バルクアップのつもりで太るだけ、その間違いの原因

      2015/10/30

筋トレ、ボディビルを本格的にやる場合、

バルクアップと称してとにかく大量に食べて、

大きくなる、という方法がある。

以前は私もこのやり方に傾倒し、

かなりの食事量と高カロリーを摂り、

デカくなろうとしたことがあった。

その時は合わせパーソナルトレーニング中で、

結構頑張って食べながらトレーニングしていた。

お蔭で体重は115キロくらいになった。

スポンサーリンク

確かにパワーも付いたし、

ベンチやショルダープレスもかなり伸びた。

でもそのころは、全く気にしてなかったのだが、

ある時町で歩いていた自分をビルのガラス越しでみて、

びっくりしたのだ。

誰や、このデブは!

えっ 俺かい!

こんなにデブやったんかいな!!!

とかなりショックを受けたんです。

そして体重こそたまに測ってたけど、

ウェスト測ってなかったことに気づいて、

帰宅してから恐る恐る測ると、

111センチ

えっ?

111?何やそれ!

こらあかん!

と思ったのです。

いくらなんでも111はあかんでしょうよ、ええ。

それでダイエットせんと、と決意して落としたんです。

今思えばウェストは見ずに、胸や肩、腕の張りばかりを

鏡で見ては、「デカくなったかなあ」

とか思ってただけなんですよね。

それでダイエットと同時に、

トレーニング法についても根本的に見直す必要があるかな、

と思ったんです。

その当時パーソナルトレーナーだったジムのオーナーが、

とにかく食べて食べてトレーニングしてデカくなればいい、

というやり方だったんですよね。

ただ自分の身体は炭水化物を摂りすぎると膨らんでくる、

というタイプなんだ、とわかったので良かったんですけどね。

バルクアップと称して食べまくるのもいいですが、

自分の体質を考えずにやっていると、単に脂肪太りになったり、

筋肉の繊維周りにも脂肪が蓄積し、サイズはあるけど、

絞ったら絞りカスみたいな身体になってしまうんです。

オフにデカい、と言われて、絞ると細くなるのがこれですね。

ですから筋密度を高めるようなトレーニング、

つまり単に高重量で低レップでなく、

ハイレップスや短インターバルでやっていかないと、

密度が詰まってこないらしいですよ。

それと食べ方を工夫しましょう。

体質によっても炭水化物量を調整したり、

できるだけグリセミック指数の低い炭水化物にする、

などが有効なようです。

でも私は無理ですけどね。

玄米とか、食べてることもありましたが、

私はやはり白米が好きなんで、辞めましたね。

我慢も必要ですが、我慢しすぎるのも良くないですから。

まとめとしては、

・バルクアップといえど、食材は選んで食べる

・あまり急激に膨らんできたな、と思ったら炭水化物を調整する。

・とはいえ我慢ばかりも悪いので、時にはドカ食いしましょう。

 

関連記事

    None Found


   width=

 

 -筋トレ

  関連記事

筋トレの強度と筋肥大 限界までってどこまでか?

筋肥大目的での筋トレには強度を高めて 限界までやれ、とよく書かれてますね。 ではそもそも強度と限界と

no image

二頭のトレ カールはEZ派?ストレートバー派?

  上腕二頭筋のトレーニングといえば、カールだ。 オーソドックスなのはバーベルカールだろう

no image

筋トレ バーを 握る そのバリエーション

普段 脚のトレーニング以外は全ての部位において、 バーやハンドルを握らないとトレーニングはできないで

no image

最近の筋トレメユー 週の割り振り

最近のウェイトトレーニングメニューは 週に4~5日の変則にしている。 理由は週末に仕事の都合や家庭の

no image

貴方の筋トレは身体作りとしての筋トレになっていますか?

さて、久しぶりに筋トレネタを。 今日からトレーニング開始、 という人も多いのではないですかね。 実は

no image

筋トレの効果はどれくらいの日数で現れるのか。

漠然と筋トレをやっていても、 果たしてそれで効果でてるのかどうか、 何を目安にすればいいのか、 と考

no image

最近 ボディビル雑誌を読んでない理由

  以前はボディビル、フィットネス関連の雑誌を毎月購読していたが、 最近は全く読んでないし

no image

ストレスがない筋トレ、直感法

昨日は胸と二頭筋をトレーニング。 以前のトレーニングでは決まった メニューをトレーナーに組んでもらい

no image

筋トレ 使用重量増加をすれば即筋肥大ではない

今のパーソナルを受けるようになってから、 益々確信に変わったことがある。 それは使用重量を増やしたか

no image

筋トレで集中力をアップさせるには

毎週トレーニングに行って、身体を鍛えているが、 毎回同じモチベーション、集中力を維持するのは、 正直


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