*

興奮度MAXで納車したハマーH1、1年が経ってわかった事、感じた事のまとめ

   

早いもので、我が家にハマーH1が来てから1年になりました。

 

ハマーH1には昔から憧れはありましたが、正直家族持ちとしては、

なかなか踏み込むのに勇気が必要な車でした。

 

一番の問題は車両価格が高いこと、

次は修理、整備をやってくれるお店が無いことでした。

 

そこで、納車1年を記念して私がハマーに乗って感じたことや、

新たな発見、などを書いてみます。

 

これからハマーH1を購入検討される方にも、ある程度の参考にはできるか、

と思います。

 

1年乗ってみて感じたこと、良かった点

 

最初に良かった点を書いてみると、

 

①目立つ!乗ってて面白い!

 

これに尽きますね(^^)

 

対向車の人たちが面白そうに見てくれますし、その反応が面白い。

 

珍しい車なうえ、個性的な外観でインパクトが強く、

しかも巷の高級車みたいな嫌みが無いのかもしれませんね。

 

②ディーゼルエンジン音に痺れる

 

これはもう既に重傷かもしれませんが笑

 

最初はうるさい!

 

と感じたエンジン音ですけど、最近はこのV8ディーゼルエンジン独特の音が

たまらないんですよね。男らしいというか、硬派というか・・・

 

③シートは薄っぺらいけど、長距離運転でも疲れない

 

ハマーのオーナーさんは結構な確率でレカロシートに換装しています。

 

理由は、純正シートのアンコが薄く、お尻が痛くなってくるから、らしいです。

 

特に体重が重い人ほど顕著に感じるそうで、レカロシートに換装されてる方が多いです。

私も体重90キロ以上あるんですが、シートに座って痛くなった事は無いです。

 

それ以上に長距離運転しても何故か疲れをあまり感じません。

 

決してシートがゆったりしてる訳でも無いですが、足元はかなり広くて、疲れないですね。

 

ハマーH2のシートはアンコも厚いし、座り心地いいですが、何故か長距離運転は

疲れてきますし、ガスペダルの位置が悪いのかくるぶしも痛くなります。

 

でもH1は全く問題ありませんでしたね。

 

④ヒーターは熱いほど効いて快適

 

悪い点で書きますが、エアコンに難ありですが、ヒーターは快適です。

 

真冬でもそれほどガンガンヒーター掛けなくても暖かいです。

 

そこは評価できますね。

スポンサードリンク

1年乗ってみて感じたこと、悪かった点

 

これはもう、何かとありすぎて・・・

 

①うるさい!!笑

 

これはハマーH1に初めて乗った瞬間に一番思うことでしょうね。

 

本当に、うるさい!

 

まずアイドリング時点でもガラガラガラ、と騒音と振動が歓迎してくれます。

 

走り出すと、騒音と振動が大歓迎してくれますよ。(^^)

 

更に更に、高速道路に乗ろうものなら、何かの罰ゲームかと言わんばかりに騒音・・・

特に80キロを越えると凄まじいものがあります。

 

これは多分に履いてるタイヤのパターンも関係しています。

 

おとなしいパターンのタイヤであればマシだと思います。

今私のハマーが履いてるタイヤは最悪ですね・・・

 

ラジオやオーディオなんか、かなりボリューム上げないと聞こえませんから。

 

当然車内で同乗者との会話なんて、わめきあいに近いおしゃべりです。

 

同乗者の方、ヘッドホン用意してスマホで音楽聴いててください。

 

②目立ちすぎる

 

はい、これも宿命みたいなもんですね。

 

なんせあの形とサイズです、目立つのは避けられませんから。

 

私の友人が乗ってた時は、小学生の集団に、

 

「イスラム国が来た!」

 

と言われたそうです・・・

 

また、右翼と間違って警戒中の警察官に職質されたこともあったそうで・・・

 

③エアコンが効かない

 

これについては、私のハマーが1996年式のため、高年式車(1998~2006)とは

エアコン自体が違うので、ハマー全てがそうだとは言い切れませんが。

 

少なくとも私の年式はエアコンが効きません

 

いや、効かないというより、効いてるけど能力不足、という方が適切でしょう。

 

ハマーのエアコンはデュアルエアコンで、フロントとリヤにもエアコンがあります。

 

リヤは内気循環なので割合効きますが、フロントはエバポレーターが軽四並で、

真夏は効きませんね。

 

気温が30度を超えると太刀打ちできません。

 

窓全開よりはマシか?

