*

特殊な民生車 HUMMERH1 私が購入を決断した理由とは? 

      2020/08/30

今まで私は28年アメリカ車一筋で乗ってきました。

 

アメリカ車に乗りだしてからは日本車や欧州車に浮気したことは

ありません。

 

そんなアメリカ車の中でも、ハマーH1に関しては謎多き車でした。

 

H1に乗り出してから1年を過ぎたので、購入に至るまでのことや、

書いてみたいと思います。

最初の出会いは20年前

 

ハマーH1に初めて触れたのは20年前に家族で出かけた際に、

偶然端にあった中古車屋でした。

 

ベージュ色の車体で、異様に横幅が広く、結構インパクトありました。

早速車を見させてもらいました。

 

でもその時の印象としては、

 

「なんや、こんなデカいのに4人乗りかいな、使えん車やなあ」

でした。(^^)

 

当時まだ長男が生まれたばかりで、乗ってたシボレーサバーバンの

 

使い勝手が抜群で、それと比べて家族で使うには不便に思いましたし、

何より値段がとんでもなく高くてとても手が出る車ではなかったです。

 

そんな感じでそれっきりハマーH1に興味は無いまま中古車屋を後にしました。

 

大阪の友人の新築祝いでまたH1に出会うけど

 

更に出会いは続きます。

 

中古車屋で見てから数ヶ月後に、今度は大阪の友人宅の新築祝いに駆けつけた際、

そのまた友人の方が乗ってきました、ハマーH1に。

 

結構強烈にカスタムしてあって、目立つこと目立つこと。

 

嫁と子供らはレストランに行く道中に乗せてまってましたが、

あとで感想を聞くと、煩くて話もできない、とのこと。

 

この時も特別H1に興味も沸くことなく帰宅しました。

かっこいいとは思いましたけどね。

 

ハマーH2に乗り出してから気になり出すH1

 

これって、ハマーあるあるらしいんですが、H2に乗ってると、

いずれはH1に乗ってみたい、という人が多いらしいです。

 

実際乗り換えた人も結構いるそうです。

 

私もその一人ですが・・・

 

H2に乗り出して4年までは全く他の車に興味は無かったんですが、

時折、H1の存在感が気になり出しました。

 

そして一番のきっかけと言えるのは、雑誌でしたね。

 

HUMMERH2アルティメイトガイド

 

という雑誌をオークションで何冊か購入したんですが、

 

当初のガイドはH2のことしか載ってませんでしたが、VOL2に、

H1のことについて触れた記事がありました。

 

そこでHUMMER Owners Club Japan というクラブがある事を知りました。

早速ホームページも読みましたが、過去のエッセイが沢山載ってました。

http://www.hummer-club.jp/

 

文字がびっしりで読みにくいんですけど、H1に関する修理、メンテ、

カスタムのノウハウが沢山書いてありまして、それを一生懸命読みました。

 

また、俳優のアーノルドシュワルツェネッガーが乗ってる事でも有名ですね。

こんなのでジムに筋トレしに行くのもかっこよくていいなあ、とか笑

 

いつかはH1に乗りたいな、と漠然と考えるようになりました。

 

購入までに至るハードルが一杯あるH1

 

私がお金持ちなら、迷わず購入していくつかの車の1台として

持っていてもいい車でしょう。

 

でもお金持ちでもないし、購入するまでのハードルが多いんです。

 

どんなハードルかといえば、

 

①中古車でも車両価格が高い

 

②いつ壊れるかわからない恐怖がある

 

③近所に修理、整備してくれるところがあるか不明

 

④デカい割に4人しか乗れない、しかも乗れるというだけの窮屈さ

 

⑤ハマーH1を置く場所の確保

 

 

と、考えただけでもこれだけあります。

 

憧れはあるけど、踏み切れない、という人は多いんでは無いでしょうか。

 

クラブのエッセイを読んでると、更に不安が募るんです、こんなに修理ばかりで、

維持できないんじゃないか、と・・・

 

K5ブレーザーを観に行ってからH1を買う意思が沸く

 

買いたい、でもやはり無理だろう、と葛藤を続けるうちに、K5ブレーザーに

興味が沸いてきたんです。それで、現車確認に家族で伺いました、H2で。

 

現車確認しましたが、結構ボロくて、家族は猛反対!

