが、 異様に凄い脚を


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