*

私のボディビルコンテストに対する考え 続き

   

昨日はコンテストに出る前に、

まずはバルクを獲得するべきでは、

という考えを書いた。

今日は日本でボディビルをする中で、

いつも付いて回る閉鎖的な思考について、

私の考えを書きたいと思う。

例えば貴方の周りに、

とてつもなくデカい、

良い身体のトレーニーがいるとする。

本人がコンテストに挑戦したいかは、

まさに本人の気持ち次第。

でも周りは執拗に責め立ててくる。

「コンテストに出てみたら?」

「何で出ないの?」

「せっかくいい身体なのに」

とたたみかけられる。

そしてコンテストに出た、

或いは出てある程度実績がある、

という人は認められるのに、

コンテスト経験がなければ、

いくらデカくても認めてくれないのだ。

いや、デカいこと、それ自体は認めても、

絞ってみてどうなるかわからんで、

的な考えがあるようだ。

つまりコンテストコンディションに仕上げて、

そのうえで凄いなら認めよう、とか、

勝ち進んでも、ドーピング検査ではどうか、

とか、そればかりを気にする人がいる。

私自身はコンテスト経験はないけど、

コンテストに出て実績出して、

初めて周りに認められるという、

いびつな世界観が理解できない。

デカくなって、誰もが憧れる身体になれば、

それでその人の目的が達成したなら、

それでいいのではないか。

それを何故わざわざコンテストに挑戦し、

実績を残さねばならないのだろう。

コンテストは出たい人が出ればいい。

出たくもないのに、お金と時間を浪費して、

そのうえ食事制限とダイエットまでやって、

誰が喜んでくれるのか。

ボディビルは、ウェイトトレーニングは、

本来自分の為にやることではないか。

中には実績の為にやる人もいるかもしれないが、

それはその人の考え方だから、否定はしない。

でもコンテストが、

実績が全てという考えを周りが押し付けるのは、

おかしいと思うのは私だけだろうか。

よく考えてみればわかることだが、

コンテストビルダーも年中あんなバリバリではない。

オフは脂肪ものっているし、本来それが自然なのだ。

ならば別にある程度脂肪がのってても、

サイズがあってデカい、それで満足してるなら、

それでいいではないか。

将来コンテストに挑戦したい、

と思うなら挑戦すればいいだけのことだ。

だからコンテストビルダーを育てる前に、

もっとウェイトトレーニーの裾野を広げる、

そんな雰囲気があってもいいと思う。

純粋に筋肥大の魅力を楽しみ、探究する、

まずはそこからだと思う。

 

 

 

 

 

関連記事

    None Found


   width=

 

 -未分類

  関連記事

no image

雪が降ったら自宅待機が一番安全

私は車で仕事周りするので、 車なしでは何もできない環境だ。 地域的なものだが、田舎、地方では みんな

no image

アメ車輸入代行詐欺に遭ってから 被害に遭わない為には 完結

前回までの記事はこちらです。↓ http://hummer2005.oops.jp/1343.htm

地域行事の河川清掃に地元行事 「嫁さん任せ」はやめて働こうよ 男性陣!

出典:https://www.pakutaso.com/   先日の日曜日は朝から市内の一

no image

仕事のストレスをうまく回避する

誰でも生きている以上は 大なり小なりストレスを抱えてる。 現代社会はストレスが大きい。 特に人生の大

no image

2016年になりました。食べてばかりです。

皆さん、新年あけましておめでとう ございます。 今年も拙いブログではありますが、 細々と、でも確実に

no image

交通事故での過失割合 逃げ腰な警察 VOL2

続きです。 前回の記事はこちら http://hummer2005.oops.jp/274.html

no image

カーセキュリティーゴルゴの取説に物申す

先日私のハマーはバッテリーが弱り、 キーを捻ってもカチカチいってセルが回らない、 回す力がなくなって

やっとスポーツジム再開!でも守るべきルールとその対策は必須!

関西では一足先にスポーツジムの一部緩和があり、私が所属するジムは 先週末より再開しました。 &nbs

no image

ジムへ行く 家族や嫁さんの理解は得られるか

私が通うジムでも、 結構家族との問題で満足にジムに行けない、 と悩んでいる人が多い。 かつては私自身

no image

休めない仕事 未来はあるか 

私の仕事は現場管理業務だ。 建築の工事で監督をする仕事だ。 我々の仕事は世間が出歩かない、 天災や台


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -未分類