 

程度ですね・・・

 

外気温が30度以内で、曇りとかなら結構効きまけどね。

 

1997年より旧いハマーはエアコンは駄目です。

 

オーナーによっては新型エアコンに交換してる場合もあって、そちらは効くそうですが、

実際にオーナーに聞いても、それほどガンガンに効く、という話はあまり無かったです。

 

元々軍用車ですから、エアコンは後付けです、まあ、おまけみたいな物ですね。

 

炎天下で放置しててエンジン掛けても、冷やすのは困難では無いか、と思いますね。

 

④雨漏れする

 

元々ハマーH1は軍用車ハンビーの民生仕様ですから、ハンビー自体は雨漏れは普通、

というか、雨が入ってもいい仕様なのです。

 

それを民生化してますから、結構皆さんに聞くと雨漏れしてるそうです。

 

幸い私のハマーは雨漏れは全くありませんが。恐らく国内に入ってから対策処理してるのかと。

 

当時1千万超えの車がエアコン効かない、雨漏れする、ですからね、なかなか無いですよね。

 

⑤整備、修理してくれるお店がなかなか見つからない

 

これが一番の問題だと思います。この1年で結構部品を購入して修理、整備しましたが、

業者に依頼したのは3回、それ以外は自分でやってます。

 

大したことは出来ませんが、工具も買いそろえてますし、自分でやれる事を増やしていく、

という目標で面倒見てます。

 

近場の修理工場なんて、まず絶対断られますし、オイル交換すら受けてくれません。

 

だから私もオイル交換は自分でやってますし、修理も自分でやれることはチャレンジしてます。

 

今回は、たまたま納車後にエアコンのコンプレッサーが回って無いことが判明し、

これまで自分が乗ってたアメ車修理を面倒みてた工場に持ち込んだんですが、

 

よくわからないから受けられない、とあっさり断られました。

 

慌てた私は必死でネット検索して、ようやくやってくれるお店を探し出して持ち込んだわけです。

 

今回は偶然診てくれるお店があったのでラッキーでした、代表自身ハマーのオーナーでしたし。

 

もし診てくれるお店が無い場合はどうするか・・・

 

それは3つの選択肢しかありません。

 

1.自分で修理する。

 

2.スカイオートさんに持ち込む

 

3.手放す・・・

 

ハマーH1の駆け込み寺とも言われる、スカイオートさんは、全国どこからの要請でも受けてくれるみたいです。

 

実際全国からハマーを持ち込んでいますし、私が以前お店に行った際、

他府県ナンバーのハマーが沢山ありましたから。

 

でも、近くの修理工場に持ち込むのとは訳が違います、地方オーナーには、

往復の持込費用も嵩むので。

 

ですから、関東近郊の方であれば問題無いですが、地方で今後購入検討される方は、

修理、整備可能なお店を先に探しておいてください。

 

また、サービスマニュアルと、パーツカタログは対象年式の物を事前に購入しましょう。

アメ車修理専門店でも、ハマーH1は触った事が無い、という店が多いはずです。

 

マニュアル無しにいきなり修理や整備なんて、この車は絶対止めた方がいいですよ。

 

高確率で壊してしまいます。それでどうしようも無くなって、スカイオートさんに持ち込む、

というのは非常に多いそうですから。

 

私も購入して、パーツ発注はアメリカのサイトで行ってます。

 

部品は持込でも修理可能なお店もありますので、その場合は助かります。

 

自分で修理するのは、軽度の修理はやる気があれば可能ですが、

 

重整備は専用工具や場所、リフトが無いと出来ませんので、誰でも、

という訳にはいかないでしょう。

 

⑥この1年で修理・整備した内容と費用(ざっくり)

