HUMMERH1に乗る為の知識と情報を得る

      2019/03/11

前回、急にハマーH1に興味が湧いてきたことを書きました。

シボレーブレイザーから急転換となりましたが、

正直、これまで私が乗ってきたアメリカ車とは全く次元の

違う車であるということがわかってきました。

 

また、知れば知る程に、オーナーになる為に越えねばならない

ハードルが多々あることも知りました。

たぶん、ハマーに乗りたい、という人は、まずはその独特な

スタイルに惚れ込むんだろうと思います。

 

私自身もそうですし。

 

他のアメリカ車を含む輸入車全般にいえることでしょうけど、

ただ乗り続けるなら簡単ですが、車は機械ですから、定期的な

メンテナンスや消耗部品の交換は避けて通れませんよね。

 

それでも貴方はハマーに乗りたい、という強い気持ちがあれば、

オーナーになるべきだと思います。

 

スポンサーリンク

まず、ハマーは生い立ちからして特殊です。

元々軍用車だったものを、アーノルドシュワルツェネガーが

民生用に作ってくれ、と頼み込んでハマーができたことは

あまりにも有名な話ですね。

 

その生い立ちの特殊性ゆえに、また当初から民間用乗用車として

生産されて無いがために、整備においても難解な箇所が多々あるようです。

 

普通の輸入車整備が出来るお店で扱えない

 

恐らくここが一番の問題だと思いますけど、どうも普通の車屋では

修理やメンテ整備すらできない、という場合が多いようです。

最初に断っておきますが、私がハマーH1に関する情報を得ているサイトは、

ハマーオーナーズクラブジャパンさんのサイトです。↓

http://www.hummer-club.jp/

 

このサイトはクラブメンバーの方、及び主に会長のエッセイがメインで

書かれており、全てを読めばかなりの情報が得られるようになってます。

ただ、自分が欲しい情報を探すのがかなり手間どります。(メンバーさん、ごめんなさい)

 

日記の中に時折重要な情報がちりばめられており、それを探し出すのが大変ですが、

貴重な情報であることは事実です。

これまでのメンテやトラブルに対処した内容や、修理事例、カスタム事例等、

ハマーに興味がある方には堪らない内容です。

 

そしてそんな情報を読み進めていくと、整備や修理が難解だと感じました。

具体的には、

 

・ブレーキパッド交換では、リヤキャリパーの扱いが困難

・サービスマニュアル、パーツカタログが必須

・場所によっては分解整備に特殊工具が必要

・パーツ自体の供給ルートが少なく、誰でも購入できると限らないパーツあり

・足回りの整備や修理交換でも脱着方法のノウハウが必要

・年式によって違うパーツや装備があり、パーツ検索も難解

 

とまあ、簡単に挙げただけでもこれだけあります。

ましてや何も知らずに購入して、トラブルが出て買ったお店に持っていても、

高額な修理代を要求して、オーナーを絶望させるということもあるそうで。

 

年式ごとに発生し得るトラブルが違う場合も

ハマーH1はディーゼル車とガソリン車がありますが、年式ごとに

起き得るトラブルが違うようです。

 

具体的には、

 

・1995年まで

・ノンターボディーゼル車の為、パワー不足なようです

 

1993年~1997年前期まで

・エアコンユニットが交換できない。エアコンの効きも悪い

・後継年式で採用したエアコンユニットに交換するキットがあるが、

既にキットの生産が中止されてるようです。(未確認ですが)

 

・1996年後期~1999年前期まで

・エンジンの8番シリンダーにクラックが入る恐れがある

=これについては対策キットがあるようです。

 

・1999年~2003年まで

・ABSユニットが採用されてるが、故障が多いとのこと

=これについてはABS自体をカットして対策してるケースあり

 

・ガソリン車について

・ガソリン車は発熱対策しないとヒートしやすい

・一般道はともかく、高速では走らない(パワー不足)

 

簡単にまとめるだけでもこれくらいありました。

 

市場価格と程度について

 

これはクラブのエッセイにも何度も書かれてますが、不明だそうです。

要は、年式と程度によっては価格が妥当か、高額かが違ってくる

ようで、それを見極めるのはハマーに精通した方でないと無理なようです。

でもここ数ヶ月のリサーチで大体の価格を見ると、

 

・1992年~1995年=ほとんど出回ってないようです

・1996年=約600~700辺り

・1997年~1998年=750~850辺り

・1999年~2000年=800~950辺り

・2001年=850~950辺り

・2002年~2003年=市場で見たことないので不明

 

因みに、2006年はアルファがありますが、1800~と高額です。

価格はあくまでおおよそで、絶対ではありませんし、装備や

アクセサリーによっても価格が大きく違うようです。

程度によってはもっと高額な場合もあるようです。

 

ただ、難しいのは価格と程度の見極めでしょうね。

私もじっくりハマーを見る為に初めて専門店に伺いましたが、

正直よくわかりませんでした。

ただ、我々素人に出来る事といえば、以下くらいだと思います。

 

・エンジン回転数が安定しているか

・シフトショックの確認、ATの滑り確認

・各機器装備の操作確認

・エアコン動作確認(効き、切替確認)

・エンジン回りのオイル滲み等確認

・ボディ下周りの油脂類の漏れ確認

・足回りのがたつき、油脂類漏れ確認

・ボディ・下回りの錆確認

 

