私のボディビルコンテストに関する考え

   

以前はよくコンテスト観戦にいってた。

当時通っていたジムがコンテスト指向だったし、

会員さんがかなり大会に出ていたから。

でももう15年以上は観戦すらいかなくなった。

それは何故か。

スポンサーリンク

ここからはあくまで私個人の考えです。

実は今通ってるジムに、

かつてコンテストビルダーが数名いた。

彼らはシーズンになる前から、

コンテストに向けて厳しいダイエットを

していた。

トレーニングも鬼気迫るものであった。

大会前には全身真っ黒に日焼けしていて、

さらに絞り込んできているので、

筋肉のストリエーションも出ていた。

大会に出ること、

それ自体は個人の自由であるし、

出たい人が出ればそれでいいと思う。

ただ、当時から疑問だったのは、

何故毎年同じ身体なのに出るのか?

ということだった。

よく何年もやっていると、

そう簡単に身体は変わらない、

とはよく聞くが、本当にそうなのか。

まず毎年変わり映えのない身体で、

コンテストに出る意義が理解できなかった。

確かにコンテストは、単にデカい、

筋肉がよく発達している、

というだけではダメなのはわかる。

でも毎年同じような身体で出ても、

仕方ないのではないか。

ボディビルは、やはりバルクではないか。

基本的身体が出来上がり、ビルダーらしい、

凄みのある身体を作るのが先ではないのか。

それが出来てない段階でコンテストに出ても、

単に仕上がりがどうのとか、

そんなことだけで順位が上下しても仕方ない。

見る人を感動させる、衝撃的な身体、

まずはそれを作る作業が重要ではないのか。

それらはあくまで個人任せで、

身体作りの本質的な底上げができてない。

それが今の日本のボディビルの現状ではないか。

その点でも日本はアメリカに遅れてる。

より効果的なトレーニング法、

効果的なサプリメンテーション、

そういった重要な問題を、

関わっている団体が共有して、

有料でも提供する場を与えて、

業界全体の底上げができれば、

もっとレベルアップすると思う。

コンテストで勝負するのは、

30代~40代までが一番充実し、

身体も出来ている頃なのだから、

より速く確実なトレ法や、

テクニック等を提供できれば、

短期間で身体が変われるし、

そのことによってコンテストも

レベルが上がると思う。

地方の大会にいっても、

選手自体が凄い、と思えないなら、

観戦する人は増えないだろう。

客寄せパンダではないが、

以前みたいにプロビルダーを

ゲストで呼べばいいのにと思う。

その世界のプロ、本物、

その身体を目の当たりにすることで、

刺激にもなるし、興業としても

面白くなると思うのです。

はっきり言ってどこでもいるような身体を、

お金払って見たいとは思わないです。

 

 

 

関連記事

    None Found


  5mail"

 

 -未分類

  関連記事

no image

ハーレーダビッドソン専門店倒産夜逃げ 被害に遭わない為には

ハーレーダビッドソン専門店が倒産、夜逃げしたとの噂が、 ネットに拡散している。 バイクショップだけで

no image

交通事故での過失割合 逃げ腰な警察 VOL2

続きです。 前回の記事はこちら http://hummer2005.oops.jp/274.html

no image

日々自動車を運転して思うこと

普段は国産のコンパクトカーで 通勤している。 私の仕事は工事現場管理なので、 多い時は80キロ程走る

no image

コストコでスタバの豆を買いたいのに無かった話

今日は久しぶりにコストコに行ってきた。 最近は2ヶ月に1度ペースくらい。 最初は物珍しくて衝動買いし

海外のボディビルウェア サイズのばらつきに悩む

しばらくは海外も含めてトレーニングの ウェアを購入してなかったけど、 ここ何か月かはたまに購入してい

no image

アメ車輸入代行詐欺に遭ってから 被害に遭わない為には 完結

前回までの記事はこちらです。↓ http://hummer2005.oops.jp/1343.htm

no image

ジムへ行く 家族や嫁さんの理解は得られるか

私が通うジムでも、 結構家族との問題で満足にジムに行けない、 と悩んでいる人が多い。 かつては私自身

no image

アメリカと日本の自動車文化の違い

昨今は若者の車離れが進んでるらしい。 車好きとしては寂しい限りだ。 アメリカは自動車に関してはうらや

no image

雪が降ったら自宅待機が一番安全

私は車で仕事周りするので、 車なしでは何もできない環境だ。 地域的なものだが、田舎、地方では みんな

no image

プロビルダーのビデオで見る バーの握り方

ウェイトトレーニングでのバーの握り方について書いたが、 今日は実際にプロビルダーのトレーニング映像を


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -未分類