私が実践している筋トレで下がったモチベーションを上げる4つの方法

      2019/11/27

出典:https://www.muscleandfitness.com/

 

私もそうですけど、時には筋トレのモチベーションが下がる時がある。

毎回のトレーニングで使用重量や回数が増えていれば気分も上がるけれど、

人間ですから毎回絶好調とは行きませんよね。

それから、半年、1年経っても身体が変わらない、体重も増えてない、

こんな状態が続くと当然モチベーションは下がってきます。

そんなときに如何にしてモチベーションを上げていくか、

トレーニングを継続していくために必要な点について、私の経験から

書いてみます。

当然私もいつもハイテンションとは行きませんし、落ち込んでる事もあるのですが、

そんな障害を乗り越えて行く為に私がやってる事です。

スポンサーリンク

実は毎日体調や気分は違って当然

 

私たちは日々仕事や家庭環境に左右されながら生活しています。

 

それは当然のことで、現代生活はストレスとは無縁ではいられないからです。

 

前日の睡眠状態や、食べたものによっても違ってきますし、

仕事の内容によっても大きく左右されるのです。

 

まずはそこを肯定することから始めましょう。

 

調子が悪くてもその日のトレーニングでベストを尽くす

 

毎回トレーニングで自己ベストが更新できたり、扱う重量が増えたりすれば、

こんな幸せなことはありませんよね。

 

でもそれはほとんど不可能に近いことです。

 

毎週同じ時間にトレーニングしても、その時の体調によって使用重量も上下したり、

時には前回クリアした回数が出来なかったりすると、落ち込みますよね。

 

でもそんな時は、その日のベストなトレーニングを行い、確実に対象の筋肉を

追い込み、オールアウトさせればいいのです。

 

回数が下がったなら、使用重量を下げて、その分限界まで追い込めばいいのです。

 

そうして徹底的に追い込むことが、次回のトレーニングに繋がるんです。

 

諦めずに日々追い込みましょう。

 

だいたい、人間がいつまでも永久に使用重量が伸び続けると思いますか?

 

そんなの絶対あり得ないんですよ。

 

1トンのベンチプレスが出来るようになりますか?

そんな人間いませんよ。

もしかしたら、身体が疲れてる、とサイン出してるかも?

 

これは実際私が経験してるんですが、肩のトレーニングで、

マシンでショルダープレスをやってました。

 

いつもは確実に出来る重量と回数だったのですが、

その日は目標回数に1レップ到達できずにおわってしまいました。

 

次の週は更に1レップ減ってしまいました。

 

それと、両肩の健がだるくて、モノ凄い疲労感を感じていたんです。

 

その時に師事していたパーソナルトレーナーに相談すると、

 

それは明らかに疲労が溜まってる症状だから、次週の肩トレは休むか、

プレス系を外してレイズ系のみにするよう指示されました。

 

結局2週間ほどプレス系を休んだら、また調子が戻りました。

 

これはどの部位でもあり得ることなので、健がだるいとか、

毎回使用重量が落ちてくる場合は、トレーニング内容を軽くしてみてください。

 

トレーニングと食事の見直しをしてみる

 

これも非常に重要なことなんですが、いつも同じメニューやセット数、

同じ食事内容だと飽きが来たり、トレーニング効果も無くなります。

 

身体は同じ刺激を与え続けていると、もはや刺激とは感じないそうで、

そうしたことを避ける為にも時にはメニューの見直しが必要です。

 

食事もいつも同じようなメニューなら、時には違う食材に切り替えたり、

食事の量も変化させてもいいかと思います。

 

でもメニューの組み替えはそれこそ一番重要かつ技術を必要としますから、

 

私がお勧めしたい方法は、雑誌などで紹介されたメニューをやってみる、

 

とかもいいと思います。

 

どうしても自分が好きな種目をやりたいものですし、

時には自分が普段絶対やらない種目も変化を与えるにはいいと思います。

 

お気に入りの筋トレ動画を観る

 

意外に効果的なのがこれです。

 

昔、ブルースリー主演の「燃えよドラゴン」という映画を観に行きました。

 

ヌンチャクを巧みに操り、悪い奴らをぶっ倒して行くブルースリーに痺れました。

 

そして、映画館を出るときには、完全に自分がブルースリーになってました。

 

道行く人々とすれ違うときに、突きや蹴りが出そうなほどに・・・

 

筋トレも時には動画を観ることで、やる気がふつふつと沸いてきて、

アグレッシブなトレーニングが出来る時もあるので、お勧めですよ。

 

まとめ

 

今回は筋トレを続けていくうえでモチベーションが上がらない時にどうするか、

私自身がやっている方法を紹介しました。

 

筋トレで効果を出していく為に最も重要なことは、いろいろありますけど、

 

止めずに継続していくこと

 

これこそが最も重要なことなんです。

 

私がここで紹介した方法を実践してみて、モチベーションを上げながら、

日々のワークアウトに励んでください。

関連記事

SPONSORED LINK
br>
  5mail" width="530" height="90" />

 

 -筋トレ つぶやき

  関連記事

no image

ボディメイクとしての筋トレ

筋トレをやる目的は人それぞれだ。 最近は高齢者の方々が熱心にトレーニングしてる のをどこでも見かける

筋トレで必要なモチベーションを維持する為に私がやってる方法

出典:https://www.mensxp.com/health/body-building/384

no image

筋トレは筋肉に効くフォームで重量を増やす

私も以前はデカくなりたくてとにかく少しでも 高重量を扱えるようにと無理してトレーニングした。 その結

no image

筋トレやボディビルという趣味について 

最近は有名人や芸能人が筋トレにはまる、 という話題が多くなってる。 私ら筋トレ愛好家としては非常に喜

no image

芸能人のボディビル競技参加に思うこと

私は今までボディビル大会には出たことはない。 だから競技として参加してる選手の方々に対して エラそう

no image

胸の筋トレ 何故ベンチプレスから始めるの?

どこのジムに行ってもベンチプレスは大人気だ。 そして胸のトレーニングといえば、まず最初にベンチから

no image

アメリカ・ベニスビーチの思い出

初めてアメリカ、ベニスビーチを 訪れた時のことは今でもよく覚えている。 もうかれこれ20年近く前にな

no image

筋トレのマナーもトレーニングも知らない人達

私はいつも夜にトレーニングする。 だからジムに行く時間帯は一番人が多い時間になってしまう。 今はフィ

no image

最近疲れやすくなってきた筋トレ 歳のせいか?

今年もトレーニング納めに昨日ジムに行ってきた。 どうも最近筋トレしてると疲れやすくなってきたような。

no image

年齢を重ねても続けていける筋トレを

私も若いころは闇雲に高重量に挑戦していた。 とにかく少しでも重いウェイトを扱えるようになりたい、 そ


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行