*

HUMMER H1トラブル 燃料フィルターから燃料漏れ その修理方法

      2019/06/02

出典:https://www.motorauthority.com/news/1117190_this-detroit-based-company-just-rebooted-the-hummer-h1

今年3月に納車された我が愛車、ハマーH1ですが、

購入早々に不具合に見舞われました。

 

まずは燃料フィルターからの燃料漏れがありました。

 

購入前にネットで事前に勉強していたので、いろいろな箇所から

トラブルが出てくるであろうことは想定していました。

 

以前の記事にも書きましたが、埼玉のスカイオートさんから

購入していれば、トラブルはかなり少ないと思います。

これについては覚悟の上で個人委託販売で購入したので、

後悔していませんが。

 

しかも一度修理したのですが、更に2次被害に遭うという結果でした。

具体的には、

 

・燃料フィルター下部ヒーターユニットキャップから燃料漏れ

 

・燃料フィルター上部キャップからの燃料漏れ

 

以上になります。

 

以前、修理したことはHUMMERH1 購入後に不具合の洗礼を受ける

に書きましたが、より詳しく修理内容を書こうと思います。

 

順に症状と修理内容を説明します。

 

スポンサーリンク

エンジン掛けると燃料が滴り落ちてくる

 

 

この指で差した部分は燃料フィルター本体ですが、この下部にヒーターがあります。

 

ヒーターユニットは樹脂キャップでフィルターユニット本体に締めこんであり、本体と樹脂キャップの間に

Oリングが挟んであるのですが、このOリングが経年劣化で硬化し、燃料漏れしています。

 

スカイオートさんの過去記事に出ています。

 

https://ameblo.jp/skyauto/entry-11003662614.html

 

ここは一度フィルターユニット本体を外してヒーターユニットを取り外し、

Oリングを交換しないといけません。

 

パーツカタログで見るとよくわかりますね。15番がOリング、16番が

ヒーターユニットになります。

 

 

これに関しては馴染みの修理工場で修理できました。

 

ところが・・・

 

乗ってるとまだ燃料臭い・・何故?

 

普段そんなに乗り回さないのでその時はよくわからなかったんですが、

ある日エンジンを掛けて乗ってると、何となく燃料の匂いがしてきます。

 

自宅に戻って駐車場に停めると、何と床に燃料がポタポタ落ちてきています。

修理したのに何故燃料が出るのか?

 

慌ててボンネットを開けて確認しましたが、よくわかりません。

そのままエンジンを始動して確認すると・・・

 

 

この写真は燃料フィルター上部ですが、黒い樹脂のキャップがありますよね?

このキャップと下の本体ユニット間から燃料が漏れ出ています。

 

アイドリング状態でもにじみ出てきます。

 

確認できたのが丁度ゴールデンウィークになってからで、

修理工場は何と11連休に入ってて、5月9日からしか営業しません。

 

またしても燃料漏れが続くことになり、凹みました・・・

 

連休明けに原因判明、完治

 

私は何とか自分で治そうと、この上部の黒い樹脂キャップを外しに

かかりましたが、どうやっても外れません。

 

諦めて連休明けに修理工場へ。

 

まずはキャップを取り外すのですが、こんな固いキャップを

どうやって緩めるのかな?

と見ていると、

取り出したのはマイナスドライバーとハンマーでした。

 

マイナスドライバーを先の樹脂キャップ縦目部分に当てて、

ハンマーでコンコン当てながら緩めていきました。

 

なるほど、こんな方法があったんだ、と感動。

やっと燃料フィルターを取り外せます。

 

さて、ここで再度パーツカタログを見てください。

 

 

7番がさきほど苦労して外した樹脂キャップ、8番が燃料フィルターです。

この燃料フィルターは、取付に非常にデリケートな扱いが必要なようです。

 

取り外したフィルターの写真です。

 

 

