筋トレ 使用重量増加をすれば即筋肥大ではない

      2015/11/29

今のパーソナルを受けるようになってから、

益々確信に変わったことがある。

それは使用重量を増やしたからといって、

筋肥大していくわけではない、ということだ。

効かせ方を知ってるかどうかは重要だ。

スポンサーリンク

目 次


1.筋肥大するためのトレーニングの違い

2.ただ使用重量を追っても結果が伴わない

3.まとめ


1.筋肥大するためのトレーニングの違い

既にわかりきったことだが、

筋肥大させるには同化作用を起こす必要がある。

そして、同化作用を起こすためには、

トレーニング方法にも違いがあるのだ。

単なるスポーツの補強としてとか、

ただ重量を挙げれるようになりたい、

という場合は違うやり方になる。

つまり、インターバルもしっかりとり、

できるだけ高重量で、全身の筋肉を動員し、

ウェイトを上げ下げすればいい。

毎回何キロを10回で3セットとかで、

時には違った方法も取るのだが、

セット間のインターバルもしっかりとり、

充分回復させてからセットをこなしていく。

目的がパワーアップだから扱う重量が増えれば、

目的は達するわけだ。

体重制限があるスポーツなら、

食事量も調整すれば体重を増やさずとも、

パワーアップすることも可能だ。

でも目的が筋肥大の場合は違ってくる。

まずはインターバルを詰めること。

インターバルを詰めることで、

体内環境を悪化させて疲労した状態で、

更に追い込んでいく。

こうしたトレーニングで同化作用を促進させる。

また頻度も詰めてやってもいい。

そして食事も考えて摂らねばならない。

以前アメリカのベニスゴールドジムに行った時、

プロビルダーやアマチュアビルダーでも、

デカい人はそんなに重くないウェイトを扱い、

トレーニングしていた。

当時は何であんな軽いウェイトでやってるんだろう?

と不思議に思ったのだが、

彼らは筋肉への効かせ方も体得していて、

そんなヘビーウェイトでなくても、

充分に刺激を与えられていたのだ。

以前あるプロビルダーが雑誌で、

 

「私はベンチプレスでも130キロ以上

は扱わない。

パワーリフターではないんだから、

しっかりと目的の筋肉に負荷を載せて、

効かせて行うんだ。」

と書いてあり、絶対嘘だと思った。

でもそれは真実だった。

彼らはドラッグをやるから軽い重量で

も発達するんだ、

と知ったかぶって発言した人もいたが、

そうではない。

いくらドラッグをやろうが、基本は食事と

正しいトレーニングが必要だ。

単に高重量で上げ下げするだけの単純な

トレーニングだけではプロレベルの身体は

作れない。

だから同化作用を促進させるような、

トレーニングを継続する必要がある。

2.ただ使用重量を追っても結果が伴わない

正しいトレーニング、効かせ方も知らないで、

使用重量だけを追い求めても、

いずれ待っているのは怪我だ。

腱や関節が悲鳴を上げ、耐えられないくなれば

怪我をする。

或いは筋断裂を起こすことになる。

中にはそのようなやり方でも、

デカくなる人もいるだろうが、

そんな人は一握りだ。

同じやるなら効率的なやり方でないと、

遠回りするだけになる。

3.まとめ

筋肥大とパワーアップとは、

トレーニング方法も違ってくる。

でも貴方の目的が筋肥大であるなら、

インターバルを詰めて、目的部位に

しっかりと効かせて、

そんなに高重量でなくても

筋肉が疲労して続けられない、

というトレーニングを継続しないと、

筋肥大は遠回りになると思う。

トレーニング直後に、

痛くて唸ってしまうような、

効果的なトレーニングを模索した方が、

筋肥大には近道だ。

 

 

 

関連記事

    None Found


   width=

 

 -筋トレ

  関連記事

no image

筋トレの効く、という状態を知る方法

これまでも散々効かせるということについて 書いてきている。 でもこれは経験していない人にはわかりにく

no image

貴方の筋トレは身体作りとしての筋トレになっていますか?

さて、久しぶりに筋トレネタを。 今日からトレーニング開始、 という人も多いのではないですかね。 実は

凄い身体を作ったトレーナーが実践中!筋肉に効かせる為に重要な4つのポイント

出典:http://cairogyms.com/is-physique-becoming-the-n

no image

今朝は腕と僧帽筋のトレでした。

今朝はゆっくりと起き出して、 朝食後に新聞を隅々まで読んで、 自宅から25キロ離れたジムに向かう。

no image

最近の自分の筋トレ 刺激を変える為に

どうもまた少しマンネリ化している自分の筋トレ。 でも最近は新たなアプローチで違った刺激を与えてる。

no image

筋トレのモチベーションを上げて効果を最大限にする

筋トレは基本的に肉体を酷使する。 だからいつも毎回楽しいばかりではない。 私の通うジムでもいやいやト

no image

最近 ボディビル雑誌を読んでない理由

  以前はボディビル、フィットネス関連の雑誌を毎月購読していたが、 最近は全く読んでないし

no image

効果的な筋トレを継続する。

  今日は午前中に肩をトレーニングした。 まずはスミスマシンでバックプレスを5セット。 次

no image

筋トレ バーを 握る そのバリエーション

普段 脚のトレーニング以外は全ての部位において、 バーやハンドルを握らないとトレーニングはできないで

no image

効かせるトレーニングで筋トレの効果を最大限にする

このブログを書き始めた時から、 ずっと私が勧めているのは、 効かせるトレーニングだ。 ウェイトトレー


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