*

筋トレの効果はどれくらいの日数で現れるのか。

   

漠然と筋トレをやっていても、

果たしてそれで効果でてるのかどうか、

何を目安にすればいいのか、

と考えたことはないだろうか。

これまでの経験から、

効果の確認ができる目安と、

どれくらいの期間や日数で確認できるか、

書いてみよう。

スポンサーリンク

目 次


1.まずは使用重量とレップ数の増加から

2.体に変化が出てくる期間や日数はあるのか

3.間違ったフォームで重量が増えると怪我に繋がる

4.まとめ


1.まずは使用重量とレップ数の増加から

何と言ってもわかりやすいのは、

使用重量やレップ数の増加だろう。

例えばベンチプレスを例に取ると、

50キロで10回が精いっぱいとすると、

1セット目 50×11回

2セット目 50×9回

3セット目 50×7回

これで1セット目は11回できたので、

次回は12回を目標に頑張るか、

52.5キロに重量を増やす。

これが毎回アップすれば、

どんどんパワーアップしてきている、

ということになるので、わかりやすい。

2.体に変化が出てくる期間や日数はあるのか

これまでの経験からすると、

やはり身体が変化してくるのは3~4ヶ月が

過ぎてきてから、という感じだった。

もちろんこの間も順調にトレーニングできて、

かつ使用重量やレップ数も増えてきている場合だ。

当然食事も充実させていかないといけない。

毎日の食生活の積み重ねが貴方の身体を作るからだ。

3.間違ったフォームで重量が増えると怪我に繋がる

使用重量が増えてきたり、レップ数が増えてくると、

だんだんとフォームが雑になって来たりする。

要するに挙げることだけを、目標回数をクリアする、

それだけに意識がいってしまい、

例えばボトムが浅くなってきたり、

反動を最初から使って挙げてみたりしてしまう。

それは単に挙げやすいフォームになってきてるだけで、

決して貴方の身体に充分な刺激はいかないのだ。

ジムでもよくこういった状態に陥ってる人を見る。

そのうちフォームも軌道も狂ってきてしまい、

やがては怪我をしてしまう。

それでも今まで扱えた重量にこだわってしまい、

痛いのを無理して続けてしまい、

最終的には腱を断裂したりしてしまうのだ。

だからいつでも正しいフォームを心掛けて、

自分で重量をコントロールしないといけない。

4.まとめ

これは今まで私自身も経験してきたことで、

結果的には怪我を何度も引き起こしてしまい、

アリジゴクみたく使用重量増加ゲームにはまり、

無駄な期間を何度も経験してしまった。

中には生まれつき身体も丈夫な人もいるだろうが、

貴方が行うのは身体作りであり、

人に見せて自慢する為に高重量を持つことではない。

身体作りには時間がかかるので、

正しいフォームで確実に成長するように、

日々のトレーニングをおこなうべきでしょう。

関連記事

    None Found


   width=

 

 -筋トレ

  関連記事

中高年で筋トレを始めた方へ 無理せずに継続できる4つのコツ(方法)

出典https://pikdo.net/p/bicepsandbiceps/175381170885

no image

筋トレの効く、という状態を知る方法

これまでも散々効かせるということについて 書いてきている。 でもこれは経験していない人にはわかりにく

no image

筋トレ トレーニング中は自分に集中する。

  みなさんは自分の身体を少しでも変えたい為に、 日々ジムや施設、ホームジムでトレーニング

no image

最近の筋トレメユー 週の割り振り

最近のウェイトトレーニングメニューは 週に4~5日の変則にしている。 理由は週末に仕事の都合や家庭の

中高年が筋トレを始めて、結果を出す為の5つのポイント

出典:http://www.ordinary-joe-muscle-building.com/bui

no image

筋トレをする時間を確保する大変さ

筋トレや、ボディビルを競技として目指す 場合、どうしても自分自身での物事の比重が 仕事や他の用事より

no image

今朝は腕と僧帽筋のトレでした。

今朝はゆっくりと起き出して、 朝食後に新聞を隅々まで読んで、 自宅から25キロ離れたジムに向かう。

no image

筋トレはしんどい 継続するためには。

義務で筋トレをやってる人は少ないと思うが、 やはり目的があって始める場合がほとんどだ。 筋肉を付けた

ダンベルの握り方に変化を付けて筋トレの刺激を変える方法

出典:https://www.dailymail.co.uk/news/article-671120

no image

筋トレ バーを 握る そのバリエーション

普段 脚のトレーニング以外は全ての部位において、 バーやハンドルを握らないとトレーニングはできないで


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