輸入住宅とはいえ、流石に寒くなってきた室内

   

とうとう冬がやってきたな、と感じる。

外は木枯らしが吹いて寒い日々が続く。

とはいえ、今はまだ温かい日が多いが。

以前、輸入住宅は春と秋が暑い、と書いたが、

さて、本格的な冬を迎えて、室内は

どんな感じか、これから輸入住宅を建てよう、

と考えている人には参考にどうぞ。

スポンサーリンク

目 次


1.真冬での室内温度は

2.暖炉を炊けばもっと暖かい

3.我が家の暖房の使い方

4.まとめ


1.真冬での室内温度は

最近、12月下旬での室内温度は、

大体12度~15度くらいだろうか。

これは朝とか、夕方の時間帯でのことだ。

勿論、日中は暖房は入れていない状態だ。

最近は国産住宅も高断熱なので、

あまり変わらないのかもしれないが、

昔私が住んでいた実家などは、

それはそれは寒かったのだ。

暖房を入れた部屋は当然暖かいが、

廊下や便所、洗面所、他の暖房を

入れてない部屋なんて寒いのなんの。

外気温とそれほど大差なかったような。

それに比べると、今住んでる家は、

とても暖かいのだ。

関西地方では一番寒い時期で、

-2度とかくらいだが、その時期の

早朝に温度計を見ると、10度である。

つまり外気温よりは常に10~12度は

高いのである。

これは暖房器具を使用していない状態で、

である。

だから部屋中どこにいてもあまり温度差はない。

2.暖炉を炊けばもっと暖かい

我が家には薪暖炉を設置している。

はっきりいって薪暖炉はそれほど暖かくないのだが、

それでも暖炉の前からは温まった熱気が入るので、

かなり気持ちがいい。

薪暖炉より薪ストーブの方が断然暖かいが、

我が家の雰囲気はストーブは似合わないので

薪暖炉だ。

暖房と薪暖炉で更に暖かくなる。

3.我が家の暖房の使い方

我が家は全館空調を導入している。

よくホテルにあるような空調で、

どの部屋にも吹き出し口があって、

部屋全体を一定温度に保つことができる。

でも動力であることで基本料金が

高く、更に冬は少し暖房を使っても、

結構電気代は高くつくので、

我が家では次のような使い方をしている。

(1)日中は暖房器具は使用しない

(2)夕方からは薪暖炉で暖を取る

(3)夕食後(午後8時半頃)から暖房を

  使用する。

(4)就寝前にはタイマーで切るようにする。

こうすると、大体1日に2時間~3時間程度、

暖房を使用することになる。

それでも十分に暖かいのだ。

4.まとめ

薪暖炉は半分趣味みたいなものなので、

あまり参考にはならないかもしれないが、

輸入住宅なら断熱効果が高いので、

一度暖まると冷えにくい特性があるので、

少しの暖房使用で過ごすことも可能だ。

別に輸入住宅にこだわらずとも、

高断熱住宅なら、同じ効果を期待できる。

新築されるなら、私は高断熱の住宅を

お勧めしたい。

 

 

関連記事

    None Found


  5mail"

 

 -輸入住宅