こんな車より絶対H2がいい、と至極まともな意見が出ました。

 

かっこいいんですけど、2ドアがイマイチ使えないというか。

 

K5ブレーザーに関しては、急激に熱が冷めていきました。

 

そこでまたまた、H1に乗りたいな、と虫がうずき出したんです。

20数年来会っていない知人のH1オーナーに連絡を取付けました。

 

すると、丁度クラブメンバーが売りに出してるよ、という情報がありました。

でも、価格的には手が届きません。クラブメンバーのH1は諦めました。

スポンサードリンク

オートークション買付代行業者に登録してH1に出会う

 

気を取り直して更にハマーH1を探す日々が始まりました。

 

まずはネットで出てる車両を検索したんですが、どれも高いです・・・

狙う年式は96年~98年と決めてました。

 

何故か?

 

価格的にこなれてるというのが一番の理由です。

 

99年以降はどれも比較的高額で、更に99年以降はABSが付いてるのですが、

できれば構造がシンプルな98年までが理想です。

 

また、エアコンは98年から2006年のアルファまで同じユニットで完成されたユニットだそうで、

できれば98年か、それ以前でもエアコンユニットを交換したモノが欲しかったんです。

 

ハマーといえば、真っ先に聞く名前が スカイオート さんです。

ここの車は完璧に整備しているのでどれも良い状態です。

 

ただ、良い状態=それなりに価格はしますので、私には手が出ませんでした。

そこでオートオークションサイトに申し込みました。

 

私はこちらの業者に申し込みました。

http://proxyauto.net/

 

いくらかサイトがありますが、登録すれば業者が見るオークションをそのまま

ネットで検索できるので、これでハマーH1を探してみようと思いました。

 

そこで運命の出会いがありました。

 

そうです、今乗ってるハマーH1が出品されてました。

 

でもサイト業者に確認して落札価格を想定した仮見積書を作成してもらうと、

買える値段ではありますが、その価格で落札出来るかは入札しないとわかりません。

 

それと業者サイドの評価は、それほど良くありませんでした。

 

まあ20年以上前の車ですからそこは仕方ありませんが。

 

一応、CARFAX、Autocheckの両方でアメリカでの履歴も調べました。

 

日本に入ったのは2001年で、その時の走行距離もまあそれほどでも無かったんです。

日本に入ってから現在までの走行距離が極端に短いのが少々気になりましたが。

 

相談すると、有料で現地エージェントに車両チェックしてもらえるとのこと。

どうしようか迷いましたが、結局入札は見送りました。

 

暫くするとオークションは終了。

 

あー、落札されたのか、と思って、業者にメールで連絡。

すると電話が掛かってきました。

 

どうも流札したようだと。

 

流札とは、希望額に満たない場合出品者が入札をストップするそうで、

向こうの思惑通りに額が吊り上がらなかったのだろう、と。

 

でも再出品されたからといって、見ないで入札は怖いし、と考えてました。

そんなとき、更なる偶然が重なるのです。

 

何気なくワインレッドのハマーを検索すると写真が出てきた!

 

オークションのワインレッドハマーについて、何か手がかりが無いか、

そう思って、ネット検索しました、画像に絞って。

 

すると、同じワインレッドのハマーH1が出てきましたので、

お!

と思って画像からサイトに飛ぶと、アメ車販売店のサイトでした。

しかも委託販売で出ていましたので、思わず電話しました。

 

すると、現在オークションに出品してるので、もしそれが落札されなければ、

一度お店に引き上げるので、見てはどうか、とオファーされました。

 

何という偶然・・・・

 

そして、オークションはまたも流札し、お店に車が引き上げられる日が

決定したと連絡がありました。

 

関東ですからかなり遠いし、1日仕事になりますが、私は行くことに決めました。

 

初スカイオート見学、それから本命の交渉、購入決定!