ただし、現状渡し販売の場合はクレームも不可の為、

程度を確認のうえ修理費も考えて価格を確認するべきですね。

 

購入後も整備に費用を見込んでおく必要がある車

 

例えば、ハマー専門店として有名なスカイオートさんの場合は、

購入決定後に徹底的に点検整備し、あらかじめ問題がある、又は

後々交換の必要が出る箇所は最初に交換してしまうそうです。

だからお客様には保証付きで販売できるというわけですね。

 

東京や埼玉在住の方なら、購入後も安心して整備に出せるでしょうけど、

私のような地方の人間は後々のメンテをどうするか、

そこが一番の問題です。

 

市場リサーチしてみましたが、まず国内でハマーH1の部品を扱う業者が

少ない、というか、ほぼスカイオートさんだけのようです。

 

あとは直接アメリカのサイトから購入するしかないようです。

でもアメリカのサイトから購入するにも、パーツナンバーがわからないと

どうしようもありません。

 

アメリカ車は一般にACデルコが多いですけど、ハマーH1は違うようです。

ですから我々エンドユーザーがパーツを引くのも、依頼先の整備屋がパーツを

引くのも難易度は変わらないかも。

 

まずは、

 

・年式に応じたサービスマニュアルとパーツカタログを入手する。

・パーツオーダーできる業者を探してオーダーする。

 

が必要になります。

 

そして既にかなりの年数が経過した車両ですから、消耗品交換費用は

必要になるので、これも車両の程度でしょうけど、それまで手入れせずに

乗りっぱなしだった場合は、100万近い費用を覚悟した方がいいそうです。

 

特にハマーの特性を知らずに整備された車両は、肝心な箇所が手つかずだったり、

既にかなり傷みが進行してて重症だったり、というケースがあるようです。

 

まとめ

 

さて、ハマーH1の特殊性、ある程度理解してもらえたでしょうか。

私自身も何もわかってませんし、あくまでサイトで得た情報だけですので、

これが絶対でもないし、今後加筆修正していくこともありえます。

 

ただ、もう既に新しい車両でも13年前、旧いモノなら20年前以上になるので、

価格的には昔よりは買いやすい価格ですけど、それだけに価格だけで

安易に飛びついて、結局維持整備できずに放置したり、安く手放したり、

という可能性も高い車両なので、

 

私も含めてこれから購入しようという予備軍の方々に少しでもわかりやすく

情報を発信できればいいな、と思います。

 

それと、私も遂にハマーH1を購入しました。

 

納車待ちですが、その経緯についてもそのうち書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事


  5mail"

 

 -HUMMER H1について

  関連記事

ハマーH1 購入後半年を過ぎてわかってきた問題点など

  ハマーH1を購入してから9月で半年が過ぎた。   最初は右も左もわからない状

ハマーH1購入予定の方必見! 私のエアコントラブル修理体験談

  私のハマーは購入当初からエアコンが動いていなかったんです。 購入検討の為に現車確認にい

no image

ハマーH1 ドアロック不良とハーフシャフトブーツ破れ?DIY修理に挑戦した結果

  最近の週末はいつも昼からハマーをいじっている。   これまでいろいろなアメリ

ハマーH1 ハーフシャフトブーツ再点検で破れを発見 その対処結果

  前回のハマーDIY修理についての記事で、リアのハーフシャフトブーツが 皮かむりみたいに

憧れの車 HUMMER H1を見に行ってきた結果

以前のブログでも、ハマーH1に興味が湧いてきたと書きました。 以前の記事↓ 興味あったK5ブレイザー

私のハマーH1トラブル ドアハンドルぐらつきとエアコンドレン不良修理

  ハマーH1にはウィークポイントがいくつかありますが、 特によくダメになるのがフロントド

HUMMER H1トラブル 燃料フィルターから燃料漏れ その修理方法

出典:https://www.motorauthority.com/news/1117190_thi

ハマー関西ミーティングに初参加 私が感じた雰囲気と感想

  ハマーH1を買って戸惑いの日々を過ごす中、7月20日(土)~21日(日)に開催された、

HUMMERH1 購入後に不具合の洗礼を受ける

今年3月にようやく納車した我が愛しのHUMMERH1   納車したらあそこにドライブ行って

HUMMER H1納車後2ヶ月で気づいたこと、メリット・デメリット、新たな問題とは

  早いもので、納車してから早や2ヶ月になろうとしてます。 納車までは、漠然とイメージだけ


  • ヒロシです。

    筋トレとアメリカ車をこよなく愛する中高年オヤジです。

    筋トレは10代後半から始めましたので既に40年近くになります。

    ここ10年くらいはいろいろなパーソナルトレーニングを受けてきました。

    その内容を差支えない範囲で書いていきたいです。

    また、アメリカ車も大好きで、特にハマーには

    こだわりがあります。

    この車についても書いていきます。

    その他海外旅行や趣味、その時々で興味があることを書いていきたいと思います。

     

  • アメリカ車
  • パーソナルトレのこと
  • 筋トレ独り言
  • メンタル
  • HUMMERH1について
  • 胸のトレ
  • 肩トレ
  • 腕のトレ
  • 背中トレ
  • 輸入住宅
  • 旅行

     -HUMMER H1について