大排気量車の自動車税は高すぎる!

      2015/12/12

アメリカ車乗りにとって、

毎年頭が痛いのが自動車税だろう。

最近でこそ3600ccとか、

4000ccまでの大型車も出てきたが、

私みたいなV8エンジンにこだわるオーナー

には無縁の排気量だろう。

そして大排気量の自動車税が高すぎて、

泣く泣く手放すことになった人も多いだろう。

何故こんなにも高いのか?

スポンサーリンク

目 次


1.そもそも何でこんなに高いのか

2.古い車は更に増税

3.本当のエコがわかってないのでは?

4.まとめ


 

1.そもそも何でこんなに高いのか

最近のアメリカ車は排気量も少ない車種が

出てきた。

代表的なのは、大型ピックアップトラックだが、

例えばフォードのF-150シリーズ。

引用

http://www.kurumaerabi.com/car_news/info/87588/

この車は何と2.7LのV6エンジンだ。

しかもV8並みのパワーときた。

自動車税の金額が大きく違ってくる。

これだと51000円で済むのだ。

まあトラックは貨物なので、

実際は貨物車の税額16000円とかだが。

比べて古いアメリカ車は中型セダンでも、

V8エンジンで排気量は5000ccが普通。

そしてこれだと自動車税は88000円だ。

高級車、普及型車に関わらず、である。

これはひとえに、昔の日本の自動車に対する

価値観から税額が設定されているからだ。

つまり大排気量車に乗るような人は、

贅沢だという理屈だ。

昔は日本車は大きくても2000ccとか、

3000ccだった。

それから比べたら5000ccは贅沢だ、

という理屈なのだ。

2.古い車は更に増税

しかも登録してから10年が経過すれば、

更なる増税である。10%上乗せだ。

これが大排気量車になると凄い数字だ。

6000ccまでの車両なら、

88000円→96800円

6000ccを超える車両なら、

111000円→122100円

もうほとんど毎年車検代ですよ。

3.本当のエコがわかってないのでは?

これは国の考え方として、

大排気量車は環境に悪いし、しかも

旧い車はさっさと廃車にして、

エコな車に乗り換えなさい、という

ことだろう。

しかし考えてみてほしい。

旧いからといって廃車にしてしまい、

更なるゴミを増やすことがいいことなのか。

いつまでも古いモノを大事に使って、

手入れして乗り続ける方が、

よほどエコなのではないのか。

ましてや古いアメリカ車なんて、

別に裕福な人間が乗ってるとは限らない。

庶民でもその車が好きだから、

大事に乗っているだけの場合もあるはずだ。

4.まとめ

特に古くなったアメリカ車が、大排気量車だから、

と更なる増税をするのではなく、

いい加減自動車税も贅沢だから、というやり方より、

一律同じ税額にしてしまうとかすればいいのだが。

古いモノを大事にすることを、優遇してほしいなあ、

と常々思っている。

 

 

関連記事


  5mail"

 

 -アメリカ車