 

観に行くことは決めましたが、何しろハマーH1は見たことがあまりないですし、

程度も善し悪しが判断出来る自信もありません。

 

かつてH1に乗ってた友人に相談すると、せっかく関東に行くならまずはスカイオートに

行ってみてはどうか、と勧められました。

 

本命のハマーも偶然埼玉県でしたし。(^^)

 

そこで早朝に新幹線にのってスカイオートに行ってから、本命のお店に伺うことに

決定しました。

 

スカイオートではスタッフから詳しい説明を聞き、その維持費や修理内容、

車検にわざわざ他府県から持ち込んでるお客様が沢山いることなどを教わりました。

 

その足で本命のお店に向かいましたが、スカイオートの説明ですっかりびびってしまい、

買うのやめようか、と真剣に考えながらお店に行きました。

 

でもお店に行くと、あのワインレッドのH1がドンと鎮座してました。

 

それを見るなり、「やっぱり欲しい、価格の折り合いが付けば購入したい」

と思いましたね。

 

まずは現車確認しましたが、寝板も出してもらって下回りも舐めるように点検。

 

それからエンジンを掛けてもらいましたが、まず最初に思ったのは、

「うるさい車やなあ、乗ってて頭痛くなりそう・・・」でした。

 

そこから価格交渉です。委託販売なのでお店が現オーナーとの間に入って、

価格交渉の連絡役になってくれました。

 

何度もやりとりして、最後に、これで駄目ならもう諦めて帰ろう、と価格オファー。

結果、オーナーが折れてくれ、無事交渉成立しました。

 

売買契約書の手続きを処理して、帰宅の途へ。

 

東京発の新幹線に乗ったのは8時半くらいだったと記憶してます。

新幹線の中で、これからどうやって維持するか、色々考えました。

うれしさ半分、不安半分で・・・・

スポンサードリンク

終わりに

 

今回はハマーH1との出会い、そして購入に至るまでのことを紹介しました。

 

正直、ハマーH1はお金に余裕があるから、とポンと買う車ではありません。

買ってからどう維持メンテしていくのか、これが一番大変で、障害でもあります。

 

恐らく何も考えずに購入したら、すぐ手放すことになる場合もあると思います。

私が現在修理、メンテで相談している人は、購入するまで10年悩んだそうです。

 

それほど購入には覚悟が必要な車なんだと思います。

 

近くにスカイオートのような専門店があれば別ですけど。

これからハマーH1について、少しずつ書いていきたいと思います。

関連記事


   width=

 

 -HUMMER H1について

  関連記事

ハマーH1 乗りっぱなしは危険!早めの異常を察知して整備してもらいました。

出典:https://motorz-garage.com/topic/detail/435 &nbs

ハマーH1をDIY点検整備 ストップランプが点灯しない その理由とは

このブログに遊びに来てくれた皆様、明けましておめでとうございます。   今年も、筋トレとハ

憧れの車 HUMMER H1を見に行ってきた結果

以前のブログでも、ハマーH1に興味が湧いてきたと書きました。 以前の記事↓ 興味あったK5ブレイザー

HUMMERH1 購入後に不具合の洗礼を受ける

今年3月にようやく納車した我が愛しのHUMMERH1   納車したらあそこにドライブ行って

HUMMER H1納車後2ヶ月で気づいたこと、メリット・デメリット、新たな問題とは

  早いもので、納車してから早や2ヶ月になろうとしてます。 納車までは、漠然とイメージだけ

HUMMERH1に乗る為の知識と情報を得る

前回、急にハマーH1に興味が湧いてきたことを書きました。 シボレーブレイザーから急転換となりましたが

仲間がいることを実感出来る、HUMMER関西ミーティングに今年も参加!

早いもので、去年初めてハマーオーナーズクラブJAPANの 関西ミーティングに参加してから2回目を迎え

ハマー関西ミーティングに初参加 私が感じた雰囲気と感想

  ハマーH1を買って戸惑いの日々を過ごす中、7月20日(土)~21日(日)に開催された、

意外と簡単だったハマーH1タイヤホイール交換!画像付きDIY体験記

ここ最近は特に大きなトラブルはなく、快適に乗れているハマーH1。   今回は納車時からずっ

HUMMER H1トラブル 燃料フィルターから燃料漏れ その修理方法

出典:https://www.motorauthority.com/news/1117190_thi


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -HUMMER H1について