実はこのキャップは取付時に向きが指定されており、キャップにFRONTと書かれてある面を

前に向けて設置します。

 

また、フィルター本体の裏側には溝が掘ってあり、これが本体の凸部分にはまります。

 

 

更に、フィルター耳部分にOリングが付いてますね。

 

 

今回燃料漏れした原因は、フィルターを嵌め込む際に、ユニットの凸部分にOリングの一部が

引っかかり、リングが歪んでいました。そこから漏れていたのです。

 

この状態ではいくら締めこんでも燃料漏れするのは当然ですね。

 

このまま同じ燃料フィルターを再取付するのはOリングの一部に歪みクセが付いてしまい、

漏れるのが嫌なので、アメリカから引いた新品のフィルターに交換しました。

 

まあ、今回は修理工場の凡ミスですが、まあ知らない輸入車なので仕方ないですね。

 

 

今度は燃料漏れもなく、バッチリです。

 

やっと燃料漏れの心配なくハマーに乗れますが、実はエアコンが全く効かないので、

今はエアコン修理で遠方に入れてます。

 

まとめ

 

たかが燃料フィルター交換ですが、気を付けないと私のようなトラブルが待っています。

実はこの件についてはオーナーズクラブのエッセイにも書いてあります。

 

HUMMER OWNERSCLUB JAPAN 2007.4.5のエッセイ

 

要するに締め込み過ぎても漏れだすし、締め込みが甘くても漏れる、

という厄介な交換です。

 

今回実際に交換に立ち会ったので次は自分でやるつもりです。

 

この程度のメンテでいちいち修理工場に持っていくのは効率悪いですし。

既にハマーのオーナー諸先輩方にとっては基本のキ、でしょうけれど、

私は今後も自分自身の失敗も含めてここで紹介して行こうと思います。

 

そうすることで、ハマーに乗ってみよう、

と思う方々が増えて行けばいいな、と思ってます。

 

次回はエアコン修理が完了したら、また書いてみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事


   width=

 

 -HUMMER H1について

  関連記事

ハマーH1 ハーフシャフトブーツ再点検で破れを発見 その対処結果

  前回のハマーDIY修理についての記事で、リアのハーフシャフトブーツが 皮かむりみたいに

ハマーH1をDIY点検整備 ストップランプが点灯しない その理由とは

このブログに遊びに来てくれた皆様、明けましておめでとうございます。   今年も、筋トレとハ

特殊な民生車 ハマーH1 私が購入を決断するまで 

今まで私は28年アメリカ車一筋で乗ってきました。   アメリカ車に乗りだしてからは日本車や

HUMMERH1 DIY点検整備 オイル交換、エアコン点検で快適な夏へ!

今年もまた暑い夏がやってくる。   去年は初めてハマーH1で夏を経験しましたが、まあ暑いの

HUMMER 関西ミーティング2回目の参加

早いもので、去年初めてハマーオーナーズクラブJAPANの 関西ミーティングに参加してから2回目を迎え

HUMMER H1納車後2ヶ月で気づいたこと、メリット・デメリット、新たな問題とは

  早いもので、納車してから早や2ヶ月になろうとしてます。 納車までは、漠然とイメージだけ

no image

ハマーH1 ドアロック不良とハーフシャフトブーツ破れ?DIY修理に挑戦した結果

  最近の週末はいつも昼からハマーをいじっている。   これまでいろいろなアメリ

私のハマーH1トラブル ドアハンドルぐらつきとエアコンドレン不良修理

  ハマーH1にはウィークポイントがいくつかありますが、 特によくダメになるのがフロントド

ハマーH1 乗りっぱなしは危険!早めの異常を察知して整備してもらいました。

出典:https://motorz-garage.com/topic/detail/435 &nbs

ハマー関西ミーティングに初参加 私が感じた雰囲気と感想

  ハマーH1を買って戸惑いの日々を過ごす中、7月20日(土)~21日(日)に開催された、


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -HUMMER H1について