筋肥大させる筋トレとは効かせられているかどうか

   

先日もパーソナルトレを受けてきたが、

これで一応全身を教わったことになる。

まだまだ精度を上げていくには、

何度か指導を仰ぎ、

トレーニングをモノにしないといけない。

でも今までの経験と今回の指導を受けて、

確信したのは、筋肥大させるには、

効かせられてるかどうか、ということだ。

スポンサーリンク

目 次


1.高重量を扱えても筋肥大するとは限らない

2.効かせる、効いてるとはどういう状態か

3.まとめ


1.高重量を扱えても筋肥大するとは限らない

これは以前の私がそうだったのだが、

当時は高重量を扱えれば強くなり、

筋肥大してくると思っていた。

ベンチプレス、スクワット、

ショルダープレス、

ベントローなどをがんがんやって、

それなりに扱う重量も増えた。

強い、ということは気分がいいし、

実際沢山のプレートを付けて、

ベンチプレスに挑むときには、

適度な緊張感と高揚感があったもの。

でもその重量に見合った筋肥大は、

私の場合はあまりなかった。

いや、確かに大きくはなったが、

何となくボワーンと大きいというか、

メリハリなくタダ大きくなったというか。

それでも当時はひたすら強くなること、

使用重量を増やすことにこだわった。

その結果待っていたのは関節の故障や、

炎症だった。

特に肩や肘は何度も痛めたし、

治ってはまた痛め、を繰り返した。

それで思い切ってやり方を替えたい、

とパーソナルを受けた。

関節や腱がその重量に耐えれる間は、

人によっては使用重量も増える。

でも生身の人間なので、

個人差はあるがいずれ悲鳴をあげる。

永久に使用重量が増えたら、

1トンのベンチプレスができるか、

いや、その前に骨が持たないだろう。

そう、単に使用重量のみを追うだけでは、

関節や腱が壊れて終わり、なのだ。

その割には目的の筋肉は大して疲労がない、

というおかしな状態になるのだ。

つまり高重量を上げ下げして、

重量に対する疲労だけが残るのだ。

もっと効率的な筋トレをしたい、

というのが今のトレに変えた、

一番の動機だった。

2.効かせる、効いてるとはどういう状態か

では効かせる、効いてる、とは

どんな状態をいうのか。

初心者ならずとも、

経験者でも部位によっては

経験がない場合もある。

簡単にいえば、

効いてるとは、その部位が、

あまりに負荷がかかり過ぎて、

今やってる運動を継続できない、

という状態だ。

僧帽筋を例に取るなら、

バーベルシュラッグをやる。

通常は挙がらなくなって終わり。

バーを置くと、あまりに効いて、

僧帽筋が痛くて唸ってしまう。

これが効いているということ。

これがどの部位でも起こる。

胸も腕も同じだ。

そういったトレーニングこそ、

効かせるということだ。

いくら高重量を扱っても、

セットを終えて息も絶え絶えでも、

目的部位が全然疲労してないなら、

そのセットは単なる重量運搬トレだ。

3.まとめ

効かせる、という意味を書いたものの、

やはり経験しないとわからないだろう。

でも少なくとも重量だけを追わず、

如何に目的部位に負荷を掛けて、

その部位だけを疲労させ、筋破壊するか、

筋肥大させるならそこを追及すべきだ。

関連記事

    None Found


   width=

 

 -筋トレ

  関連記事

長期休暇は筋トレも長期休暇でストレスと疲労を回復しよう

出典:http://beastmotivation.com/rest-day/ 先週末からお盆休みの

中高年で筋トレを始めた方へ 無理せずに継続できる4つのコツ(方法)

出典https://pikdo.net/p/bicepsandbiceps/175381170885

no image

筋トレで集中力をアップさせるには

毎週トレーニングに行って、身体を鍛えているが、 毎回同じモチベーション、集中力を維持するのは、 正直

私がお勧めする 筋トレで効果を上げるフォーム、動かし方を身につける方法

出典:https://www.bing.com/images/search?view=detailV

no image

筋トレで様々なテクニックを使う前に大事なこと

世の中には沢山トレーニングテクニック が存在する。 初めて筋トレ、ウェイトトレを始めた時、 まずは簡

no image

筋肉は 慣れると成長しない。

これまでトレーニングを続けてきて、一番陥りやすいのは、 同じことを継続するということ。 いや、筋トレ

no image

筋トレで多い肩の故障と対策

実は私自身が肩に故障を抱えてトレーニングしている。 正確には左肩の腱板損傷である。 それは何年もトレ

no image

筋トレ バーを 握る そのバリエーション

普段 脚のトレーニング以外は全ての部位において、 バーやハンドルを握らないとトレーニングはできないで

no image

使用重量が増えてるのにバルクアップしない原因とは

ウェイトトレーニングを始めた頃は結構短期間で体重も増える。 でもある程度になると頭打ちになってきてし

no image

休み時間を与えない筋トレで、筋肉を苛める

筋トレを始めた頃とは違って、ある程度の経験者 になってくると、どうしても壁という物にぶち当たる。 そ


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