納車時点でわかっていたことも含めて結構手を入れました。

・エアコンコンプレッサー交換、燃料ヒーターからの燃料漏れ

・エアコンエアーダクト破損修理

・エアコン高圧、低圧ホース交換、リキッドタンク交換

・パワステホースのオイル漏れ、ホース交換

・左リアハーフシャフトブーツ破れ交換

・フロントブレーキパッド交換、ブレーキピストン固着、清掃組み付け

・ATフィルター、ATオイル交換

・ハブリダクションオイル交換(4箇所共)

・トランスファーオイル交換

・バッテリー交換(2個共)

・トランスファー回転防止ワイヤー交換

 

まあ、ざっと工賃含めて30諭吉越えですね、自分で修理整備した物も

含めるともう少し掛かってます。

 

今までのオーナーがどんな整備や乗り方してたか不明ですので、

旧い車でもあるし、最初は仕方が無いでしょうね。

 

でも1年何も無く乗りっぱなし、なんてことはあり得ませんね。

 

終わりに それでもハマーH1が好き

 

ここまで書いてみると、なんだか悪い点が多いというか、ヘビーというか。

 

ハマーH1は年式や程度によって価格にバラツキがかなりありますが、

相対的に15年~20年前の車という事を考えても高価だと思います。

 

安い価格帯ですら、国産車だと新車で大型ミニバンが購入できる価格帯ですから。

 

そして同じ価格を出すなら、国産車の方がよほど装備も良いですし、快適です。

 

それははっきり断言出来ます。

 

では何故そんな年式の割に高いハマーH1を買うのでしょうか?

 

それは、ハマーH1が好きだから、

 

これに尽きますね。

 

乗用車では無いんです、今流行のSUVでも無いんですよ、軍用車なんです、H1は。

 

単に装備や乗り心地、快適性を車に求めるなら選択しない車といえます。

 

でも世界中にこの車のファンがいて、今も乗り続けられてるということが、

ハマーH1の根強い人気を反映しています。

 

正直、ベンツGクラスとハマーH1なら、乗用車として快適性を求めるならGクラスですが、

 

 

 

それでもハマーH1を選ぶ人がいるのは何故か?

 

それは、ハマーだから、です。

スポンサードリンク

関連記事

    None Found


   width=

 

 -HUMMER H1について

  関連記事

特殊な民生車 HUMMERH1 私が購入を決断した理由とは? 

今まで私は28年アメリカ車一筋で乗ってきました。   アメリカ車に乗りだしてからは日本車や

HUMMERH1 DIY点検整備 オイル交換、エアコン点検で快適な夏へ!

今年もまた暑い夏がやってくる。   去年は初めてハマーH1で夏を経験しましたが、まあ暑いの

ハマーH1をDIY修理 フロントガラス廻りボルトステンレス化とトランスファー部品交換

  今年3月納車から今までの所は大きなトラブルも無い我がハマーH1ですが、  

HUMMERH1に乗る為の知識と情報を得る

前回、急にハマーH1に興味が湧いてきたことを書きました。 シボレーブレイザーから急転換となりましたが

HUMMER H1トラブル 燃料フィルターから燃料漏れ その修理方法

出典:https://www.motorauthority.com/news/1117190_thi

no image

ハマーH1 ドアロック不良とハーフシャフトブーツ破れ?DIY修理に挑戦した結果

  最近の週末はいつも昼からハマーをいじっている。   これまでいろいろなアメリ

HUMMER エンジンチェックランプが再点灯!診断機があれば原因究明は簡単!

今年のHUMMER 関西ミーティングの帰りにまたしても発覚した、 エンジンチェックランプの点灯。 去

HUMMERH1 購入後に不具合の洗礼を受ける

今年3月にようやく納車した我が愛しのHUMMERH1   納車したらあそこにドライブ行って

憧れの車 HUMMER H1を見に行ってきた結果

以前のブログでも、ハマーH1に興味が湧いてきたと書きました。 以前の記事↓ 興味あったK5ブレイザー

HUMMER H1納車後2ヶ月で気づいたこと、メリット・デメリット、新たな問題とは

  早いもので、納車してから早や2ヶ月になろうとしてます。 納車までは、漠然とイメージだけ


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -HUMMER H1について