筋トレマニアの私がプロビルダー、山岸選手から学んだトレーニングの神髄

      2019/09/09

私はたまに筋トレ関連の動画をチェックしたりしていますが、

最近は沢山のユーチューバーが様々な動画をアップしてくれるので、

飽きることなく動画をチェックしたりできます。

 

ここしばらくは山澤礼明さんの動画をよく観ています。

 

その動画の中でに勉強になった動画を紹介しようと思います。

 

筋トレ好きな方ならよく知っている、プロボディビルダーの山岸秀臣選手です。

 

彼にトレーニングを教わった動画をシリーズで配信されてますが、

その中でもこれは素晴らしい事を教えてくれてる、と思える動画です。

 

スポンサーリンク

山岸プロの動画

 

まずは動画を観てください。

 

出典:https://www.youtube.com/watch?v=XMyzdiiG6sc

 

はい、既に沢山の方々が動画を観ているようですね。

 

この動画ではパーソナルトレダイジェストの後に、

山岸プロのトレーニングの考え方について語ってるんですが、

これがもう、素晴らしい内容なのです。

 

如何に強い負荷を掛けていくか 筋トレの神髄

 

動画の中で、4:12辺りから語ってるんですが、

「フォームをそのままやればよいんじゃなくて、如何に強い負荷を

掛けていくか、自分に合った一番力の出やすいフォームを探すこと」

 

 

と言ってますよね。

これだけ聞くと、ああ、ようは一番力が出るフォームでガンガンやればいいんだ、

となるんですが・・・

 

これ、力が出るフォーム=一番効くフォーム

 

となる訳ですね。つまり、効かないと意味が無いということですね。

そして5:25辺りで語ってるのが、

 

「ストレッチを意識すれば収縮も入りやすい」

 

というセリフ。

聞いてると簡単そうに聞こえますけど、これまたそんな簡単ではないですね。

 

これはある程度経験がある人が聞けば理解できても、やはり難しいと思います。

だから背中のトレーニングは特に難しいと言われるんですよね。

 

プルダウンやる時間あるならチンニング

 

はい、これも動画の中で6:09辺りから語ってますが、山岸プロはチンニングを

勧めてます。

 

これ、やってみればある程度理解できますが、正しくチンニングをやれば、

背中によく入ります。

 

プルダウンはよく目を覆いたくなるようなフォームでやってる人がいますが、

あれはチンニングをやったことがないから、かもしれません。

 

やってみるとわかりますが、プルダウンはチンニングより楽なんですよね。

 

それとフォームが崩れてしまうというか、最初から背中で引けてないケースが

多いように思えます。

 

チンニングは最初から両腕と背中で体重を支えて引き上げるので、

正しくやれば自然と背中に入るフォームになります。

この後は背中トレについて熱く語ってくれています。

 

トレーニングの神髄とは

 

私が特にお勧めしたいというか、観てもらいたいのが、8:05辺りからです。

 

ここからトレーニングの神髄について語ってくれていますが、

 

これが素晴らしい内容!

 

1回のトレーニングでやりすぎはあるのか?

 

山岸プロは、無い!

 

と言い切ってます。

それと重要なことが、

 

「これは筋肉が発達するという痛みがある」

 

というセリフです。

それと、

 

「できなくなるまでやる」

 

と語ってます。

これは私も含めてなかなかできていないと断言できます。

何故か?

それは人間は弱い生き物なんです、自分に甘いんです。

 

命がけで筋トレする、なんて人、周りにいますか?

 

もしそんな人がいたら、間違いなくその人は人並み外れた身体だと

思います。

 

それと特筆したいのは、10:30辺りからです。

 

「情熱を持って倒れるまでやる選手がトップに行く」

 

「理論を超えたところに筋肉の発達はある」

 

「トレーニングとは、短い時間の中で如何に自分の情熱を叩きこめるか」

 

と語ってます。

 

これ、非常に奥が深いセリフだと思います。

 

まとめ

 

今回は山澤礼明さんの動画から山岸プロのトレーニングに関する

考え方について語った内容を紹介しました。

 

私も含めて大多数のトレーニーは日々の生活や仕事をこなしながら、

空いた時間を作ってトレーニングに励んでると思います。

 

そんな中で結果を出すには並外れた努力が必要で、

大多数の人はなかなかそこまでできないと思います。

 

でも、今よりすこしでも成長するための起爆剤として、

山岸プロの語ったことは参考になると確信しています。

 

そして山澤さんの動画はとても参考になることが多く、これからも

頑張ってアップしてほしい、と応援しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事


  5mail"

 

 -メンタル