筋トレで目的部位を意識できているか。

   

もう何度も書いているけど、

実は筋トレの要のひとつなのでくどい程書こう。

貴方の筋トレ、何となくやってませんか?

目次


1.鍛える部位(筋肉)を意識するということ

2.使用重量が上がっても意識できているか

3.まとめ


1.鍛える部位(筋肉)を意識するということ

昔、ボディビル雑誌で読んだ記事に、

アーノルドシュワルツェネッガーの記事があった。

そこにはバーベルカールをしている時の話があり、

記事の中でアーノルドは、

「バーベルカールをやっている時は、

二頭筋が部屋いっぱいに膨らんでくるイメージで、

トレーニングする」

と書いてあった。

当時は、へえ、そんな想像しながらトレするのか、

くらいの感覚だったのだが、

今はその記事の意味がよく理解できる。

筋肉を意識する、これは筋トレで効果を出すには、

非常に有効なのだ。

人は単に重い荷物を持っても、筋肉に効いてるか、

なんて普段は考えない。

少しでも軽く持てるように工夫し、

少しでも楽をする生き物だからだ。

でも筋トレで目的の筋肉を発達させるには、

その部位を破壊しなければならない。

必然的に持っているウェイトを使って、

如何にターゲットに疲労させ、

破壊するか、それを考えていかねばならない。

その為に必要なのは、目的部位を意識する、

ということだ。

意識するには脳が目的部位に意識を集中し、

その部位の筋繊維を総動員しないといけない。

脳がそれを意識するか否かでも全く違ってくるのだ。

だから目的部位を意識するということは重要なのだ。

2.使用重量が上がっても意識できているか

ここが一番問題で、良く日本のトップ選手が高重量で、

ガンガントレーニングしてるシーンを動画で見る。

見たひとは、「ようし、俺もやるぞ!」

とモチベーションをアップさせてジムに行くわけだ。

でもトップ選手が効果的なトレーニングをしてるか、

となると全てがそうだとは言い切れないのではないか。

または、高重量でもしっかり負荷を載せて、

目的部位を意識しているかもしれない。

それをただマネしても自分の物になるかはわからない。

単に高重量にしても、それを上げ下げすることに意識がいき、

目的部位を意識することを忘れてしまう場合が多い。

ならばどうするのか。

それは、まずは使用重量を落としてみること。

ただ落とすのではなく、目的部位が意識できる、

というレベルまで落としてみるのです。

そうすることで、貴方の筋肉はこれまでにない刺激が入り、

よく効くようになるかもしれないのです。

使用重量を増やすというのも確かに必要なのですが、

まずは目的部位を意識できる、コントロールできる重量で、

トレーニングしてみることをお勧めします。

3.まとめ

意識する、ということはよく雑誌にも書かれてますが、

意外に当たり前すぎてできていない場合が多いです。

まずは貴方がウェイトをコントロールし、

目的部位を意識し、的確に筋破壊できるように、

使用重量を落として意識してみてください。

 

 

 

関連記事

    None Found


   width=

 

 -筋トレ

  関連記事

中高年で筋トレを始めた方へ 無理せずに継続できる4つのコツ(方法)

出典https://pikdo.net/p/bicepsandbiceps/175381170885

no image

筋トレ 弱点部位は頻度を上げた方がいい?

  以前からずっと疑問だったのが、頻度。 私のジムには元競輪選手がいるが、 異様に凄い脚を

no image

最近の自分の筋トレ 刺激を変える為に

どうもまた少しマンネリ化している自分の筋トレ。 でも最近は新たなアプローチで違った刺激を与えてる。

no image

昨日は脚と腕と僧帽筋のトレでした。

  昨日はあいにくの雨模様で、けだるいなあと思いつつ、ジムへ。 脚と腕と僧帽をトレしました

no image

筋トレは、素質のある人と同じことをしても同じ結果は出ない。

筋トレを始めた時には細い身体でも、 みるみる大きくなる人がいる。   或いは元々筋肉質であ

no image

中高年の筋トレ 疲労回復と痛みを取る為にしてること

私自身ももう50代半ばになろうとしてますが、いくら好きで 続けてるとはいえ、やはり加齢からくる疲労の

no image

効かせるトレーニングで筋トレの効果を最大限にする

このブログを書き始めた時から、 ずっと私が勧めているのは、 効かせるトレーニングだ。 ウェイトトレー

no image

筋トレ バーを 握る そのバリエーション

普段 脚のトレーニング以外は全ての部位において、 バーやハンドルを握らないとトレーニングはできないで

筋トレの強度と筋肥大 限界までってどこまでか?

筋肥大目的での筋トレには強度を高めて 限界までやれ、とよく書かれてますね。 ではそもそも強度と限界と

no image

昨日は胸と二頭筋をトレーニング 手ごたえを感じてます。

昨日は胸と二頭筋をトレーニングした。 左肩を以前痛めているので、 高重量でなくても筋肉を破壊できる


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -筋トレ